楽しくデジカメで記録を.......

時々の季節の先取り、また過ぎ去った季節をデジカメで記録して歩く事を楽しむ!

日光詣で....... 下

2017-06-30 21:47:06 | 神仏
日光詣で...下 は日光東照宮の重文、国宝の一部を紹介。
昔から言われているように 『日光見ずして結構と言うなかれ....』 と言われる通り、
誰もが一度は行ってるかも知れないが、陽明門他がお化粧直しで綺麗になったところを
5年ぶりに見てきた。
 


駐車場からの登り口


日光東照宮宝物館


日光山輪王寺表門。 通称=黒門   重文 


輪王寺  5年前に行った時も修理中だったが現在も......





東照宮の五重塔  重文


五重塔


塔の中は入れなかったが 300円払って細やかに一周した


五重塔


五重塔、横縞に見えるのが心柱  3か所で接いであるとか  10CM浮いている


修学旅行生、外国人等が多かった


紳厩舎  神馬をつなぐ厩(うまや)  重文
サルの彫刻がされていて、人間の一生を風刺されているとか。その中の三サルは有名






とくに有名な三サルの彫刻  この画像は5年前に撮ったもの


聞かざる 言わざる 見ざるの三サル 今回修復が済んで綺麗になったサルの彫刻





化粧直しで綺麗になった陽明門(別名=日暮の門)  国宝





日光え行こうと思う時、多くの人は...多分この陽明門を見に行くことが目的の一つではと思うが.....さて? 











陽明門の横に伸びる 廻廊  国宝


陽明門の裏側





有名な左甚五郎作の眠り猫。 国宝  どれか分かるかな?


かなり小さな猫なので見落としそう....


新しく化粧直しした眠り猫   国宝  
実は、横から見ると獲物を狙っているように見えるらしい。と言う話です



眠り猫の下を通り、奥に入っていくと長い階段(200段以上)があり奥宮に行く。


この階段は参拝のために将軍のみが登ることが出来たとか。今は観光客が.......
石段は一段事に一枚の石を用いて、また石の柵は一本毎にくり抜いてあるらしい。見所の一つとか



奥宮拝殿  重文


奥宮拝殿  重文


奥宮拝殿の奥にある宝塔 (家康のお墓)  重文





ジャンル:
神社仏閣
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日光詣........上 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

神仏」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。