手作り+読書+α

→読書には漫画を大いに含みます!!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ジブリ美術館・その2

2017年03月15日 19時15分17秒 | 芸術
さて2階へ参ります。

常設展の「映画の生まれる場所」はアトリエ!という感じです。
もうとにかく色んなものがありすぎて、目が回りそう。
作り手の机回りと実際の道具、インスピレーションを与えてくれそうな物たち、アニメーションのレイアウト、等々。
セル画に色付けする際の細かな指示と、大変な数の色見本にはくらくらしました。
色を決める人、すごいです!
ムラなくはみ出しなく塗る方もすごいですが。


企画展示室の方は…入り口にネコバス!
いきなり体内(車内?)で、両側にある座席に座れます!
ぐにゃ~っと沈むのが、まさにサツキが座ったときと一緒で、テンション上がります!
片側は窓も開いているし、ふかふかだし、最高でした。
そして外側にはちゃんとネコバスの顔が!
鼻がゴム製なのがこだわりポイントなのだそうです。リアリティ☆
手触りが良くて、存分になで回してきました。

こちらもなんだか狭いところに色んなものがあって、全部見るのが大変でした。
秘密基地とか隠れ家っぽくてとても楽しいですが。
ハウルのお城がネコバスの鼻先にあって(さすがに実物大ではない)、ところどころ中がのぞけて面白かったです。カルシファーがかわいかった!

宮崎アニメと言えば飛行物体ですが、昔の人の想像した飛行機の紹介とかもあって、機械好きにはたまらないんじゃ?
過去の企画展の一部がいくつかあるのも良かったです。
そうそう、『3匹のくま』の部屋を見忘れませんように。


さてお腹が空きました。
カフェ「麦わらぼうし」には長蛇の列。2時間待ちとの声もチラホラ。
デッキにはストーブとテント(?)が出ていて、ここでテイクアウト品や持ち込み品を食べて良いとのこと。
なのでテイクアウトのお店でホットドッグ・スープ・ドーナツを買ってきて食べました。
スープはスパイスたっぷり本格派で、おいしかったですが子供向けではなさそうです。
ホットドッグもピクルスがのってますが、取ってしまえば子供でも食べられます。(姫はトータル2つも食べてました)
こちらも思いがけず本格派で、おいしかったです。
ドーナツはサーターアンダギー的でサクサクでした。
つまりカフェに入らなくても十分おいしいものがいただけます!

それから、寒かったけどりんごのソフトクリームも食べました。
シャーベットとソフトクリームの中間くらいで、本物のりんごの味…よりも発酵感があるかな?ちょっとお酒っぽいかも。
おいしいし珍しいので、是非!


デッキから中庭的なところへ下れます。
手押しポンプや薪があって、『魔女の宅急便』な空間です。

館内撮影禁止なので、ここぞとばかりに写真を撮りましょう。


続く
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ジブリ美術館 | トップ | ジブリ美術館・その3 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。