JAZZ最中

考えてみればJAZZばかり聞いてきた。いまもJAZZ最中。

ピアノ言語 Alone / THIERRY MAILLARD

2017-04-15 13:17:52 | 聞いてますCDいいと思う


ティエリー・メイラードを聴くと、まさにフランスで一番油がのっているピアニストではないかとおもうし、それを反映して結構いろいろなアプローチのアルバムを出すことができています。



今回は、子供のころに両親の車のなかでいつも聴いていた、シャンソンの3人の巨星、ジョルジュ・ブラッサンス、ジャック・ブレル、レオ・フェレの作品をピアノのソロで演奏しています。
3人の書く4曲の間にメイラードが捧げるオリジナルを挟んだ演奏はこれは、フランス人ならばうれしくなる選曲なのでしょうね。
シャンソンはほとんど守備外で6曲目"NE ME QUITTE PAS”だけしか知っているメロディはなかった。
ミラバッシが3人の歌姫の曲を演奏したアルバムを記事にしたけれど、その時はフランス、アメリカ、アルゼンチンのそれぞれの違う言語でピアノを弾いているように書いたし、ピアニストもその人が話す言語でピアノを弾いていることが多いと思う。

このアルバム1曲目より実に上手いピアノと思う。まさに旬と思う。それで、ティエリー・メイラードがフランス語で弾いているかと言うとこれが一寸違う。
この人のピアノ、ピアノの音階を使ったピアノの言葉、フランスの歌をきいているというよりか、シャンソンを素材にしたピアノの歌、シャンソンを楽しむというよりかはピアノのストラクチュアルを楽しむ。

シャンソンの哀愁がないかというとそこは、しっかりしている。間に3人のそれぞれの曲をメロディカでオーバーダブするのだけれどここがフランス語、とにかくうまくアルバムを仕立てているものです。

この人の勢いは続くと思います。



Alone / THIERRY MAILLARD

Thierry Maillard (piano) (melodica on 3,8,13)

1. CHANSON POUR L'AUVERGNAT (BRASSENS)
2. LES COPAINS D'ABORD (BRASSENS)
3. LES AMOUREUX DES BANCS PUBLICS (BRASSENS)
4. LES PASSANTES (BRASSENS)
5. ALONE (MAILLARD)
6. NE ME QUITTE PAS (BREL)
7. QUAND ON N'A QUE L'AMOUR (BREL)
8. AMSTERDAM (BREL)
9. LA VALSE A MILLE TEMPS (BREL)
10. LES TROIS POETES (MAILLARD)
11. JOLIE MOME (FERRE)
12. EST-CE AINSI QUE LES HOMMES VIVENT ? (FERRE)
13. AVEC LE TEMPS (FERRE)
14. LES POETES (FERRE)
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 全然問題ありません 2。 f... | トップ | 黄金の時間 トッド・モス ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
シャンソンはどうも・・・ (風呂井戸(photofloyd))
2017-10-14 18:13:33
このアルバムに接してから、大分時間が経たんですが、ふと秋になって思い出して、今になって私もブログに登場させました。シャンソンってどうも私は取っつきにくいのですが、このアルバムではあまりその臭いがしません。とにかくこの人のピアノは、芸達者ですね。アルバム「Le Canto Delle Montagne」で初めて知って以来、フランス流のハイレベルに納得しています。次のピアノ・トリオ作品に目下期待が増しているのですが・・・・。
勢い (monaka)
2017-10-16 17:12:24
風呂井戸さん、こんにちはmonakaです。
TBありがとうございました。
この人の勢い凄いですね。
音楽の大きさが大きい。直球の聴きたいですね。

コメントを投稿

聞いてますCDいいと思う」カテゴリの最新記事

トラックバック

ティエリー・マイラード Therry Maillard ピアノ・ソロ・アルバム 「Alone」 (灰とダイアモンドと月の裏側の世界)
フランスの郷愁シャンソンを取りあげて・・・・ <Jazz>Therry Mail