桃里麻鈴のしあわせ色

お散歩写真中心のブログです。
しっぽ娘達の可愛いお洋服も見てね。

長曾我部氏の岡豊城跡に建設された「櫓」からの眺めがすばらしかった!!

2017-06-20 | 旅行&お出かけ

 

長ーいタイトルを付けてしまいました。

 

あまり期待せずに訪れたんですが、思いかけず良かったです

 

 

関ヶ原の戦いで豊臣方に就き滅びた長曾我部氏のかつての居城は、南国市岡豊山にありました。

戦国時代に四国の覇者となる長曾我部元親は、さらなる飛躍の為に岡豊城を捨て浦戸に越してしまいますが、

岡豊山頂上から下界を眺め、我が身の飛躍を誓ったに違いありません。

 

今は歴史民俗資料館が岡豊山中腹に立っています。

頂上の岡豊城おこうじょう跡地に、今年4月に「櫓」が建設されました。

四国の覇者、長曾我部元親が眺めたであろう景色に想いを馳せて

一緒にご覧頂ければうれしいです。

 

 

 

 

岡豊城跡に建てられた「櫓」です。

 

 

 

それでは、「櫓」からのすばらしい眺望をどうぞ。

 

 

 

 

 

 むりやりパノラマ写真(笑)

 

遠くに土佐湾が見えます。

下を流れているのは国分川。

どこまでも田園の広がるとても豊かな土地です。

 

長曾我部元親はこの豊かな土地を足掛かりに、四国制覇の野望を胸に抱いたんでしょう。

同じ景色を見る事が出来て感慨深いです。

 

とても残念なことに2019年2月までの開場予定だそうです。

 

 

 

 

桃里にポーズしてもらって「櫓」前で記念写真を撮りました。

 

 

桃里がじーっと中を覗いていると、受付の方が出ていらして

「どうぞ、ワンちゃんも抱っこして入れますよ。」

と、親切に言って下さったので桃里麻鈴と再見学(^^♪

 

 

見学料は無料です。

 

 

 

長曾我部元親の像。

歴史民俗資料館の敷地内に立っています。

なんと、かなりの男前だったそうです。

 

 

岡豊城跡のMAP。

 

 

 

 MAPに従って歩きながら、 このような史跡跡を巡りましたが

似たような景色なので割愛

 

 

とても良いお散歩コースを見つけました。

また、来ます。

 

『写真』 ジャンルのランキング
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 赤いチェックの夏服で澄まし... | トップ | 麻鈴の水遊び »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (よっちん)
2017-06-20 21:36:08
長曾我部という名字にインパクトがあり
戦国時代の武将の中でも
名前をすぐに覚えましたよ(^^)

日本人で苗字が
漢字四文字は珍しいですよね。

応援ぽち
Unknown (よっちん)
2017-06-21 19:50:24
「信長の野望」のような
歴史シュミレーションゲームが流行った時
私は長曾我部元親た
毛利元就を選んでゲームをしていました。

根っからの判官贔屓なんですよ。

応援ぽち
よっちんさん (momorimarinn)
2017-06-21 22:55:21
こんにちは

私も判官贔屓で、家康の命で土佐に来た山之内一豊よりは
果敢に生きた長曾我部元親の方が好きです。
大河ドラマにならないかな(´ω`*)
応援ぽちありがとうございます。
Unknown (そら)
2017-06-22 16:25:38
こんにちは ^ ^

素晴らしいパノラマ 〜〜
青空に白い雲も 手伝って さらに良い眺めになってるね
〜〜

思いがけず
というのも お得感あり!
そらさん (momorimarinn)
2017-06-25 00:35:59
こんにちは

無理矢理くっ付けたパノラマ(笑)
一眼はこういうの出来ない(((ρT-T)ρ
眺めは最高だった。
期待してなかったので、うれしかった~

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL