goo

読んでいる新聞によって「世界」が違ってみえる。最近のマスコミはおかしいですよ。 ご用心!

最近、次から次へと政府・政権がらみの重要問題が発生していますが、政府の事件への対応もさることながら、大手マスコミの報道姿勢や内容に疑問を感じています。
 
ここでは、「報道」に視点をあててみたいと思います。プロパガンダに注意が必要です。
 
-----------
~私を取材した記者の人たちは、この件での自社の責任者の対応について「恥ずかしい」と発言していました。~
 -----------
~「自衛隊がイラク派遣に反対している団体などの情報収集したというニュースだ。朝日は1面でちゃんと取り上げているのに、読売は34面でちょっと触れているだけだ。これでは、朝日新聞を読んでいる人と読売新聞を読んでいる人の世の中の見方はまったく違ってくるね。読売のこの件の扱いがあまりにもおかしいと思ったので、読売新聞社の読者の声というところに電話した訊いてみたら、担当者は“政治的判断です”と答えた。『毎日新聞』は2面で取り上げていた。自衛隊の情報保全隊のおかしな情報収集について、朝日は1面、毎日は2面、読売は34面で扱うというので本当にいいのだろうか。最近のマスコミはおかしいね。」~
誰がために鐘はなる! 「白川勝彦:永田町徒然草」2007/6/09 から
-----------
「陸自の組織“情報保全隊”が国民を監視していた」というニュース、落ち着いてよく考えてみれば、自衛隊も警察も思想統制され、反自民党の人間は入れない組織にしてあるから、自衛隊や警察が自民党政権に反対する国民を監視するというのも、納得がいく。そういう(中立でなく右よりである)ところが、戦後もずっと続いていて、自民党政権を認めることが安定した日本だと思い込んできた国民でもある。認めたからこそ年金や税金の使われ方も信じて疑わなかったのであろう。現実は信頼に程遠い自民党政権であったわけだ。
自民党に思想統制された組織だから・・・ (06/09)   「うさぎの小部屋」(子ども達の未来の平和と希望を願って・・・今私にできること。)から
-----------
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 民主党:テレ... マハトマ・ガ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。