JAZZ最中

考えてみればJAZZばかり聞いてきた。いまもJAZZ最中。

黒メガネの奥に CHARLIE HADEN SONGBOOK / marcelo escrich

2016-12-20 22:23:18 | 聞いてますCDおすすめ


ショップで見ていたらCHARLIE HADEN の名前があってソングブックとある。知らない人だけどトリオだからヘイデンの曲をピアノトリオで演っているのだろうとヘイデン・ファンは買ってきた。
何とベースとギターとサックスのトリオだった。そしてこの組み合わせが大正解だった。
このベース良いじゃないかとネットにいってみたらなんと私の記事が出てきたというアホな話だけど結果が良いから全然問題なし。
スペインで活躍している人たちのようで、ギターの人とゲストのアコーデオンのトリオのアルバムを記事にしていました。




ヘイデンの朴訥としたシンプルなピッキングで始まって2曲目のアルトもいい音、テナーとアルトが哀愁あるヘイデンのメロディを丁寧になぞります。
全14曲、3曲がヘイデンに捧げたベースの人の"Salmo”と言う曲でヘイデンの音楽を表現しています。
ヘイデンはいろいろ聞いているから懐かしい曲が沢山、ジンジャ・ベーカーと演った”Taney County”は同じくカントリー調で"First Song ”は女性ヴォーカル”Our Spanish Love Song”は懐かしのベース・ラインからでうれしい。
8曲目ここまで来るとベースとギターとサックスのシンプルな組み合わせがヘイデンの世界を再現してくれて、最近ペデルセンみたいなベースを聴いてうれしかったけれど、このソロ、ヘイデンを思い出してウルッとしてしまう。

このメガネ一生懸命さがしたのかと思うけれど、メガネの奥にヘイデンの音楽がきっちりあって、地味だけど良いものを作ってくれました。




CHARLIE HADEN SONGBOOK / marcelo escrich

Marcelo Escrich (bass), Luis Gimenez (electric guitar), Alberto Arteta (tenor sax, soprano sax).


guests: Mikel Andueza (alto sax)on2, Dwayne Gradin (voice)on4, Javier Lopez received (accordion)on11


1. Nice Eyes
2. There in a Dream (feat. Mikel Andueza)
3. Taney County
4. First Song (feat. Terela Gradin)
5. Our Spanish Love Song
6. Salmo Nº1 para Ch.Haden
7. In the Moment
8. Here's Looking at You / Always Say Goodbye
9. Blues in Motion / Bay City / Blues for Pat
10. Salmo Nº2 para Ch.Haden
11. Waltz for Focus
12. Out of Focus
13. Salmo Nº3 para Recordar a Mauro Urriza
14. Nightfall
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ROBERT OLZER TRIO TOKYO CON... | トップ | シンフォニーになる E.S.T S... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

聞いてますCDおすすめ」カテゴリの最新記事