『夢は叶う伝説』★第2巻★

■写真が好きです! 
■大腸ポリープ切除後の食事はカテゴリー「健康管理」です!
■息子と娘に「母」の過ごした時間^^

■ ■ ■ 伊勢・志摩・神宮⑤/伊勢の鬼門

2017年08月09日 00時00分55秒 | 旅行&お出掛け 2011~2017

朝熊岳金剛證寺
「お伊勢まいらば朝熊をかけよ」
伊勢神宮の鬼門を守る寺、朝熊岳金剛證寺
だそうです。
なんと! いきなり「弘法大師様」

金剛證寺は、長い歴史のなかで隆盛と衰退を
繰り返しながら現在に至っています。
その歴史は古く、欽明天皇の頃、
暁台上人によってこの明星堂が建てられた
ことが始まりだといわれています。

その後、空海により一時は密教修行の
大道場として栄えますが、しだいに衰退します。
そして1392年に鎌倉建長寺5世の仏地禅師、
東岳文昱(とうがくぶんいく)がこの衰退をなげき、
再興に尽力したことにより、
ふたたび栄えることとなります。
また、これにより、真言宗から臨済宗に改宗し、
禅宗寺院となりました。

そして、現在のように伊勢神宮の鬼門を守る寺
として知られるようになったのは、室町時代以降のこと。
金剛證寺の位置が伊勢神宮の北東に位置することから、
伊勢神宮の鬼門を守る寺として、
伊勢信仰と結びつくこととなります。

江戸時代には伊勢神宮と並んで重視され、
徳川幕府から援助されたこともあり、
多くの人々が伊勢神宮に参宮する際に、
一緒に参詣するようになりました。

その後、第二次世界大戦中に入山が禁止されたことや、
当時のアクセスルートだったケーブルカーが
廃線になったことで衰退しますが、1964年、
伊勢志摩スカイラインの開通により、
ふたたび多くの人が訪れるようになり、
今に至っています。



なるほど。それで弘法さん^^

私。弘法さん^^
好きですねん~

行く前に調べて初めて知りました。
聖徳太子の祖父「欽明天皇」そして空海さん。
これで「秀吉」が繋がったら最高!


この「塔婆」・・・・・
奥までは歩きませんでした。


へたなお経より「改心」するかも。
8mもあるそうです。入口に近い小屋に
この長さの木材が積んであり、これが・・・
遺骨は違うところなのでしょうね。
普通のお墓もありましたが。
でも、この存在感は、、、
初めて感じる「圧力」
弘法さんや聖徳太子と違う。

伊勢の「鬼門」納得でした。
---------------------------------

展望台での伊勢エビカレー。


お伊勢参り。最終回^^


帰りの新幹線でお弁当。

冬に行きたい。「出雲大社」
今度はツアーでなく、のんびり~
資料館も見たい!






ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
番外(伊勢の最終回に)
伊勢の力の見せ所? 心がけが全てです。
邪悪の気がなければ事は起こらず。
奈良のおばさまが言った「私が捨てたのです。」
彼女らしい素早く見事な切り方だった。
今は万葉の中に生きている。
ちぎれるほど提灯をふりましょう 
の、約束は果たされないのか
かなしいかなかなしいかな・・・
ジャンル:
神社仏閣
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ■ ■ 伊勢・志摩・神宮④/内宮 | トップ | ■■ 2017・11・3/行きたいな »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
弘法大師さま。 (流生)
2017-08-09 07:22:33
ちー姉さま
おはようございます。

ちー姉ちゃん
博学者だわ!
ぼんくらな私は φ(._.)メモメモ
へーーー勉強になるなぁ
この「塔婆」には圧倒された!
ホンマや!邪道の私は改心出来る?
いやはや長い道のりやで~~^^

伊勢海老カレー
食べたい! ( ´艸`)
お伊勢参り。最終回。知らんことばかりや~働いてばかり何処も行けてない!
ちー姉ちゃんと
一緒にいたら「お得チケット」当然した!みたいになる!ありがとうです。

今日も幸せな一日になりますように♪
流生さま (ちー)
2017-08-09 12:32:07
「いかが会」の初めての旅は京都から
江戸幕府から明治天皇へ。まだ京都におられる時に
東山に埋葬された「秀吉」の墓、封じ込められた
秀吉復活。明治天皇の開放。
ここの階段が500段ほど?登ったよ!
http://blog.goo.ne.jp/momonngamomo/e/8560061114e05dc195b1a60cebd37a5b
2012年11月26日 の記事。
秀吉62歳没。弘法大師62歳没。
竜馬は半分の31歳。

私は生誕より、他界年齢思考。
聖徳太子・夏目漱石・織田信長。49歳没。
賢者はその時間に、これだけのものを残した。

「いかが会」は何を残すでしょう^^
・いーちゃん。孫8人
・かーちゃん。五街道・徒歩+日本100城=達成
・がーちゃん。ブログ^^

流生ちゃん、凄い塔婆でしょ。
画像は範囲が狭いから、写っている部分だけ
現地は「塔婆の塀」が山のうえまで。
地上なのに、佐渡金山のような圧迫感あり。
どうしてこの形の塔婆になったのか調べてません。
のめり込みそうなので止めます。
でも・・・怖かった、ひとりで待っていたし。
石墓標の裏に掘られた文字が多いので読んだら・・・
生まれてからの事を、ずらーっと。あれじゃ
残った旦那は苦しかろうに・・・
人生色々・人も色々~~~あり過ぎ!
私は残らずとも良し。自然に。
お盆もちかし^^お母さん帰ってきますね。
ご馳走はなにかな?  化粧は忘れずに!^^

コメントを投稿

旅行&お出掛け 2011~2017」カテゴリの最新記事