JAZZ最中

考えてみればJAZZばかり聞いてきた。いまもJAZZ最中。

ジャズの棚へ Avital Meets Avital

2017-06-22 21:53:37 | 聞いてますCDいいと思う


クラシックの新譜をみていたら、オメル・アヴィタルの名前があってピアノを演っているのもヨナタン・アヴィシャイだからこれってジャズの方じゃないかと試聴してみた。これが良いので即買うことにしたのだけれど、同じ名前のアヴィさんがクラシック界の人の様だ。
マンドリンは守備範囲外なんだけど、このところマンドリンづいているからまあいいか。



2曲目、哀愁あるピアノのテーマからマンドリンがチリチリ弾くと、これが大正ロマンじゃないけれどエレジーそのもの、ここまでやってうれるのは凄い。5曲目もまたその哀愁曲、そこが気に入っての買でした。
マンドリンの楽譜てみたことないけれど、あのトレモロが全部書かれているのでしょうか。マンドリンのアヴィさんがとてもテクニックがあるようで、安定している。
意外とパーカションのリズムが強調されて、ピアノもジャズの発声なので、やっぱりこれはジャズの棚に並べる方がいいと思う。
ジャズの棚では見つからなかったけどジャズ好きのマンドストにはお薦めです。


Avital Meets Avital

Avi Avital (Mandolin/Mandola)
Omer Avital (Bass/Oud)
Itamar Doari (Percussion)
Yonathan Avishai (Piano/Keyboards)
Uri Sharlin (Accordion)

1 Zamzama
2 Lonely Girl
3 Ana Maghrebi
4 Avi’s Song
5 allad for Eli
6 Prelude
7 Maroc
8 Hijazain
9 The Source and the Sea
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今年も是非! ENCORE! SADA... | トップ | 君の膵臓がたべたい / 住野... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

聞いてますCDいいと思う」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL