愛と呼ばれるモン/自閉クンと共に

甲斐ファンであり、自閉症の子の父親でもあります。 そんなボクの日常を日記として書き綴ってみたい・・・

今夜のメニュー~その11

2016年12月03日 22時25分34秒 | タンコロ
個人的に仕事上の悩みに苛まれている1週間だった。
一人で悩み、もうどうしようかと思ってたけど、今日の昼、久しぶりにカミさんと二人で星乃珈琲店というところにランチに出かけた。
今日はタンコロはお仕事、義母はデイサービスに宿泊させるということだったので、二人きりとなったんだ。
ランチをしながらいろいろ話をし、星乃珈琲店を出てスーパーに買物に出かけ、帰宅してからも考え続けてた。
知らぬ間に考えちゃうんだよね。
で、疲れて眠っちゃったけど、これはもう気疲れだね。
仕事上の悩み、介護の悩みで自分のペースなんてあったものじゃない。
でも、食事時になってある程度気持ちに踏ん切りをつけて、少しでも元気を出そうと思って台所に立った。

今日のメニューはこれ(↓)

先週スーツを作ったペイスケが明日出来上がったスーツを取りに行くため、今日来ることは決まってたし、昼は暖かい一日でも夜は寒く、すき焼きは諸々の事情にはうってつけだったよ。
ウチのすき焼きは、タレを使わない。
最初熱した鍋に牛肉を敷き詰め、万遍なく砂糖と醤油をかけまわしてじっくり焼き上げる。
もうちょっとで裏表共に焼きあがるかなという寸前に、酒を回し入れ、野菜を投入、味の調節のため適量の水を入れて沸騰したら出来上がり。
今日はタンコロの為にうどんも入れ、お愉しみということでカボチャも入れてみたよ。
子供たちは肉の争奪戦みたいだったけど、タンコロはうどんがあったのでよりよかったみたい。

食べ終えたら汗かくほど暖まり、これが全ての気分一新のきっかけになればなあ・・・と思っていたよ。









コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今夜のメニュー~その10

2016年11月30日 20時54分43秒 | タンコロ


昨日判明した逆流性食道炎は、医者の言う通り薬を飲んでるけど、状態に変わりはないんだ。
今朝はつらかったけどね。
それよりも、昨日から認知症の義母の頻尿の具合が酷くて、トイレから出てきて手を洗ってたかと思ったらまたトイレへ。
一回のトイレの時間が長いのなんのって、少なくとも40分は入ってる。
基本的に指示は出すけど、口はあまり出さない様にしてカミさんに任せてるけど、これだけ酷いと他の家族に大きく影響が出ちゃうんで、さすがに昨日の晩は何度も大声で怒ってた。
認知症だから仕方がないなんて、介護をしたことのない人の言う言葉で、義母が言うこと聞こうと聞くまいと、言うべきことを言っておかないといけないよ。
昨夜はトイレ占拠で、ボクが眠れなくなり、大きく寝る時間が遅れてしまった。

今日は急遽義母を泌尿器科の病院に連れて行ったけど、平日の病院なんて幼い子供か年寄りばかり。
時間ばかりかかって、頻尿の原因ははっきりしなかった。、

寒くなった日々に暖を取ろうと、昨日は特性ポトフを作ったけど、今夜はその残りとポークジンジャーを作ってみたよ。
タンコロは、ポトフにうどんを入れて煮込んでやったのを無我夢中で食べて、時々肉に手を出してたね。
なんといっても、うどん大好きな奴なので、それ以外は目に入らないという感じ。
今夜遅く、明日大学で就職説明会があるペイスケがやってくるというので、ポークジンジャーを作ったんだけど、結構おいしくできてたみたいで、そこは何より。

食欲はなくはないけど、食べてみれば食べられるというボクの状態。
基本的に消化のいいものをチョイスして食べてるけど、早く落ち着きたいな。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今夜のメニュー~その9

2016年11月29日 22時20分19秒 | タンコロ


逆流性食道炎という食道と胃の継ぎ目の部分に炎症が起こる疾病があるけれど、2年くらい前に罹ってしまったことがあるんだ。
内科で診察を受けたものの、その時の投薬治療では症状がよくならず、結局胃カメラを施してくれる医者を別に見つけてはっきりと逆流性食道炎と診察され、おまけに胃潰瘍の跡まで発見されて治療されることになったんだ。
ここ10日以上、同じところに違和感があって軽いムカつきを感じてたけど、これって1か月前の人間ドックの意見真のときに、逆流性食道炎が進行中と言われてたんだよ。
その時は自覚症状もなく、詞らね間に治ってしまうこともあるんで気にも留めてなかった。
けれど、違和感が10日以上も続き、先週の土曜に医者に行こうと思ったけど、外せない用事もあって医者に行く時間が作れないまま、今日も出勤したけど、出勤した途端に違和感が強くなった。
止む無く、午後は休みを取って医者に行ってきたけど、いきなり医者に行っても胃カメラ検査などできないし、多分、逆流性食道炎でしょうということで薬をもらってきた。
食前の薬を飲んでしばらくすると、軽く良くなってきた。
気が付けば、今日は寒かった。
けど、休んでいた方が良いと思って、夕食はカミさんに任せて・・・って、やっぱりボクが家にいたりすると作ることになるんだよ。

ぼんやり、暖かい野菜とスープが食べたいと思い、そこで思いついたのがポトフ。

タンコロは野菜が苦手なんで、本当はうどんがあればよかったけど、急に思いついたのでうどんの買い置きはない。
だから、豚肉を使い、ウィンナーも居れてポトフを作ってみた。
それらもおいしかったけど、やっぱり野菜がおいしかった。
大根、ジャガイモ、人参、玉ネギ、そして白菜。
出汁醤油に軽くポン酢を入れるのが、ボク流のポトフ。
汗かくほど暖まり、食べてなかった割には意外と食べられた。
いつのまにか野菜が苦手のタンコロも、んまい!と言って野菜を食べてくれたしね。

これで明日の朝までに違和感が消えてくれると、問題ないんだけどな。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今夜のメニュー~その8

2016年11月27日 21時58分49秒 | タンコロ


昨日から来てるペイスケの要望に応えて、今夜は鶏肉の唐揚げがメニュー。
今回は出汁の種類を一部変えて、タルタルソースも作り、ポン酢醤油も事前に準備して3種類の唐揚げにしてみたんだ。
味噌汁を作る間にゆで卵を作り、唐揚げを揚げるための油を加熱する間にゆであがった卵の殻をむき、身をみじん切りにして器にとり、マヨネーズ、酢、味醂であえてみたらおいしいタルタルソースが出来上がったね。
ポン酢醤油は、ポン酢9に対して醤油が1位の割合であえておき、揚がった唐揚げを皿にとったらポン酢醤油をかけまわして千切りネギを乗っけて、その上に熱した油をかける。

ウチはみんな、唐揚げが大好き。
一月に一回はメニューとして出すかな。
平日は総菜として打ってる唐揚げを買ってくることもあるけれど、週末の休みの場合は気合を込めて作ってるね。
ここまでたどり着くまでいろいろ試してみたし、今日も出汁を変えてみるなど試行錯誤の部分はあるけれど、今が一番おいしいかな。
市販の唐揚げも工夫次第で美味しくなるけれど、やっぱり手作りが一番だよ。

タンコロは出来上がるまで待ちきれない様子で、よく台所に来てたね。
食事の準備も普段からよよくやってくれてる。
テーブル拭き、全員の箸を並べて全員のお茶を用意してくれる。
ご飯をよそおったり味噌汁を分けたら、きちんと運んでくれるし、後片付けもしっかりしたもの。
食事時はいつも何か手伝うことはないかと、いろいろ動き回ってるね。

そんなタンコロの好物をうまい具合に作れて、かなりホッとし、楽しかったねえ。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今夜のメニュー~その7

2016年11月26日 23時28分22秒 | タンコロ

ペイスケはもう大学3年。
そろそろ就職に向けての動きも出てくる頃となっていたようで、今週の中日に来た時は深夜に至るまでいろいろ話し込んだ。
夢は持っていてそのための動きは取っているんだけど、やっぱり現実は厳しく、その現実とは別の就職に向けての現実もあるわけで、夢と現実の狭間においていろいろ考えているようなんだ。
ボクからは、これまで自分でやってきたことは絶対に無駄になることはないので、援助はできないけれど自分で思うところまで突き進んでもいいんじゃないかというような話をしたんだよ。
もう一方の現実である就職なんだけど、これもその準備の一つであるリクルートスーツを揃えるために、紳士服を買いに出かけたんだ。

今日はボクに月一で通う医者へ行かなくちゃいけないこともあったし、カミさんにインフルエンザ予防の注射を受けさせに行かせたこともあったし、紳士服屋に行ったのが3時過ぎと遅くなっちゃった。
スーツとYシャツ、ネクタイの3点セットを買うだけだったら大したこともなかったけれど、今時はスーツを最低2着、Yシャツも3枚、ネクタイ3本など量的に揃えておくのも誠意だそうで、そこにこの時期だからコート、靴など、とにかく予想してた以上に買い込む羽目になってしまい、1○万円以上もの出費になってしまった。
あの態度だけはデカいペイスケが、両手を合わせて頼んでくるものだから仕方ねえなあ・・・という感じだったけれど、とにかく痛い出費となってしまったよ。

紳士服屋さんから一旦帰宅し、その後タンコロと一緒にスーパーへ買出しに行き、今夜作ったのは我が家では鍋蕎麦と呼んでるメニュー。

寄せ鍋なんかを作る大鍋いっぱいに蕎麦用のスープを作るわけなんだけど、市販の蕎麦ツユをベースとするもののそれだけではないんだよ。
昆布出汁を入れ、味醂を多めに酒、醤油も投入し、これとは別に骨付き鶏肉や唐揚げ用の鶏肉を一口大に切ってプライパンで塩コショウしながら焼き目をつけてホンダシを多めに振りかけてさらに炒め、これを大鍋に投入して弱火でじっくり煮込む。
野菜は白菜、ネギ、ゴボウだけど、今日はこの他に別に下処理した里芋も一緒に煮込んでスープを作り上げたんだ。
これが大成功。
鍋自体は常に保温状態にしておき、お椀に鍋から必要なだけスープを取って蕎麦をつけて食べる。
この方法だと常にスープが熱いままで食べられるから、寒い時期には良い食べ方だよ。
蕎麦好きのタンコロにはたまらない食べ方らしく、夢中で食べてホッとしていたよ。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今夜のメニュー~その6

2016年11月21日 22時31分44秒 | タンコロ


今日は別に用事があって、仕事は休んで別のところに一日外出だったんだ。
昼過ぎくらいから今日は寒いなあと思ってたけど、まさか夕方から雨が降ってくるとは持ってなかったんで、傘は持ってなかった。
30分位雨の中を傘も差さずに歩き回り、電車に乗って帰ってきたけど、今夜も夕食作らなくちゃという想いと何を作ろうかという想いの中、電車の中で吊革につかまってた。
冷蔵庫の中には大量にジャガイモがあり、何とかしたいという想いとタンコロを満足させるには・・・ということで作り上げたのが肉ジャガ。

食材はジャガイモ、人参、玉ねぎの野菜とシラタキ、豚バラ肉、それに今回に限ってウズラの卵を多めに入れてみたんだ。
ウズラの卵ってタンコロが大好きなんだよね。
一口大に切った豚バラ肉を軽く塩コショウで炒め、途中で玉ネギ投入。
玉ネギがしんなりするまで炒め、そこに他の具太宰を投入し、ここでまた塩コショウし、多めのホンダシと共に軽く炒め、そこに適量の水、酒、みりん、しょうゆを投入し、中火から弱火でコトコト。
いい塩梅で出来上がりつつあるところに白出汁を投入し、しょうゆを一廻し。
そのまま鍋にフタして弱火でコトコト煮込むこと20分。
仕上がったら火を止め、鍋の具材の上にバターをひとかけ入れて蒸し上げることで出来上がり。

いい味で、ジャガイモのホックリ感で食べてみると体が温まったよ。
肉ジャガは身体も温まるんだなと思いつつ、これを作ったのは本当に久しぶりだった。
今夜はペイスケも来てたけど、こいつは食べる様子を見てると味の具合が分かる。
タンコロはあっと言う間に平らげ、今度は唐揚げよろしくねと言ってたと思ったら、ペイスケが偉そうにウンウンと頷いてたよ。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今夜のメニュー~その5

2016年11月20日 22時06分45秒 | タンコロ

タンコロは生ものを食べてくれないんだ。
だから、刺身や寿司といったものを食べようとしてくれない。
ボクが夕食を準備するときは、タンコロのことを考えて作ることがほとんどで、それがメインになってるけど、時にはそうじゃない時もあるよ。
ここ数日、とにかく刺身が食べたいと思ってたけど、気候的な寒さの前に身体の温まるモノを・・・ということを先にかんがえていたんだ。
それが今日の気候。
昨日から今日は暖かくなると言われてたので、今日昼過ぎ、タンコロを公園に連れて行って遊ばせた後スーパーに行って結構な量の刺身を買ってきたよ。
今夜のメニューは海鮮丼。
様々な刺身を取りそろえ、ご飯を固めに研いで炊き上げた後、ご飯をボールに移して熱を飛ばしながら酢飯を作る。
いつもは酢飯を丼に盛った後、レタス等を散りばめて刺身を乗っけていくんだけど、今日は野菜無しでいきなり刺身を乗っけてみた。
そこに胡麻をふりかけ、微塵切りにした大葉も振りかけて炙った海苔を散りばめて出来上がり。
量的には大変だったけど、料理の仕法は簡単なもの。
食べてみたら様々に香ばしいやらなんやらで、旨かったね。
酢飯の具合が良かったことが大きいと思うけど、大葉が特によかったよ。

一方のタンコロ用には、ウィンナーオムレツを作ったんだ。
塩コショウで軽く痛めたウィンナーをオムレツ上に仕上げたものだけど、これもタンコロの大好物。
よっぽど気になったのか、台所に頻繁に来て様子を見、出来てからは自分で山盛りのご飯を装って食べてたね。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今夜のメニュー~その4

2016年11月19日 21時02分34秒 | タンコロ


今日は月一で、市の福祉課が障碍者の催しをやってくれる日で、タンコロは水族館に行ってたんだ。
だから、朝の集合時間に連れて行った後は、のんびり掃除洗濯をし、外出もせず家に傷いたんだよ。
前もって買っておいたラーメン(麺と出汁の基)が今夜のメニュー。

買ってきておいた出汁の基を必要量の3倍もの水で沸かし、そこに別に作っておいた濃い目のかつお出汁を投入。
一口大に切った白菜も投入し、これとは別にフライパンで鶏肉を炒めて表面に焼き色を付けた後スープに投入し、残ったフライパンで軽くニラを炒め、これも投入。
沸騰寸前に、ナルトとゆで卵も入れ込み、スープ完成。

スープ作成と同時に大鍋に湯を沸かし、一人前ずつ麺を打ち粉を落として湯で上げて、水で洗って水を切っておく。

お湯を茹でた大鍋は、麺をゆで上げた後捨てて、軽く鍋を洗い、再度お湯を茹でる。
茹でておいた麺を一人前ずつ、沸騰した大鍋で湯通しし、湯を切って丼に入れておく。
そこにスープを必要量入れて、麺をほぐし、その上に千切りにした長ネギを入れて出来上がり。

こういう手法だと、熱々の麺を熱いスープで食べられ、汗をかくほどになるよ。
そのくせ、カツオ出汁で作ってるため和風となり、さっぱり食べられる。

長年ブログをやってきた中で、以前は茹で上げて洗っておいた麺をフライパンで炒める炒めラーメンが我が家のラーメンだったし、それをここで書いてきたけど、相応してる中、試行錯誤してたどり着いたのが、今夜のラーメンだったんだ。
今日はカツオ出汁、この前は昆布出汁がベースで、どっちで作っても熱々のさっぱりラーメンが食べられるよ。

タンコロは水族館で意外におとなしかったらしいけど、帰宅後はいつものにぎやかなタンコロで、これも大好物のラーメンが今夜のメニューだったから、喜んでくれた。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今夜のメニュー~その3

2016年11月16日 22時08分32秒 | タンコロ

偏食家のタンコロは、何故かタラコスパゲティが大好き。
明太子でもいいみたいだけど、それでもタラコの方がいいかな。

きっかけは何なのか分からないんだけど、外食でスパゲティ専門店に言った時、タンコロはどんなスパゲティを食べるのか分からない時があったんだ。
随分前でタンコロはまだまだ子供の頃だけど、子供だからミートソースやナポリタンがいいかなと思ったけど、食べようとせず、確か一緒に注文してたメニューの中にタラコスパがあったんだ。
純粋にタラコだけのスパゲティだけじゃなかったと思うんだけど、それを食べられるところだけおいしそうに食べてたんだ。

で、ウチでタラコだけのスパゲティを作ってみたら、食べる食べる。
2,3年前まではスパゲティ用のタラコソースを買ってあえてたんだけど、あるきっかけでタラコソースを自分で作ってみたんだ。
タラコを多めに、カロリーがほとんどないマヨネーズと酢、それに味醂を加えて混ぜ込むことで出来上がるタラコソースでスパゲティを作ってみたところ、これがあたったんだ。
タンコロは、これ専門で食べるんだけど、この他にミートソースもお手製なんだよ。
挽肉と微塵切りの玉ねぎを塩コショウして炒め、そこに買ってきたニンニクトマトソース、ケチャップと日本酒、味醂を投入して、弱火で煮込んでミートソースは出来上がり。

あとは出汁スパ。
長ネギ、ピーマンとしめじ、ウィンナーを混ぜ込み、軽く塩コショウしてホンだしを多めに投入して炒めるだけ。

時にこの3種類のスパゲティは、とにかく食べたくなるんだ。
今日も昼前に食べたくなって、カミさんに連絡して置き、帰宅後面を茹でて出来上がるまで約40分。

タンコロは、タラコスパをまるで蕎麦の様に食べてたね。
ラーメン等麺を自宅で食べるときは、食べたいように食べるのが一番。
日本人なんだから、音を立てて食べることに抵抗を感じないことが最もおいしく麺を食べる秘訣なんだと思うんだ。
外食する時だって、事前に音が出るのは仕方がないし、当然の事。
タンコロが食べてるのは、本当においしそう。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今夜のメニュー~その2

2016年11月13日 21時55分19秒 | タンコロ

尿酸値が高めのタンコロには、基本的に海老カニ類は避けた方が良いんだけど、そういう具材以外にもインスタント麺とかスナック菓子を避けるということの方が大きいと思うよ。
タンコロは偏食なんだけど、そういう具材や食べ物が大好き。
だけど、週末の買物の時は意識してインスタント麺は買わないし、スナック菓子もほんのちょっとだけ。
海老カニ類にしたって、就労支援先で出される給食に入ってなければ、平日はまず食べることはないね。

ボクも尿酸値は高めだけど、週末位はカニはともかく、海老の料理を出すことがあるよ。
昨日にしたって海老カツだったしね。
大好きなものを全く食べさせないのもどうかと思うんで、食べさせることもあるよ。
意識したわけではないけど、今夜は餃子だったんだ。
挽肉にみじん切りにしたキャベツやニラ、ニンニクを混ぜて練り込み、今日は初いろんなあめて大葉の微塵切りを入れてみたんだ。
そうした具材とは別に、茹で海老を細かく切ってエビ餃子も作ってみた。
だから通常の焼き餃子、それにポン酢醤油と刻み葱を賭けたもの、鶏がらスープで作った水餃子と合計4種類ン餃子を作ってみたんだ。
ポン酢醤油の餃子はとにかくうまかったし、水餃子は熱々で身体が温まったよ。
エビ餃子はほとんどタンコロに食べられてしまったけど、一つ食べてみたら何でこんなにおいしんだろうという出来だった。

家庭で楽しむ味に、値段かけず美味しい物なんていくらでもある。
ボクの料理は、基本がそこにあって長年やってきたからちょっとした工夫や思いつきでいろんなバリエーションがあるよ。
一つずつ、ひねり出すのが大変だけど、週末のお楽しみになってるね。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加