JAZZ最中

考えてみればJAZZばかり聞いてきた。いまもJAZZ最中。

チャイコフスキー 弦楽四重奏曲 第1番 ニ長調 作品11 / ボロディン4重奏団

2017-05-18 17:28:24 | チェロ無難


チェロを始めているからチェロの演奏を聞く機会がこれは爆発的に多くなった。チェロのソロからすたーとして、最近では弦楽4重奏の有名どころを集めて聴いている。クラシック耳はまだ初心者なので、ヴェートーベンの弦楽4重奏は全曲そろえたけれど、その凄さは実はよくわからない。
そんな中でこれは美しいと思う弦楽四重奏があった。メロディも良く知られた名曲だけど、これは持っておきたいと買ってきた。
その美しいメロディがチャイコフスキー 弦楽四重奏曲 第1番の第2楽章アンダンテ・カンタビレ、たぶん誰もが知っていると思う。
この曲が初演されたときに、チャイコフスキーの隣に座っていたトルストイが感動のあまり涙を流したとされる曲。
だから解説も何も必要ないだろうけれど、これは記事にしといて記録しておきたい。
ちなみにチェロのソロ様に編曲した演奏ももっているけれど、やはりこれはバイオリンのメロディが極上だと思う。



チャイコフスキー 弦楽四重奏曲 第1番 ニ長調 作品11 / ボロディン4重奏団


『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 若者よJACOを! TRUTH,L... | トップ | バッハを通じて Bach Trios ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL