ももすけの日記

押し並べて斜交ひに咲く油点草
ああ面白かったと言って死ねたらいいな

結願

2017年04月05日 16時44分21秒 | ひとりごと

平成28年(2016年)は60年に1度の閏年の申年でした。

かつて、おかあさんとおねいちゃんは四国88か所の1番から7番まで歩いてお遍路をしたことがあります。

ぼくが多分、2歳くらいのころですから、もう15年以上にもなります。

以来、一度もお遍路に興味を示さなかったおかあさんでしたが、昨年の初めからは新聞の広告やらに、やんややんや、申の閏年はお遍路の御利益も倍増とか掲載されていて気になっていました。

そして、とうとう出かけました。

最初は88番から86番の3ヶ寺の日帰りバスツアーでした。ま、最初の方をお参りしているから、最後をお参りして、これでいいかな、と軽い気持ちで。

で、次も、次もとなんとなく参加して、途中はおとうさんのコーラスの大会なんかがあった松山あたりは、おとうさんも巻き込んで(バスツアーでなく、別に車で行きましたが、これはこれで、とても楽しかったです。)

そして今年、3月28日、第8番熊谷寺のお参りをしてめでたく結願することができました。ちょっと、感無量。

ツアーなので、そのあとの7番から1番までお参りしましたが、ほとんどのお寺の記憶はありませんでした。感想といえば、最初の方のお寺、って門が赤々しているな、というくらい。

唯一覚えていたのは、宿泊した第2番極楽寺にあった子坊主さんの石像くらい。(もっとも、これはどこかほかのお寺にもありましたけれど)かわいいので、前の時も写真を撮っています。

お泊まりは相部屋でお願いしていました。一人部屋だと、お値段も高くなるし、相部屋の方がいっしょにいろいろなお話できて楽しいだろうと思ったからです。若いころ、リュックを担いでユースホステルに泊っていたので全く抵抗はありませんでした。

でも、予想外に、世間にはいろいろな人がいるものなんだ、と思い知らされました。

まず、4人部屋では、洋室と和室の部屋があり、友人同士の年配(おかあさんも年配ですが、もっと)の二人、さっさとベッドの方に行って「足腰が弱いからここ使わせてもらうわね」と!

早くに寝て、朝は4時ごろからごそごそ。おかあさんともう一人は、お布団でなんやかやと夜更けまでお話していたので迷惑です。でも、彼女たちはちっとも悪気はなくて、朝からお風呂に入ったらすっきりするよ、とか言います。はい、と素直に熱めのシャワーを浴びるおかあさん(苦笑)

驚いたのは彼女たちは辯天宗とかを熱心に信仰しているのでした。日本人の宗教観ってなんて大らかでいいんだろうと思いました。でも、今、調べて見たら、辯天宗というのは高野山真言宗の流れをくむ新興宗教だそうで、かかわりがあるのでしょうね。おかあさんだって、信仰心が深くてお遍路したわけじゃないし。

あるときは3人部屋、でした。何度目かのツアーになると、顔見知りもできてきて、以前に同室だったこともあります。この二人、なぜか仲が良くなくて、お互いにいがみあっていました。両方とも、おかあさんには丁寧に愛想よく接してくれるのですが。火花を散らした後、二人とも布団にもぐりこんで寝たのですが、こちらは寝つかれません。しかたなく、タブレットの小説を読んでいて一睡もできず。あらー、困ったな、睡眠不足でしんどくなったらどうしよう、と翌日は不安でしたが不思議なことに全然平気だったのです。お大師様のおかげかな?

しかも、です。その二人、添乗員さんにあの人とは同じ部屋にしないでくれ、と別々に言いつけていました。おかあさんは、たまたま、両方の場面に居合わせていたのでびっくりです。そんなら、個室にすればいいのに、と思いました。

あるときは5人部屋でした。同じ広さの和室が二つ。さて、おかあさんはどちらの部屋にしたものかと。そこも、また、なんやかやと。

へえええぇぇ、世の中にはいろんな人がいるもんなんだね!

でも、仲良くお話出来た方々もたくさんいましたし、電話番号を教え合ったり、フェイスブックでお友だちになった方もいます。

 

いやいや、それよりも、もっと言いたいこと、それは逆打ち遍路のことです。

衛門三郎のお話

どんなにひどい仕打ちをしようが、子どもを8人も次から次に死なせるなんて、仏さんのすることではないと思うんだけど。

ただ、最初を行ってるから、最後からまわろうと単純に思ってのお遍路でしたが、この衛門さんと弘法大師の話はなんともやりきれないと感じるのは、私だけでしょうか。。

 

 

 

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« NZ 大自然周遊の旅(終) | トップ | 小さきもの »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (ふくちゃん)
2017-04-06 17:18:10
結願おめでとうございます。
私はお遍路さんにはあまり興味が無いのです。
般若心経は拝めますが。

まあさて置きももさん偉いですね 私は相部屋は中々。。。。
以前身延山に行ったとき宿坊で雑魚寝でした 全く眠れなかったんです。

人間ウオッチングは好きなのですが寝るのはゆっくり寝たいです。
世の中いろんな方がいますよね。
ふくちゃん (momosuke)
2017-04-06 17:37:06
ありがとうございます。
般若心経、88✖️2で、少なくとも176回も唱えたわけですが、まだまだです。
でも、先達さんや同行の人達と一緒に唱えている間
不思議と無心、心が空っぽになって、いい感じでした。
巡礼 (春庭)
2017-04-06 21:27:25
おめでとうございます。きっと御利益いっぱいです。

人間観察にもいいお遍路さん。知らない人といっしょの部屋に泊まるなんて、普段の暮らしではしないことですものね。いろんな人がいます。心正しく生きるための巡礼かと思うと、互いにいがみあっていたら、御利益どうなんでしょう。
いつか、歩いて回りたいと念じています。
春庭さん (momosuke)
2017-04-11 15:48:40
ありがとうございます。
御利益いっぱいあるといいです。

そうです、心正しく生きるための巡礼なのに、我先にバスから降りようとする人や
手洗いの順を待たないでさっさと横入りする人や、いろいろです。
ほんとうは歩いて回りたいです。そうすれば、地元の人とも触れ合えて、自然とも触れ合えると思います、が、もはや体力がありません。
春庭先生は私よりお若いしお元気ですから、是非!
結願 (すみとも)
2017-04-13 19:55:10
八十八か所を全部お参りなさったのですね!
  凄いですね^^
 結願おめでとうございます!
ツアーで何回にも分けて巡礼なさるのですね。 知らない方と一緒のお部屋・・・いろいろの方がいらっしゃるのでしょうね!
結願なって 良いご利益がありますね^^
すみともさん (momosuke)
2017-04-17 10:45:25
ありがとうございます。
結願、と言っても、それほどの信心も無く
いつの間にやら、という感じで、、
なので、それほどのご利益、無いかもしれません(^_^;)
でも、全部終わった、って、気持ちがひと段落
なんとなく落ち着きますね。
これがご利益、かもしれません。

コメントを投稿

ひとりごと」カテゴリの最新記事