もなかのひとりごと ~管理人もなひろのどーでもいい日記~

ウサギ・もなか2010/9/5、モルモット・もる2009/5/13、てんてんちゃん2016/11/11永眠

遠州三山の御朱印が揃いました。

2017-01-23 | ふつうの日記
1月中に遠州三山の御朱印をいただくことができました。

遠州三山とは静岡県袋井市にある3つの寺院のことで旧遠江国(遠州)の三古刹。
法多山尊永寺 (高野山真言宗)


萬松山可睡斎 (曹洞宗)


医王山油山寺 (真言宗智山派)


油山寺へは時々でかけるのですが
なかなかすべて廻ることがないので良かった。

御朱印をいただくにあたって、できれば
遠州三山を並べたいなって(蛇腹式)考えていたので
コンプリートです。


袋井市観光協会では遠州三山自分巡礼の旅
テーマにスポットを当てているようなので
ぜひ、機会があれば皆様も訪れてみては?

『千年余の歴史を誇る遠州三山は
心や体の健康、災害を防ぐ祈りの場。
四季の彩を映す境内を歩み、
古人の築いた歴史文化に触れ
このやさしさや厳しさを感じることで
ご利益をいただき
忘れかけていた自分らしさや、
今まで気づかなかった新しい発見など
自らが古刹をめぐることで、
自らに出会える旅です。』

この記事をはてなブックマークに追加

法多山行ってきました。

2017-01-22 | ふつうの日記
袋井市にある法多山尊永寺(はったさんそんえいじ)に行ってきました。
以前、御守りを買ったのですがいつのまにやら
居なくなっていた。
気付いてからあちこち探してはみたものの見つからず
ず~っと気にかかっていましたので
再度、お詣りしてきました。

高野山真言宗の別格本山
法多山尊永寺725年行基上人が大悲観音応臨の地として
ご本尊正観音菩薩を安置したのがはじまりのようです。

法多山は何度か訪れていますが、本堂までがとっても遠いのと
法多山名物厄除けだんごのイメージしか正直ない。

やっぱり、山門をくぐるとなだらかな砂利道の参道
で、着いた先が長い階段。

もう、ここがゴール?って思ってから
あと、もう2息あるよっ!
(パンフレットによると山門から徒歩15分だそうです)


無事にお詣りと御朱印をいただき、今回の目的
新しいお守りを買い求めました。
こちらでは古代裂御守袋(こだいぎれおまもりぶくろ)といって
素敵な布でできた御守り袋を特別に選べます300円
で、別でお守りを購入して入れてもらうことができます。
もちろん普通タイプもあります。

平成29のお正月から出ている新柄
・七宝繋雪月花裂(しっぽうつなぎせつげっかぎれ)赤
・七宝繋雪月花裂(しっぽうつなぎせつげっかぎれ)紺
・春夜艶桜紋(しゅんやえんおうもん)
・宝尽紋錦(たからづくしもんにしき)桃
・宝尽紋錦(たからづくしもんにしき)紺
・花菱七宝繋紋(はなびししっぽうつなぎもん)
・桜桃白兎紋(おうとうにしろうさぎもん)
・春告瑞鶏紋(はるつげのずいけいもん)桃
・春告瑞鶏紋(はるつげのずいけいもん)黄
すでに、人気のあるものは売り切れていました。


お土産はこちら法多山名物厄除けだんご
お持ち帰りが600円、茶屋で食べるのが一皿200円

おひとりでお土産用に10箱以上買われているかたも居ました。

厄除けだんごも食べたし、今年一年無事に過ごせますように。

 

この記事をはてなブックマークに追加

和ごはんとカフェchawan 静岡モディ店

2017-01-13 | たべたもののこと
昨年11月19日オープンしました、静岡モディ内に
あります「和ごはんとカフェchawan」でランチ。

平日サービスランチ、4種類から選べて
「しらすと漬けマグロ丼と海老グラタン」という
和洋折衷・冷温合わせの満足メニューにしちゃいました。

ごはんにレタス、ゆでしらすとマグロ
ペンネのえびグラタンあと小鉢2種類、味噌汁かコンソメスープの選択ができます。
食後のドリンクがついて1380円でした。

特別美味しいというわけでもないけど丼より海老グラタンのほうが
好きでした。

店内は平日のランチ時とあって、圧倒的に女子率。
広めのソファ席もあり、ざわざわしていても割と気にならない
居心地は良かったです。


和ごはんとカフェchawan
静岡県静岡市葵区御幸町6-10
11:00~22:00

この記事をはてなブックマークに追加

スタジオジブリ・レイアウト展

2017-01-12 | ふつうの日記
静岡市美術館にて開催中のスタジオジブリ・レイアウト展を
見学してきました。
前売りチケットを購入していたにも関わらず
会期が11月19日~2月5日の終了間際になるところだった。

アニメーションにおけるレイアウトとはHPによると
分業化が進んだ現在のアニメーション制作において、
スタッフ全員がイメージや世界観を共有し、作品に統一感を持たせ、
同時に画面を決定する重要な役割を果たすものが、
原寸大の紙に鉛筆で描かれたもの。

原画展でもイラスト展でもなくレイアウトに特化した展覧会
マニアックですね。

ほんの数秒の中で視聴者としては流されてしまうような
部分にまでのこだわりがたくさんみえてきました。
鉛筆のメモで「お願いします」「すみません」とか
丁寧な指示だしとかも、なんだか意外だったりもしました。

千と千尋の神隠しのブースでは天井近くまでびっしりとレイアウトが
張り巡らされた姿が見事でしたね。




無限回廊。


ポニョと一緒に


トトロに乗って
など、撮影スポットもあって楽しかったです。


この記事をはてなブックマークに追加

1/8さわやかウォーキング その2

2017-01-09 | さわやかウォーキング
敬満神社をあとにして、新大井川橋を歩いて渡ります。
遠くに行きに歩いて渡った蓬莱橋が見えます。
さらに、奥には粟ケ岳山頂近くに「茶」の文字・・・
みえるかな?雨が降りそう
ここから、だいぶ河川敷をあるくことになりそうなので
コースアウトします。

30分ほど歩いて、島田でもっとも有名な鯛焼やさんへ

その名も「東海一の名物 鯛焼」
珍しく、待っているお客さんがいなかったためすぐ購入。

130円

薄皮パリッと香ばしい、以前食べたときよりも美味しく
いただけました。
鯛焼きやさんからまっすぐ進んで、大井神社へ








創建は不詳。国史では、865年に駿河国の「大井神」の神階が従五位下に
昇叙された旨の記事がある。しかし『延喜式』神名帳には記載がないため、
いわゆる国史見在社にあたる(神名帳では志太郡条が欠落する)。
また『駿河国内神名帳』では、志太郡に「大井天神」の神名で
正五位下の神階を有する旨とともに記載されている。
(Wikipediaより)

大井神社でも、お詣りを済ませ御朱印をいただきました。
こちらで、今回のウォーキング終了です。


静岡駅に着いてほどなく雨が降り出しギリギリセーフでした。

この記事をはてなブックマークに追加

1/8さわやかウォーキング その1

2017-01-08 | さわやかウォーキング
JR東海主催のさわやかウォーキングに参加しました。
コース名『~富士山ビュー~新春開運七草粥と川越遺跡』
出発駅はJR島田駅南口です。

もなひろの今年一回目のさわやかウォーキングですが
どうも天気予報ではどうも昼前から雨が降りそう
早々に出発していきたいと思います。

このコースで楽しみにしていることが2つ
一つ目は蓬莱橋で行われる七福神による餅まきイベント

蓬莱橋(ほうらいばし)
世界一長い木造の橋、最近ですとNHK朝のテレビ小説
「とと姉ちゃん」のロケ地にもなっています。


8時58分に蓬莱橋到着、すでに同じさわやかウォーキングの
参加者さんがたくさんスタンバっています。
七福神様の紹介があり、船の横に特別警備として弁慶が立ち
合図とともに餅まきスタートです。





しかし、位置取り悪かったのかまさかの0個。
残念な結果だったので、しばらくまって2回目の餅まきにも参加し
餅2個ゲット。

満足して蓬莱橋を渡っていきます。

毎年、強風と寒さに悩まされるのですが今年は比較的おだやか
どんどん歩みを進めます。

最後の坂をヒィヒィいいながら
高台の上にあがるとお天気が良ければここからきれいな富士山がみえるのですが
今日はうっすらとしかみえない。

ここでは甘酒やまんじゅう・パン・のちに行く敬満神社でふるまわれる七草粥の食券販売
などしています。

クリームパンと甘酒を購入、糖分を補給して再び出発。


敬満神社(けいまんじんじゃ/きょうまんじんじゃ)
創建について、社伝では垂仁天皇(第11代)26年のこととするが、詳らかではない。
当地一帯に居住した渡来人の秦氏がその氏神を祀ったことに始まるとする説がある。

鎮座地の変遷も詳らかでなく、『神名帳考証』では古くは大井川付近に
あったが水害により現在地に移転したとする。
棟札からは、少なくとも慶長2年(1597年)には現在地に鎮座するものとされる。
(Wikipediaより)





境内では七草粥の販売と地元の農産物の販売、大道芸人のショーなど
たくさんの人でにぎわっていました。

で、こちらでのお詣りを済ませたあとにもうひとつの
楽しみにしていること、御朱印をいただきました。





この記事をはてなブックマークに追加

熱海に行ってきました。 その2

2017-01-07 | お出かけ日記
あいだが開いてしまいました。
熱海観光、来宮神社参詣後に熱海駅に戻り
ちょっと早いのですが、新しい駅ビル「伊豆太郎 ラスカ熱海店」の
ランチ。
伊豆の回転ずしチェーンですが、こちらは回転していない海鮮のレストランです。

金目鯛煮つけの定食

まぐろ丼

紅梅?だったかな(寿司8貫)

金目鯛のふわっとやわらかい煮汁多めな感じが
家庭では出せない(もともと、キンメなんて高価な魚は出ない)
美味しい煮魚でした。

ここで、お正月ならではのちんどんや獅子舞が店内にやってきて

頭カツカツやっていただきました。

ランチ後、バスで熱海港へそこからアタミロープウエイに乗り換えて3分

熱海城へ。
お城といっても、昭和のレトロな温泉宿にあるようなゲームセンター
みたいな、城感を求めていくと
「なんじゃこりゃ」ってなります。

あっという間に見学終わるので、隣の熱海トリック迷宮館
(入館料は熱海城での購入、セット料金もあります)

熱海城よりもこっちのトリックアートのほうが写真を撮ったり体験したりと
楽しめました。

小さい街ですが、山あり海あり温泉・海の幸と観光にはいいですが
ただ、起伏があり歩いて回るのは大変ですね。

この記事をはてなブックマークに追加

ジャンボ干支を見学

2017-01-06 | ふつうの日記
静岡では年末の地元ニュースなので流れるので
有名なイベントです。

2016年12月5日(月)~2017年2月末まで
島田市の大代地区の地元有志のみなさんが
長年続けているそうです。
毎年、こちらの作品を年賀状にされるかたも
たくさんいらっしゃいます。

近くでみるととっても大きいです。

街からはなれたこんなに遠くにあるのかな?って
心配になったところへ巨大な干支が遠くに
見えるくらい立派でした。

まだ展示期間ありますのでぜひ、おすすめです。

この記事をはてなブックマークに追加

仙の坊 袋井本店

2017-01-05 | たべたもののこと
初詣かえりにランチ。
仙の坊 袋井本店さん
ちょうど12時なかなかの混み具合です。

入口はいったところには章男社長、平太知事の色紙飾られていました、トイレには
嵐がエコパアリーナでコンサートをした際に
食事提供されたことも書いてありました。期待が持てます。

9組待ちでしたが、その後も続々とお客さんが入ってきます。
お蕎麦のお店なので回転は早い。
カウンター・テーブル席・掘りごたつ(たぶん2階は宴会的な広間?)と
店内もゆとりがあって広い、メニューも自然薯とお蕎麦が有名のようですが
揚げ物があったりとあっさりからこってりお酒のおつまみ、ランチからディナーまでと
家族大勢で利用することのできるお店です。


ランチのミニ丼セット980円
丼は4つくらいから選べます
麺はそば・うどん(温・冷)選べます。

とろろが美味しいと聞いていたので、ミニ丼はとろろ(しいたけ出汁・さば出汁選べます)
自宅ではカツオ系味噌出汁なので違ったものをということで
しいたけ出汁をチョイス。
あっさり醤油系でむしろこっちが好きかも。

小鉢はお漬物ではなくやまいも。
汁はかなり熱々、麺は硬め(たべてるうちに伸びることがなく)
のどごしも良かった。


デザートその名も仙人のデザート370円
山芋のアイスに茶だんご、むかご入りあんこ。
珍しいので頼んでみました。
むかごって言われないと、塩豆大福とかの赤えんどう豆かと思った。
アイスはミルク感が非常に強かったけどそれが濃厚な山芋だったのかな?

すべて美味しかったですよ。


仙の坊
袋井市山科3250
電話0538-43-1033
11:00~14:30
17:00~21:00(L.O)
定休日 毎週火曜日(祝日を除く)
 

この記事をはてなブックマークに追加

油山寺と可睡斎へ初詣に行ってきました。

2017-01-04 | ふつうの日記
遠州三山のうち二つ、油山寺と可睡斎に行ってきました。

目の霊山 油山寺
眼病のあるもなひろは念入りにお詣り。





秋葉山総本山 可睡斎





1月1日から開催中の日本最大級32段ひなまつり壇みてきました。







1200体、もちろんここだけではなく廊下やほかの部屋、吊るしびな
ホント圧巻です。
見事です。

室内ぼたん園も開催中です、ぜひお出かけください。

この記事をはてなブックマークに追加