干物の日々

人生は一度きり!後悔しないように自分の好きなこと・したいことを大切にしたいと思います☆

冷却期間中

2017-04-04 23:03:23 | プライベート
お互い冷静に相手との関係を考え直すための冷却期間として別居している最中です

が、冷静に考えた結果、相手とやっていけない理由ばかりが見つかります。

新婚旅行では彼は色々やらかしてくれましたが、、わたしの気持ちが冷めた決定打の一つが、現地最終日の彼の発言です。

彼は、『俺はWDWに行きたいとは言っていない』とのたまったんですよ。


・・・・え、何て言った?
言われたときはすぐには返せないくらい衝撃を受けました。

そもそも、わたしはハワイとか南の島でゆっくりするのを希望していて、彼はヨーロッパを希望していて、3月という時期もあり、ヨーロッパはなしということになって、ほぼハワイ等南の島に決まりかけていました。
そんなときに、彼がWDWの話をしてきました。職場の先輩が行ったらしく、どれだけWDWが楽しくて素敵なのかをわたしに話してくれました。
それまでわたしはWDWを知りませんでした。彼が話したから知ったんです。
それで、彼のヨーロッパを却下した後ろめたさとディズニーへの興味から、WDWに行くことになりました。WDWに行くのは二人で納得して決めたことです。

それなのに、そんな発言するとかしかも最終日に。

お互い納得して決めたことなのに、っていうか自分から言い出したことなのに、今更都合が悪くなったら「行きたいとは言っていない」ですか。
彼は責任を取れない人間なんだというのがはっきり分かる発言ですよね。
旅行中のあれやこれも、ぜんぶそれにつながります。彼は責任を取れない。何かあれば他人に責任を押し付ける。自分は悪くないと言い張り、自分に都合の悪い出来事はなかったことにしたり、バレバレな嘘をつく。旅行中わたしのせいにされたことがありました。自分が間違ってることに気づかなかったくせに、わたしに怒ったことがありました。なぜ気づかなかった!と。・・・責任転嫁もいいとこ

思い起こせば、彼はわたしに色々と合わせてくれたけど、それは優しさではなく、単にそのほうが楽だったからではないかと思います。
誰かに合わせるということは、自分で決断しなくて済む。何かあれば、その誰かのせいにすればいい。

そーゆー考えを無意識にでもしているのではないかと思います。

付き合っているときに相手のことをしっかり見れなかったわたしも悪いですが、向こうは向こうで、彼の本性を知ったとたんに気持ちが冷めて離婚を考えるわたしを妻に選ぶなんて、お互いに見る目ないですね




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 冷めた気持ちの戻し方 | トップ | 決着つきそう »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL