脳ウハウハ あはははははぁ~(*^。^*)

「えっ本当〜?]ドラマのようにタイミング良すぎる偶然と身体は自分の想いに応えようとしてくれる、を実体感中。

脳ウハウハ あはははははあ~(*^。^*)僕らは仲良しこ良し

2016-11-12 09:30:43 | 日記
こたつでくつろぐ79歳 乳幼児の曾祖母と生後6ヶ月のひ孫。

「ねえ、ばあば、手を貸してください。」(・。・)
「あらっ、服を引っ張りよるわぁ。もうこげんことが出来るようになったんな。今ん子は何でも早ぇなあ(あらっ、服を引っ張っているわ。もう、
こんなことが出来るようになったの?今時の子供は何でも早いのね。)」(*^。^*)


「僕と手を繋ぎましょうよ。」(・。・)
「手が冷とうなっちょん。ちっとー寒んじゃねえんな?(手が冷たくなってる。少し寒いんじゃないの?)」(・・?
「いえ、こたつに入っているので、大丈夫です。」(・。・)


「写真を撮っているそっちのあなたからも「僕は寒くないです。」と、こっちのばあばに言ってください。」



「ばあばあ、00を横に寝かせたけん(から。)」
ベッドに座っていた曾祖母の横につれて行ったとき、乳幼児は仰向けでした。
「来たんな。00君はどっち向いちょんの(来たのね。00君はどっちを向いているの?)」(・・?
「上。(上向き。)」(・。・)
「あっ、ここに足があった。これ、足やな?よう動くなあ。落ちんすなえ。(これ、足よね?良く動くわね。落ちないでよ。⇒すでに3・4回は落ちています・・(゚∀゚ll)。o)」


この後 乳幼児は寝返りをして肘とお腹で上半身を支え腹ばいになりました。
が、全盲の母は乳幼児が寝返ったことに気付かず、会話を続けます。
乳幼児が
「はぁ~ふぅ~。」(・。・)
と言えば
「そう~な、そう~な。00くんがな。そう~な。」(*^。^*)
と声をかけ、
「あぁ~う、ほぅ~。」(・。・)
と言えば
「そう~な、寝んねせんのな?(寝んねしないの?)寝~んね、寝~んね。」(*^。^*)と、背中をとんとん。
母は乳児の顏に話掛けていたのでしょうが、残念な事に母の視線の先は乳児の尻。










 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 脳ウハウハ あはははははあ... | トップ | 脳ウハウハはははははあ~(*^... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL