jdvfnascfj;wofjcwoidjaklxnam?ZX/AZxmasdjsi

mdoijorigwadqwjdeqkmsqmsqkdjwfo

1Z0-060 模擬解説集 - 1Z0-060 技術内容

2017-06-13 14:42:50 | 日記

我々のソフトを利用してOracleの1Z0-060 模擬解説集失敗したら全額で返金するという承諾は不自信ではなく、我々のお客様への誠な態度を表わしたいです。我々はあなたに試験に安心させます。それだけでなく、あなたに我々のアフターサービスに安心させます。


この人材が多い社会で、人々はずっと自分の能力を高めていますが、世界で最先端のIT専門家に対する需要が継続的に拡大しています。ですから、Oracleの1Z0-060 模擬解説集に受かりたい人が多くなります。しかし、試験に受かるのは容易なことではないです。実は良いトレーニング資料を選んだら試験に合格することは不可能ではないです。JapanCertが提供したOracleの1Z0-060 模擬解説集はあなたが試験に合格することを助けられます。JapanCertのトレーニング資料は大勢な受験生に証明されたもので、国際的に他のサイトをずっと先んじています。Oracleの1Z0-060 模擬解説集に合格したいのなら、JapanCertが提供したOracleの1Z0-060 模擬解説集をショッピングカートに入れましょう。


1Z0-060試験番号:1Z0-060 資格取得講座
試験科目:「Upgrade to Oracle Database 12c」
最近更新時間:2017-06-12
問題と解答:150

>> 1Z0-060 資格取得講座


 

ほかの人はあちこちOracleの1Z0-060 模擬解説集の資料を探しているとき、あなたは問題集の勉強を始めました。準備の段階であなたはリーダーしています。我々JapanCertの提供するOracleの1Z0-060 模擬解説集のソフトは豊富な試験に関する資源を含めてあなたに最も真実のOracleの1Z0-060 模擬解説集環境で体験させます。


NO.1 Which statement is true about Enterprise Manager (EM) express in Oracle Database 12c?
A. You can create and configure pluggable databases by using EM express.
B. You can use EM express to manage multiple databases running on the same server.
C. You cannot start up or shut down a database Instance by using EM express.
D. By default, EM express is available for a database after database creation.
E. You can perform basic administrative tasks for pluggable databases by using the EM express
interface.
Answer: C

1Z0-060 真実   
Explanation:
O12c is integrated in database dont have his own agent like in O11G then you cannot start up or shut
down a database.

NO.2 Which three statements are true about Flashback Database?
A. Flashback logs are written sequentially, and are archived.
B. Flashback logs are used to restore to the blocks' before images, and then the redo data may be
used to roll forward to the desired flashback time.
C. Flashback Database uses a restored control file to recover a database.
D. Flashback Database can recover a database to the state that it was in before a reset logs
operation.
E. Flashback Database can recover a data file that was dropped during the span of time of the
flashback.
F. The Oracle database automatically creates, deletes, and resides flashback logs in the Fast Recovery
Area.
Answer: B,D,F

1Z0-060 条件   1Z0-060 受験記   
Explanation:
http://docs.oracle.com/database/121/BRADV/flashdb.htm#BRADV529http://docs.oracle.com/datab
ase/121/BRADV/glossary.htm#BRADV90169

NO.3 To enable the Database Smart Flash Cache, you configure the following parameters:
DB_FLASH_CACHE_FILE = '/dev/flash_device_1' , '/dev/flash_device_2'
DB_FLASH_CACHE_SIZE=64G
What is the result when you start up the database instance?
A. It results in an error because these parameter settings are invalid.
B. Two 64G flash cache files will be used.
C. One 64G flash cache file will be used.
D. Two 32G flash cache files will be used.
Answer: A

1Z0-060 受験生   

NO.4 Which three statements are true about Oracle Data Pump export and import operations?
A. Data pump import requires the import file to be in a directory owned by the oracle owner.
B. You can detach from a data pump export job and reattach later.
C. Data pump uses parallel execution server processes to implement parallel import.
D. You can detach from a data pump import job and reattach later.
E. The master table is the last object to be exported by the data pump.
Answer: B,D,E

1Z0-060 教科書   1Z0-060 段階   
Explanation:
http://docs.oracle.com/cd/E16655_01/server.121/e17639/dp_overview.htm


JapanCertは最新の1Z1-634問題集と高品質の070-348問題と回答を提供します。JapanCertのC-THR81-1611 VCEテストエンジンとHPE0-J80試験ガイドはあなたが一回で試験に合格するのを助けることができます。高品質の300-320 PDFトレーニング教材は、あなたがより迅速かつ簡単に試験に合格することを100%保証します。試験に合格して認証資格を取るのはそのような簡単なことです。


記事のリンク:http://www.japancert.com/1Z0-060.html

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« SAP C_TFIN52_66日本語 試験... | トップ | 70-473 的中関連問題 - 70-47... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。