花の名前・木の名前・名前の由来

草花や木についている名前の由来。誰が付けたか分からないけど、知って納得のもの、「?」のもの、いろいろあって、面白い。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

原発廃炉へ向けて

2011年06月16日 | 脱原発・原発廃止へ

  今まで私は、原発のことを、正しく理解もせず、考えもしないまま、電気を使ってきました。

 政府も、電気事業者も、学者も、技術者も評論家も裁判官も、口をそろえて「安くて、安全、クリーン」と 、言ってきたからにほかなりません。反対の声は力でかき消され、私には届きませんでした。

 事故後も「原発を止めたら、電気が足りない」「原発を止めたら電気料が上がる」「ただちに健康被害はない」「安 全基準を見直す」「「CO2の削減が出来ない」などと理由を付け、原発を維持しようとしています。

 たとえ、今後原発をかなり安全に運転したとしても、運転時に生じる「高濃度廃棄物」「低濃度廃棄物」の問題は、深刻です。
処理の見通しが立たないまま、世界中で、放射生のゴミが増え続けています。(トイレなきマンションと言われる所以です)
人類はこのゴミをどうするのでしょうか?
運転中の事故と同じくらい、このゴミの問題は、恐ろしい事です。  放射性廃棄物について

日本のエネルギー政策、このままで良いのでしょか。
被爆国である日本が、「脱原発」を、今考えないで、何時考えるのでしょうか。
もうすでに、私たちは何万年もの未来まで残る、恐ろしい大量の「放射能のゴミ」を抱え込んでしまっているのです。

日本は原発を廃止し、他の安全なエネルギーの開発をするべきです。
★世界有数の森林国家で、海洋国家、加えて地熱エネルギーも豊富。
生活ゴミや産業廃棄物、人やモノが移動するときの運動量。
この豊富な資源を、エネルギーにする方法はないのでしょうか。
★産業人と科学者、技術者が一致して、研究開発すれば、世界の新エネルギー技術をリードできるはず。
素人や子どもの発想にも良いものがあるかもしれません
★加えて、安全でコストのかからない「廃炉」の技術を作り上げる。
それこそ莫大な経済効果を生み出すことが出来ます。
原発立地の町には、自然エネルギーで、雇用と税収を生み出す。

★★☆今こそエネルギー政策を転換させるべき時です。★☆★

原発は「高い・危険・汚い」

原発の売り文句の安いも、安全もクリーンも全て嘘っぱちでした。
実態は、高くて危険で汚いものでした。

原子力は人間の力では制御できない
一旦事故があれば、規模と内容共悲惨なことになる
事故を起こさず運転しても、原発で使った廃棄物は、処理の方法がなく、世界中にたまる一方。
このゴミは数千万年もの管理が必要な、恐ろしいゴミである。

世界中には2010年時点で30の国・地域で432基が運転され、さらに140基が計画中です。
日本には13道県17か所に、54基の原発が稼働、建設中2、着工工事中が12基あります。これで4884万キロワット、日本の電力の30%を賄っています。
地震と津波の列島に、恐ろしいくらいの原発がありました。
地震で停止いた原発を除けば、今現在も17基が稼働しています。停止中だからといって安全なわけではありせん。
現に福島の4号機は点検中で停止されていたにもかかわらず、「水素爆発」を起こしました。
六ヶ所村に運ぶことができず、保管していた使用済み核燃料棒」も危険にさらされました。
そもそも、「危険な場所には作ってはならない」という法律があったのに、備えも不十分なまま運転されています。
今日本列島は火山の活動期なそうです。原発が運転されていることに、大きな不安を感じます。

 ・「原発は安全に制御される」 
◆緊急設備があって、手順が決まっていれば、制御ができると思っていました。
◆どの産業でも、不測の事態に備えた危機管理がありあます。
◆原発のように、一旦事故があれば、危機的状況になる施設には、万全の備えがあると思わされていました。
◆政府も、電力会社も、学者も、評論家も、政治家も、メディアに顔を出す人々は「絶対安全。何があっても安全に停止する」「放射能が漏◆れるような事故は、あり得ない」と言っていました。
◆裁判所も「安全」宣言しました。
◆ところが実際は「安全神話」に反論する人たちを、無視したり、阻害したりしていたことが分かりました。

 原発事故」はいったん起きると、人間の力で制御可能になるまで、長い間、大量の放射能を出し続けるのです。
「では、事故を起こさなければいいと」言うかもしれませんが、限りなく0に近付けられても「0」にはできません。設備を何重にもガードしても、今まで以上の地震や津波が起きないという保証はありません。
テロリストが原発に核兵器を落とす可能性も、0ではありません。
まして人為的ミスに至っては、誰も否定はできないと思います。

もし今の状態で、大きな地震や大津波が来たとします。
いずれか一基でも制御できなくなって水蒸気爆発をおこしたら、もう人間が近づくことはできず、次々爆発し、原子炉建屋の場所さえ分からなくなるほどの破壊、そして東日本は人が住めなくなるかもしれないのです。

.「原発を止めたら電気量が高くなる」/電気が足りなくなる
これも脅し文句の一つでした。
◆「原発が安い」と思わされていただけで、電源三法交付金や、廃棄物の処理、廃炉の費用をプラスすると、決して安くはありません。む◆しろ永遠に管理が必要な高濃度廃棄物の処理を計算すると、非常に高いものになります。
◆しかも、福島原発の補償金、事故処理費用は何十兆になるのか、青天井です。
◆今回の事故で、新たに「地震対策、津波対策、電源対策」を見直すことになり、多額の設備費がかかることも必至です。
◆一体どのくらいの額になるのか、いずれ税金や電気料金につけが回ることになります。
◆そもそも高い日本の電気料金。
電気事情社は独占して自分で料金を決めることができるのです。
自分たちが努力することなく、電気料金に上乗せ出来る仕組みです。
その原因と対策も考えなければなりません。
電力不足に対しては、「充分間に合う」という人もいます。
 「原発」の可否と、「電力不足」を連動させるのではなく、「足りなかったらどうやって補うか」を考えるべきです。
 無駄な電力を使っていないかも、検討が必要です。明るすぎる照明、多すぎる自販機、深夜まで営業する店舗、けばけばしいネオン。
「ソーラー」と「蓄電」を組み合わせた「家電の開発や、こまめな節電。
 大都市圏に「ハイブリット火力発電」の建設で、長距離送電の無駄をなくす。
一般企業でも小規模発電をするなど、まだまだ工夫の余地はあると思います。

.「原発は温暖化を止める、クリーンなエネルギー」
これも、口実の一つでした。
★原発は運転中も停止中も、冷却のため膨大な温排水が出ます。
★フル運転の原発は発電量の倍の熱量を海に捨てているそうです。
★5000万キロワットの運転で1億キロワット相当の熱量を海に捨てていることになります。
★事故になれば、広い範囲で空も大地も海も汚染します。
★もうすでに、当分の間人が住めないくらいに、汚染されていますし、政府発表の地域以上に、拡散され、福島から遠い地域まで放射能◆が届いています。海と空はどこまでも繋がっていますから。
★今は11万3千人(政府発表。他にもいるが正式には把握されていない)以上の人が、生活の場を奪われ、避難生活を送っています。

 「最悪のシナリオは溶けた核燃料が溶岩のように流れ落ち、圧力容器の底を溶かし流れ出る。大規模な水蒸気爆発を起こし、原子炉が跡形もなく吹き飛ぶ。

どれか一つの炉が爆発すれば、周辺は人間を寄せつけることができないので、暴走を止める手立てはなくなる。この国の半分が無くなる。」という人もいます。  

日本は日本人の意思で、日本の土地と、空気、海を放射能で汚し、日本人を危険にさらし、生活の場と仕事、家族の絆を奪ってしまいました。
辛く、悲しく、悔やんでも悔やみきれないことです。
「原発に賛成」した住民の方の、心の内を思うと、そのつらさはいかばかりかとも思います。
政治家や産業人は今どのように思っているのでしょうか。
この期に及んでも、まだ「原発」を推進しようと思っているのでしょうか。
今日本が「脱原発」に舵を取らないなら、一体どのような悲惨なことが起きた時なら、決断するのでしょうか。
まずは原発立地の住民の方が、いかなる条件でも「運転開始にNO」と言うべき時です。
                                                     

希望      繰り返しますが「原発は高くて、危険で、汚い」のです。
   
福島県の復興会議は「脱原発」を提言。 「原発訴訟」も行われようとしていますが、私たち個人が出来ることは限られていると思います。
社会に影響力のある方々が、大きく声をあげて下さる事を望みます。
「廃炉」に向けての世論形成が必要です。「世論」は大きな力です。   

 参考 ・「朝日ジャーナル・緊急増刊原発と人間」
    ・小出祐章さん講演 http://www.youtube.com/watch? v=Xqtm5bvoeds&feature=related
    ・読売新聞
    ・電力会社、電気連合会などのHP

 

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加