ずぼらな毎日。・・・これでいいのか?

我が子の振り見て我が振り直せ。ああ、私って一体何を目指してるんだろう?と疑問を持ちつつ、とりあえず今日も頑張る。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

除外日

2016-03-29 21:06:42 | Weblog
上の子が友達5人とUSJに行くと言って 朝5時ごろ家を出て 始発に乗って行った。


どうせ 夜遅くまで帰ってこないなし 夜ごはんもきっと食べてくるんだろうなぁと思っていたら
6時過ぎに「ただいまぁ」と帰ってきたではないかっ。


「早くない?」と聞くと
「USJ、行かれへんかった…」と言う。

え?どういうこと?と問うてみると

「年パスが使えへん日やった・・・。」


知らんかった・・・。
年パスって使えない日(年パス除外日)があるのね。


友達とUSJのゲートで並んでたら 後ろに並んでた男の子たちが「なんか今日、空いてんなぁ」「年パス使われへん日やからなぁ」としゃべってるのを聞いて 息子の友達皆で青ざめたらしい。
皆、年パスを持っていたが 誰一人 除外日を知らなかったらしいのだ。(それもなんだか間抜けな・・・)




結局 USJは行かずで 難波をフラフラしてカラオケ行ったり、奈良に戻って フラフラ遊んでたらしい。


朝、頑張って4時半に起きたのにね~。

残念でしたなぁ・・・。 


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おかしいでしょっ!

2016-03-28 23:56:47 | Weblog
私のパートの仕事は 前も書いたんだけれど 日本料理屋さんの仲居の仕事。

レギュラー仲居が5人 学生バイトが3人 忙しいときに頼む派遣仲居が4人。(私はレギュラー仲居)

平日は予約が入らない限り 仲居は一人しか入らないのでレギュラーでまわす。

店の性質上 法事、祝い事のお席が中心で 主に土日の予約が多い。


予約の入ったときしか 他のレギュラー仲居さんとは顔を合わさないのだが
今のメンバーはビックリするくらい波長があうというか 仲がいい。だから仕事が楽しい。
一か月に一回は店の定休日に遊びに行っている。



その他に調理場さんが3人と社長がいるのだが あんまり関わりたくない人たちばかりだ。


特に社長はどこに地雷があるかわからないくらい突然怒り出したりの気分屋で 言ってることがコロコロ変わるので 本当にすごく困る。

上に立つべき性格じゃないと思う。


営業中も常に店にいるわけではなく フラ~といなくなったりするし。

どこか外出する時も 絶対に行先を言わないし、戻りの時間も言わない。
だから 社長あての電話が入って「今、席をはずしてます。申し訳ありません」といった後 絶対に聞かれる「いつ戻られます?」という問いには答えられない。

この前は一晩帰ってこなかったらしい。
何故帰ってこなかったかは不明。(ちなみに店の上が住居)


以前勤めていた仲居が困り果てて 「行先と戻り時間を言ってください」と頼んだところ

「なぜ、お前に私のプライベートの行先と戻り時間を言わないといけないんだーっっ!!!!」と怒鳴られたらしい。


なんじゃそりゃ!!!!
誰も、おっさんのプライベートとか知りたくないわっ!!!!
お客様に聞かれるんじゃい!!!!


私が仕事を辞める時は キレるかキレられるか はたまた店がつぶれるかした時だと思う。

今はなるべく かかわらないようにしております。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バランス良く

2016-03-28 23:06:09 | Weblog
久々にバレーボールの練習に行った。

皆から「久しぶりやーん」と声をかけられ。(と言ってもも3週間ぶりくらいですけどね・・・。)
中にはタイミングが合わず、今年初めての人もいて「あけましておめでとうございます」のご挨拶の人もいた。

やっぱり、体を動かすのは楽しいわ。
いい汗 かきました。


実は 今年に入ってからお茶のお稽古もお休みしている。

一応、子供の受験が終わるまでお休みします。と宣言してお稽古をお休みしてたんだけれど。

受験も終わって 先生に連絡いれなきゃなぁ~と思いつつも 4月入ってからでいいかぁとほったらかしにしていたら
この前、しびれを切らした先生から電話があって 早くお稽古に戻ってくださいと言われてしまった・・・。


バレーボールもお茶も行かない間 子供の受験に力を注いでいたかというと 全然そうではなく。
バレーボールの練習日やお茶のお稽古日にほとんどすべて 仕事が入ることが多く・・・。

そう、単に私の優先順位が仕事になっておりました。


仕事と言っても 私のパートなんて言ってみれば シフト制なので 休もうと思えば結構休める。
なのに 頼まれるまま 断らずドンドン引き受けてしまっていたのだ・・・。

言ったら 嫌な感じになるかもしれないけれど 私の中ではパートの仕事もバレーボールもお茶のお稽古も同じ趣味の一つのような感覚。


その中でも一応、一番長いのはお茶なので一番重きを置いていたはずなのに 
最近ちょっと先生にクドさと身勝手さを感じて心が離れてしまっていた。

お茶の上のお免状も取らなきゃいけないし。
バレーも試合に出たいし。


4月からは パート中心をやめて ちょっとバランスよく バレーもお茶もやって行かなきゃなぁ・・・。 


全部 思いっきり頑張りたいし 全部ちゃんとやりたいのに。


分身の術が使えればいいのになぁ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

無駄足

2016-03-23 14:49:49 | Weblog
旦那が千葉に転勤になったからというわけでもないが 今 富山で主に旦那が乗ってる車を売ることなった。


今までは 雪国使用のエクストレール。

その他に SAI と私の主に乗っているタントがあるので 前々から3台はいらないからどれか手放そうと言ってたのであるが。
キッカケのないまま一年過ぎてしまってた。

この連休 旦那が帰ってきたときに エクストレールを見積もりにだし そのまま売ってしまった。
軽い相談はあったし 別に思入れもない車だし いいんだけれど。

「売ろうかぁ?」から「売ってしまった」までの時間が ほぼ数時間くらいという短さ。

はぁぁ~、すごいね~。と感心してしまった。


で、そのままSAIに乗って月曜日に富山に帰ってしまったんだけれど

そのあとの 車の買い取り業者に書類を出したりの手続きは私の仕事。
旦那に23.24日で書類持って行って ちゃんと手続しといてやっと何度も念押しされ。

今日、朝から市役所で印鑑証明やら住民票などをとって 業者に持っていったら・・・・。


「本日 定休日」


おいおいおいおいおい!!!!!
旦那さんよぉ!!!23か24日に持って行けって 何度も私に念押しして 書類の紙にも書いて渡してきましたよねっっ?

定休日やないかーい!!!!


すぐさま「怒メール」を旦那に送りましたさ、ハイ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

預かり中

2016-03-21 23:29:27 | Weblog
旦那に異動の内示が出た。

4月から千葉に転勤だ。


きっとこの春は転勤になるだろうとは思っていたけれど 
勝手に 多分 北の方に行くのかなぁと思っていたから 関東地方になったのは予想外。

モチロン 単身赴任は続行中で 旦那一人でのお引越し。


社宅などあるわけでもないから 転勤といえばまた、家探しからスタート。
地理関係や環境のわからない状態からの家探しは本当に面倒くさい。


以前東京に転勤になったとき、あんまり深く考えず 適当に決めて 住んでから後悔した経験のある旦那は今回はじっくり決めようと思ってるようだ。

「決まるまではホテル暮らしになるかも。」なんて優雅な(?)ことを言っている。

いやいや、チャッチャと決めて落ち着いてくだされっっ!!!
 


この三連休 奈良に帰ってきたときに 彼のペットの文鳥のピーコを私に託していった。

ピーコは 富山で あまりの寂しさに 彼が飼いはじめた唯一の友達(←って言ったら怒らはるけれど)なのである。


先ほど ピーコの鳥かごの周りに エサが飛び散っていたので うわぁぁ、これは置いてかれたストレスか何かか?と思って 
タイミングよく富山到着したと電話してきた旦那に
「エサが鳥かごの外にまで飛び散ってるんやけれど、何で?」と聞いてみたら

「あー、単にお行儀が悪いだけ」と言われた。



一応、引越しするまで預かってて…と言って置いていったけれど
次に帰ってくるのは 多分 GW。

そして千葉からだときっと電車で帰ってくるだろうから ピーコは持って帰らないだろうし。


いつまで預かったら良いのでしょう?

元々、動物とかペットとかに全然興味のないし
金魚と二人のバカ息子たちのお世話で手一杯なんですけれど。


早く 引き取りに来てね~!!!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

無事に…。

2016-03-19 22:37:23 | Weblog
子供たちの受験のことにあまり触れず、それぞれの卒業のことだけ書いてましたが。

一応、二人とも無事に第一志望に合格いたしました。


上の子はさすがに2学期頃から受験生の自覚を持って取り組んでいたと思うけれど。

なんせ 自覚を持つのが遅かったため それまでの内申はボロボロ。


それでも実力はそれなりに追い上げを見せて 学校の先生にも塾の先生にも「頑張ってますね」と褒められ。

受験するころには一応 第一志望の高校は学校でも塾でも「受かるでしょう」と言っていただいておりましたが・・・。

母だけが「いや、どうだろうか?」「内申、全然ないから」「…やっぱ、ダメなんじゃないか?」
と我が子を信じておりませんでした。ハイ、すみません…。


入試の結果も 内申はともかく 当日の点数は 同じコースを受けた うちの子の中学校の子たちの中で一番良かったみたい。



下の子の受験も 1月には終わってました。無事に一発合格。
2校受けて、2校とも合格。(2校とも まあまあの進学校)

正直、最後まで下の子は頭がいいのか悪いのか 分からないまま受験してみたって感じで。

受かってから うちの両親もうちの姉も妹も「あれ?勉強できる子だったの?」と思ったと思う。
旦那の両親もうちの旦那に「(下の子って)頭良かったのね~」的なことを言ってたらしい。


あんまり一生懸命に勉強に取り組んでいる姿をみないまま終わってしまった・・・。


中学受験は親が大変とよく言うけれど。
正直、大変だったのかどうなのか・・・。う~ん。

ダブル受験で大変だったねって本当に良く言われて 
「大変だったよ~!!!」とか言ってるけれど・・・。

本当はあまり大変さを感じぬまま終わってしまいました。



でも無事に終わって 子供たちの希望しているところに決まって、本当に良かったです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

祝!卒業!

2016-03-19 22:10:48 | Weblog
先日、うちの子たちの小学校と中学校の卒業式があった。

16日が中学校。18日が小学校。


去年もPTAの役員として来賓で卒業式に参加したけれど。
正直、中学校の卒業式は去年のほうが感動的だった。

小学校から中学校はメンバーが変わることなくそのまま上に上がるため 長い子たちでは9年間、ともに過ごしてきた友人たちとのお別れで。
女子は泣いてる子たちがほとんど。

でもうちの子は中学校からの転入組。

元々、人の別れなどで心動かされたり、感動したりする心を持っていない子なのである。

泣くどころか 式の間中、へらへら、友達とふざけあっていた。


式で一番グッとくるであろう歌も 昔と違っていまどき「仰げば尊し」なんて歌わないのね~。
男の子たちは声変りしていて、声小っちゃいしぃ。



中学校の卒業式と違って 小学校の式は途中 何度もウルウルしてしまった。
皆がピュアなのである。

昔から定番の5年生との掛け合いの「別れの言葉」みたいなのがあったり。

歌も 中学生たちのと同じ歌を歌っていたけれど 透き通るようなキレイで大きな声で響き渡っていたし。

子供たちはほとんどのメンバーでそのまま中学校に上がるため 誰も泣いていなかったけれど 担任の先生が一人 大号泣していたのも可愛かった。


正直何度も 中学校の卒業式と比べて 
いつまでもこのピュアな心のままでいてほしいっっ!!!と願ってしまった。



中学校の3年間で子供って擦れてしまうのね・・・と強く感じました・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

どんどん出ていく

2016-03-13 12:36:33 | Weblog
兄弟で3つ違いのわが子たち。

4月からは それぞれ中学生と高校生。
なのでこの春は 卒業と入学がそれぞれ2回ずつ。

新しい学校へ 今は準備に大忙し。

そして、思いの外 かなり出費が・・・。

その中でも痛いのが「制服」

絶対に買わなきゃいけないものだけれど、何であんなに高いのだろうか?


制服以外にも 制カバンに補助カバン。上靴、通学靴、運動靴、体育館シューズ。体操服一式。

絶対買わなきゃいけないものではないけれど、学校指定のセーター類とコート。

教科書も買わなきゃいけないものが山のようにで。

想定していたこととはいえ、下の子だけで15万くらいはかかってしまったのは痛い。


あと、これから上の子も制服やらモロモロ、一から揃えなきゃいけないし。


出費がかさむ~・・・!!!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初めての

2016-03-09 11:39:41 | Weblog
この前 仕事関係のイベントで社長に頼まれ 子供や一般の人に向けてお茶の体験教室&呈茶なるものをした。

一応、働いてる店の名を背負ってのイベント。
去年も似たようなものを頼まれ、一応一日仕事でこなしたものだけれど。

今年は規模を格段に広げ 去年の比ではない。


店で茶道をやってるのは私一人。
あとはど素人。

言ってみれば、私がいるからこそ成り立つ企画。(はい、大きく出たっ)

おいおい、大丈夫かぁ?
と思いつつ、何も考えてない社長がどんどん企画し、決めていく。

で、「はい、momopuniさん。あとはよろしくお願いします。」と投げられた。(本当丸投げ)


ぅおおおおおーーーーーーいっっっ!!!!!

大丈夫か?この店???

イベント場所は店ではなく 近くのとある公民館を大きくした建物。


一か月くらい前に 場所の和室の写真を見せられ。
炉が切ってあるので それを使うらしいのだが、なんせその和室がいわゆるお寺さんの畳の敷き方をしていて どう使ってよいのやら・・・?
ちゃんと使おうとすると、どう考えても逆勝手のお点前になってしまう。

無い知恵をうんうん絞って 何とかごまかしで 茶席を整える。


前日、社長に「店の水屋から適当に必要なもの揃えてください」と言われ。
お茶道具一式、御棚、掛け軸に至るまで用意したが。
悩むまでもなく、ほとんど一式しかないからそれを出すだけ。
(掛け軸は季節のものを選んだけれど)


お茶とお菓子はどれくらい用意したらよいのか聞かれたが。
企画した社長がわからないもの、私がわかるわけない。
何人くらい来るのかそれすら把握できない。
・・・なんて行き当たりばったり・・・。

一応、3か月くらい前から企画されていたものなんだけれど。
前日になって社長が
「大丈夫ですかね~。不安しかないんですけど。」と私につぶやく。

「知るかっ!!!!!」と心で言いながら笑顔で「どうでしょうね~?」と返事する。



計画した社長は不安で落ち着かなかったみたいだけれど。
私は正直、全くの不安も緊張もなかった。


香川に住んでいた5年間。
あのお茶の先生にこき使われたおかげで、お茶イベントはどんな状況でもこなせる自信は身についているのである。


で、当日。

無料でお菓子とお茶がいただけるということもあって ほぼ途切れることなく どんどん客が並ぶ。
しかもちびっこの体験教室でお茶を点てさせて親元にお運びまでさせるのだ。

私以外に女子大生のバイトと社長と奥さんが手伝ってくれたが。
社長と奥さんはお客様の案内係、女子大生は裏方の水屋仕事に徹して、大部分は私の仕事。


多分、他の人から見たら 大変そうに思ったかもしれないけれど かなり楽しかったです。


香川時代に幼稚園や保育園でお茶会のたびに教えに行っていた時のことが 本当に役立った。
あのころはかなり心の中で悪態をつきつつ お茶の先生を呪い(?)ながらやっていたけれど。
何の無駄もなかったわ。


終わってから 社長や奥さんにかなり感謝された。
多分、思った以上の働きを私がしたんだろうを 表情から読み取れた。


一応、このイベントは仕事の一環なので バイトの時給はそのままでバイト代は出るんだけれど。
後日、謝礼ということで一万円を頂いた。


あのケチな社長が・・・!!!!と怖かったが、ありがたく頂戴いたしました。


考えてみれば、この謝礼。
私が初めてお茶関係で手にしたお金。(去年は謝礼はなかった。)

今まで、いろんな幼稚園、保育園で先生の代わりに教えに行ってもイベントで呈茶をしても 謝礼はすべて先生が手にしていた。(しつこいようだが、香川時代である。今じゃないよ。)



私もお茶でお金がもらえるようになったのか~。とひそかに感動の今日この頃。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加