モナカ近況諸々

モナカ興業社長のつぶやき

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

谷間の女たち

2015-10-17 | 社長つぶやき
●森 新太郎 演出

「谷間の女たち」
作/アリエル・ドルフマン 翻訳/水谷八也

■日程:2015年10月17日~25日
■場所:あうるすぽっと
■問:→劇団昴

2010年に桜美林大学のOPAPで演出した演目を、
今回は劇団昴で演出します。

独裁政権下、亡命した作者のアリエル・ドルフマンが
20年もの歳月をかけて上演しては書き直し、終に仕上げた決定版。
「力による制圧」を強く糾弾するとともに、
「物語ること」の意味を深く考えさせられる作品です。

どこにいても力に向かっていくことは大変怖いことです。

是非ご来場下さい。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人民の敵

2015-08-21 | 社長つぶやき
本日初日です

●森 新太郎 演出 /フジノサツコ 構成・上演台本

「人民の敵」
作/イプセン 翻訳/原千代海

■日程:2015年8月21日~9月2日
■場所:吉祥寺シアター
■問:→オフィスコットーネ

さて
いよいよ開幕です!

今回は四方舞台、どこから見ようか迷ってしまいそうですが、
私のお勧めはズパリ!四方全部!
場当たりでどこの席が一番いいのかなと探ってましたが、
どこも捨てがたく迷ってしまいました。
しかし、あえて言うなら、
四方どこでも関係なく、個人的には、前列がお勧めです
舞台と近い近い!臨場感たっぷりにご覧になれること請け合いです
ですが・・・ちょっと距離とって見たいという方には後ろの方もお勧めです。
俯瞰で見られますよ!

前半戦はお得なチケットも御座いますので是非♪

さて、内容については、言わずもがなですが、
一般的にイプセンってどんなイメージなのだろう・・・?
「幽霊」「人形の家」「野鴨」・・・
緻密に繊細に人間の心の奥底の底まで切り込んでいく近代劇の父・・・
なんとなく恐れ多いイメージが・・・?
しかしイプセンは友人に次のような手紙を送っています


「昨日、新作ができ上がりました。『人民の敵』というタイトルで、五幕物です。
喜劇と呼ぼうか、ただ単に劇と呼ぼうか、まだ少し迷っています。
喜劇の性格をずいぶん持っているんですが、真面目なテーマも持っています。・・・・・・」

原千代海著「イプセン 生涯と作品」より






★こぼれ話
劇場前で名前を呼ばれて振り返ると、イケメンがいたので、
誰だ? と思ったら、お袖ちゃんだった
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フラワーライフ

2015-07-09 | 社長つぶやき
フジノが脚本を書きました、ラジオドラマが

日付変わって、本日9日夜に放送されます。

お時間ありましたら、お聞き下さい。

介護の話です。

演出の江澤さんが優しいイメージで仕上げて下さいました。

また出演されている若い俳優さんが真正面から取り組んで下さいました。

そして祖父役の山野さんが軽やかに演じて下さいました。

介護という決してかるくはない内容ですが、

ラスト、不思議とさわやかな蓮の花の行方を感じて頂けたらと思います。


★NHK
-FMオーディオドラマ
青春アドベンチャー 「フラワー・ライフ」
~花をめぐる10の物語~ 「蓮の花が散る時」
■日程:2015年7月9日 午後10時45分~午後11時 放送
■問:→NHKオーディオドラマ



四谷怪談、終わりました

もう観られないかと思うと寂しいですね。

何度でも観ていたいなあ、と思うシーンがたくさんあったので。

台本作ったからですかね

人生は一度きりですから。

自分の感じるまま、思うままに書きたいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初日

2015-06-11 | 社長つぶやき
本日、無事あきました

演劇というのは改めて総合芸術なんだなと思います。

それぞれのプランナーさんや各部門の裏方さん、技術さん、そして役者さん、演出、

いろんな方の知恵とアイディアが詰まった舞台作り。

時代は変われど、

江戸時代に南北が、まさにあの手この手で観客を湧かせていた時から、

その基本は変わらないのかなと考えたりなどしています。

もちろん今回は、歌舞伎ではなく現代劇なのですが!

でも根っこは同じなのかな・・・とも・・・


そうそう、
今月のシアターガイド7月号(発売中)に
森さんと内野さんの対談が掲載されいます。
そこでフジノもちょこっとコメントを寄せておりますので、
お手にとって見てくださいね。


●森 新太郎 演出 /フジノサツコ 上演台本

「東海道四谷怪談」
作/鶴屋南北

■日程:2015年6月10日~28日
■場所:新国立劇場中劇場
■問:→新国立劇場

■日程:2015年7月1日~2日
■場所:兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール
■問:→兵庫県立芸術文化センター


苦しみも哀しみも愛も憎しみも越えて、その先にあるのは・・・

心に響く四谷怪談になりました。

どうぞ皆様、お越しください



さて、私は別件で大詰です
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

さて

2015-02-07 | 社長つぶやき
さて日付変わって本日より始まります


●森新太郎 演出

★ACM THEATRE PRODUCE 未来サポートプロジェクトvol.4

「十二夜/わたくし、マルヴォーリオは―」
二作品同時上演

作/『十二夜』ウィリアム・シェイクスピア
『わたくし、マルヴォーリオは―』ティム・クラウチ
翻訳/松岡和子

■日程:2015年2月7日~15日
■場所:ACM劇場
■問:→水戸芸術館


「十二夜」はシェイクスピアの代表的な喜劇作品ですが、
「わたくし、マルヴォーリオは―」とは・・・?

森さんがアイルランドで見ていつかやりたいっ!と思っていた作品です。

十二夜に登場する執事のマリヴォーリオが、ぼやいてぼやいてぼやき倒す、そんな感じのお話です。

近藤芳正さんが、可愛く憎めないおじさんをどのようにされるのか楽しみです



心つぶれそうな日もありますが、

こうやって集まってわいわいしているのを聞いていると、なんだか安心します。

安心がいろいろなところに広がればいいなと思います。



さて台本もあとひとふん張り、頑張ります。
去年あれだけ引いていた風邪も、今年ひとつも引いてないのは気が張っているせいかな?
それとも一日中、夜寝るときもつけているマスクのおかげだろうか?
とにかく、遅くなりましたが、
明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします=
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

さて本日より

2014-12-03 | 社長つぶやき
森さん演出の舞台が始まります

●森新太郎 演出

SARP vol.8
『ジュリアス・シーザー』
作/ウィリアム・シェイクスピア
訳/福田恆存

■日程:12月3日~7日
★初日・二日目はアフタートークあり
■場所:四国学院大学 ノトススタジオ
■問:→四国学院大学

四国学院大学の演劇コースの学生さんたちと作り上げたジュリアス・シーザー!
お近くにお住まいの方は是非!
完売日も出ているようなのでご予約の上お越し下さい
意外と土曜日が狙い目です



去年は5ヶ月間ぐらい風邪を引いていたので、
今年は体力つけねばとあるもので栄養補給していたところ、
なんと、、そのあるもの〇〇アレルギーになっていた・・・
昔は普通に摂取してたのに・・・
人体の不思議

という訳で、もう12月!
だいぶ寒くなってきましたね!
年末はバタつきそうなのでちょっと早いですが・・・
来年も宜しくお願いします
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日初日

2014-10-09 | 社長つぶやき
今日から「奇跡の人」開幕です

●森新太郎 演出

「奇跡の人」
作/ウィリアム・ギブソン
翻訳/常田景子

■日程:10月9日~19日
■場所:天王洲銀河劇場
□(大阪公演)日程:10月21日
□(大阪公演)場所:シアター・ドラマシティ
■問:→ホリプロ


一歳半のときに熱病がもとで聴力と視力を失ってしまったヘレン・ケラーとそのヘレンに言葉を教えたアニー・サリバン先生の奇跡の物語!

今まで何度も上演されてきた名作です

それだけに森さんの心にも多少、重圧が・・・

でも森さんらしい演出に仕上がっているようです


日にちによっては、
お得な立ち見チケットも出ているようなのでお時間ございましたら、是非!

ちなみにその他の見所もいろいろあるのですが、、、

もちろんアニー・サリバン先生の木南晴夏さん、
ヘレン・ケラーの高畑充希さんは言うまでもないのですが、
個人的にはウィザードに興味あり。

昨年、必要に迫られて(友達の子守)、仮面ライダーウィザードを見たのですが、
なんと超エンタメ、面白い・・・最近の子供番組は良く出来ているなと関心しきりに見ておりました。コヨミと晴人どっちが好き?と聞かれてもそのぐらいならついていけます

そんなウィザードが友達いないジェームズ(ヘレンのお兄ちゃん)を、演じられるとのこと楽しみです。

さて「奇跡」とはwikiによると、
《神など超自然のものとされるできごと。人間の力や自然法則を超えたできごととされること。》とのこと。


さて、私はいつ行けるだろうか・・・?

個人レベルでいろいろ頑張り中
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日

2014-08-27 | 社長つぶやき
フジノが書いたラジオドラマの再放送があります。もしお時間ありましたら、聞いてみて下さいね=

●フジノサツコ脚本
NHK-FMラジオ
22:45~23:00
青春アドベンチャー
カラーライフ
「白い霧の家」


夏の暑さはどこに行ったのか。今日は寒いぐらいですね=

人生悲喜こもごも。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ツアー

2014-07-07 | 社長つぶやき
「ビッグ・フェラー」ツアー、無事に大千秋楽を迎えたようです。

良かった良かった=

さて、今週末からはアナザーツアーが始まります。

橋爪功さん、朗読ツアー!

そのうちの一本は、

フジノも脚本で参加しております


●森新太郎 次回演出

◇「橋爪功 朗読劇」「四谷怪談」
原作/鶴屋南北 脚本/フジノサツコ 7月11日・12日
いわき芸術文化交流館アリオス

◇「橋爪功 朗読劇」7月15日
黒部市国際文化センター

◇「橋爪功・夏の夜の朗読」7月18日
富士見市民文化会館キラリ☆ふじみ


お近くの方は是非

そしてそれが終わると、森さんは次の舞台の稽古へ

◇「奇跡の人」10月9日~19日
作/ウィリアム・ギブソン
翻訳/常田景子
@天王洲銀河劇場
大阪公演 10月21日 @シアター・ドラマシティ
ホリプロ

と、その前に
WEBに次の対談が掲載されました。お時間ある時に!
中井美穂のヅカヅカ行くわよ♪「演出家・森新太郎×中井美穂 対談☆「ビッグ・フェラー」



今日は七夕!

でもわたし、タナバタよりタナボタの方が好き。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

そうだそうだ

2014-05-21 | 社長つぶやき
今月のシアターガイドの表紙は、

「ビッグ・フェラー」です。

観劇のお供に、是非

巻頭特集に、森さんのインタビューも載っております。

シアターガイド6月号

他メディア情報は劇場HPをご覧くださいませ=



世田谷パブリックシアターに行くと、エスカレータ横にカルディがあるのでつい寄ってしまいますが・・・
昨日は、TSUTAYAに寄って、AVICII(アヴィーチー)を買ってしまった・・・
こちらもお勧めです

今、最も世界を躍らせるDJ!



ビッグ・フェラーの感想もいくつかツイートしておきますね。
少し難しいと感じる部分もあるようですが、
個性的な登場人物たちと一緒に世界情勢にちょっとだけ触れてみて下さいね。
そして何か持ち帰って貰えれば。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加