逆風に抗して Against the wind,♪ we are running against the wind.♪
ここではないどこかへ。モモンガーの旅
定年後の悪アガキ、自転車、
サイクリング、車、ロック、
エコ、昔話

 



雨に降られても、大したことはないだろうと出走。平日は鷺舞橋でもサイクリストは少ない。


引地川の河口付近の歩道。ラベンダーが良い香りを漂わせている。



横須賀方面に向かう前に、一休みと江ノ島海岸に出ると、東の空には何やら黒雲。


風もアゲインストなので、東進するのは途中で止めて、西に向かう事に方針転換。
若干の追い風で、小田原まで一気に走り、駅前のドンキの駐輪場にしっかり自転車を固定して、春樹に入店。醤油ラーメン大盛りでも500円也、けっこうなボリュームだ。



せっかく来たのだから小田原城へ



お目当てのアヤメはやはりほとんど終わってしまって、土手では猫が昼寝中。


アヤメはダメでも、城址の東北斜面のアジサイがちょうど見頃だ。


さて、帰りましょう。途中のサザンCで一休み。


清流高校前でもう一度休んでから、帰宅。


曇天で気温も27度までしか上がらず、雨にも降られず、気分の良い130kmだった。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




窓の外を眺めれば、すごい夕焼け。思わず写真を撮る。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




注意!!!! トウシロは電池ショート他の可能性があるので、電池交換は自己責任で !!!!

マキタの業務用ハンディ充電式掃除機が家に来て以来、広い範囲は、ロボット掃除機で。狭い範囲や隅っこをマキタの掃除機にしてから、いわゆる普通の掃除機を使う機会がほとんどなくなった。チョットした食べこぼしとか、害虫とか、布埃とか、充電式の掃除機なら、思い立った時に即掃除ができて便利だ。


ただ、4070Dは電池内臓式で、最近吸い込みパワーがかなり落ちてきたので、、、、交換Ni-Cd電池パックを探すと、本体の半額以上、4~8千円もする。ネットで買えば、プラスαで本体が買えそうな値段だ。以前、充電ドライバーのSub-Cバッテリーを、単体セルを買ってきて交換したことがあるのだが、この電池パック7.2VのSub-Cを6本束ねたもので、ほぼ似た形状のバッテリーがタミヤの模型レーシングカー電源として、沢山かつ安価(2千円位)に売っている。1個450円のSubーCを買うよりも安くかつ簡単だ。で、Sub-Cを組み立てるより簡単な、パワーパック交換とすることにした。

上の紙筒に入っているのが旧Sub-CのNi-Cd電池で容量は1400mAH
下の黒い交換用に買ったのがSub-CのNi-MH電池で容量は3000mAHと2倍以上



先ずは旧バッテリーを取り外し、充電端子とダイオードをバッテリーパックに半田付けする。


同じ位置に収めるためには、パッケージングの為に少し寸法が少し長く太い新バッテリーパックをバラス必要があるのだが、掃除機本体のプラスチックの仕切りを一か所削り取れば、パッケージはそのままで、組み立て可能であること判明。



上手いことギリギリ収まってくれたので、慎重に最終組み立て。

電池容量が2倍以上になったので、標準充電時間が3時間から8時間になったが、どのみち、一晩充電にするので、これはあまり気にならない。かえって実使用時間が10数分から30分位になり、吸塵力も心なしかUPしたので、大満足。

塩尻の留守宅用に買った、最新のリチュームイオンバッテリーのマキタCL100DWより、気軽/安価に電池交換ができて、かつ実用使用時間も結構長くて、こちらのほうがかえって良いかも? あ、でも最新のリチューム電池式の方が軽くて、すぐ充電できるな。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




カチャカチャ鳴らないSPDシューズの改造が私的には好評なので、シマノのシューズに続いてマビックのシューズを改造することにした。
手動3Dプリンタ=ホットメルトガンで靴底にホットメルトを積層していく。こうすることで、歩く時、SPD金具が路面に当たりカチャカチャいうことが少なくなる。


横から見ただけでは、変化はほとんどわからない。歩いてみた感じもあまり違和感はない。


靴改造の出来栄えと先日ワークマンで買ったアームカバーの付け心地もついでに確認してみよう。


SPDシューズのできは満足かな?底のホットメルト部分の摩耗が早いのが欠点だが、ダメならゴムでも張りますか?
アームカバーは650円という値段の割に、良い感じ。涼しくて、汗も通してくれる。

鶴見川CRをを下る。今日は気温が高い割には湿度が低く、走りやすい。



鴨居に戻って、さらに恩田川CRへ。



中山へかきつばたを見に行くも、気温が高いので、少ししおれ気味。


日陰の部分が見頃かな?



さて、40kmほど走って、それなりに空腹になったので、中山の二郎へ。並んでますね。



小サイズ、野菜マシでお願いしたのだが、完食できず、無念の敗退。


無理すれば、何とかなったかもしれないが、ここは大人の判断で、野菜、チャーシュー完、麺20%残しで止めることにした。この所、爆食メニューで敗退することが多い。もはや、こういったタイプの大食いメシは卒業すべき時期が来たのかもしれない。

と走ったのは、こんなコース



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




先日は羽田の国際線ターミナルにGジャーニーで出かけたけれど、今日はロードスターで横浜の出国ターミナルへ。大桟橋は実は国際線=出入国ロビーがあるのだ!



出国ロビーまで1分の駐車場が、65才以上なら3時間タダなのだ。しかも、平日はすごく空いている。
出国ロビーに上がれば、キングの塔、県庁が見える。今日はあそこに行って見よう。



車を置いて、初夏の風に吹かれながら、県庁へ。



塔に登ってみよう。


あちゃ~ぁ、最上部への木製階段は閉鎖されている。でも塔の下部からは、車を停めてきた大桟橋が見える。


では次にもう一つの塔、開港記念館のジャックの塔へ。



質素な感じの県庁と比べ、ジャックの塔は壮麗な建築物だ。


正面には横浜をモチーフにしたステンドグラス。



お腹も空いてきた。官庁街なので、昼御飯はリーゾナブルな店が多い。横浜球場近くの沖縄料理の店、舞天へ。


ランチ648円、沖縄ちゃんぽん丼セットは満足、マンゾク。



さて、2時間半の横浜散歩もそろそろ切り上げて、戻りますか。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




先日のヤビツ行きで、走りたいモードが復活したか? 涼しいし、雨も降りそうにないので、ちょっと走りますか。鶴見川CRを下る。



旧東海道を辿り、多摩川へ、



今日は北風なので、横須賀方面から海ホタルの上を通過して、次々に飛行機が着陸してくる。



国際線の屋上で、一休み。



多摩川CRを遡って、丸子橋を渡り、中原街道を経由して、帰宅。


走ったのはこんなコース。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ジジ連でヤビツに行くと言うので、この所の出不足を何とかすべく、前日に参加申し込みをする。
先日の南哲敗退のコースを逆行、、恩田川CRを遡る。田植えも終わって、夏の風景だな。



芝溝街道を西進して、高田橋で相模川を渡り、愛川の辛い坂を登って、せっかく登った分をまた下って、半分文化遺構の平山橋で中津川を渡る。


さあ、半原からは宮ケ瀬への最後の登りだ。、、、家を出てから、3時間、ようやく集合場所の湖畔園地へ。島田組長とファンですさんはもう到着済。


今日はジジ連のヤビツには珍しく、参加者は3人のみとのこと。のんびり登ってくれるか、心配だな、、、、
と思いながら、少し早めに園地をでると、向こうから車で、カイチさんが登場、、、あれ、出発時間前だし、車載輪行?これで4人になるかな? とも思ったのだが、女性が同乗しているし、、、後で聞くと家族サービスで偶然通ったらしい。

トンネルを抜けて、ヤビツへの登りに突入。


写真を撮っている自転車乗りを追い抜くと、シマダさんと声がかかる。あれnobuoさんだ。



上手い具合に3人が4人になりました。


定年前のファンですさんはいざ知らず、シマダ組長も元気。2人ともアウター縛りで登っていく。


ようやっと、休憩場所の札掛橋に到着。


再スタートしたら、あっと言う間に3人に置いて行かれる、


何とか頑張って、シマダ組長の背中が見えるころには、きまぐれ喫茶到着。



ランチは外の木陰で。



1時間ほどマッタリしたのち、一年振りのヤビツ峠へ。
夏休み前の自転車サークルの訓練か?学生らしき若者で一杯のヤビツ峠。



証拠写真を撮って、

さあ、一気に裏ヤビツをくだりましょう。



宮ケ瀬ダムを経由して、


私は初めての半原パンへ。一周年記念で20円引き、アイスコーヒー、シュークリームがおまけ、、、



さらに、この後、3種類のラスクとガーリックブレッドの差し入れがあり、大満足。半原パンお薦めです。
入口では、お客が途切れるのを待って、二人が美人の店員さんを写真撮影に誘い出す算段。



記念撮影も無事完了して、さあ、帰りましょう。
今日は平地は暑いので、輪行帰宅かな?とも思っていたのだが、nobuoさんが、自走帰宅するというので、道案内をしなければ、、、、
今日もクロモリに乗ってきたnobuoさんをケルビムにご案内。


鴨居近くの中原街道へ向かう分岐点でnobuoさんとお別れ。
久しぶりの100km超えかつ、山登りの楽しい一日だった。

より詳しいレポートはシマダ親分nobuoさんのブログで。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




梅雨に突入する前の、気温の低い今日、鶴見川CRを遡る。青葉インター付近のタチアオイ。


尾根幹線から戦車道へ。ヤビツの辺りは雲の中。


給水塔まで行って、戦車道を引き返す。



お腹も空いてきたし、まだ行ってない、らー油肉つけうどんの南哲 にでも行って見ますか。確か芝溝街道沿い。
あちゃ~ぁ、水曜が定休日だ。スマホできちんと確認すべきだった!!



まあ、それほど腹ペコと言う訳でもないので、恩田川CR沿いに帰宅。

家でリベンジに冷やしぶっかけうどんを作り、昼御飯とした。大根の先っぽをおろしたら、結構辛かったので、まあ、代替品になったかな??



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




自転車に乗るのに、足の位置がぴったり決まるビンディングシューズは欠かせない。スピードを競ったり、競技に出場するわけでもなく、街歩きもしたいので、私のビンディングシューズはSPDだ。ただ、SPDでも街歩きをするときには、クリート金具が舗装面に当たり、カチャカチャ音を立てるだけでなく、時に滑って危ない思いをすることがある。靴底とクリート底面がほぼ同一平面になっているのが原因なので、SPD靴を改造して、靴底を厚くしてみることにした。


そういった改造をする時便利なのが、私の200円三次元プリンター=ダイソウ200円ホットメルトガン。
いま流行りの本物の3Dプリンタがあれば、靴底そっくりの樹脂を成型することもできるのだろうが、ホットメルトガンで適当に積層していけば、まあ、これも3Dプリンタだと言えないこともない。



ただ、いくら接着性のあるホットメルトとは言え、荷重のかかる靴裏への密着が心配なので、小径の木ネジを打って置き、そこに積層していく。



ペダルと干渉しないように、さらに積層して、クリートがカチャカチャ鳴らないSPD靴の出来上がり。
これで、横浜散歩をしてみようと、出かけた。
新横浜では大学駅伝の記録会?予選? いろいろな大学の登りと応援団が集まっている。



鶴見川CR、第一京浜を経由して、MM21まで。インターコンチ前の広場の木陰でお昼寝。気分は最高。


象の鼻公園辺りも、色々な花が咲き乱れている。


中華街でのランチは駐輪できることを主眼に選んだので失敗だったかな?



本牧、根岸辺りまで南下した後、再度山下公園に戻ってくると、ちょうどドラゴンボートレースの決勝をやっている。



このトーナメントでの勝利者はどこかの消防署、さすが、マッチョ揃いのチームだ。


改造したSPD靴で町中を歩いてみて、ほとんどクリートが舗装面に当たることはなく、普通の靴と同じように歩けたので、このアイディアはかなりイケると思われる。クリートのはまり具合も少し硬くなったが、問題ない。あとは、長距離歩いた時、摩耗がどのくらい進むかだろうか?



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




開園前の工事中には訪れていたのだが、正式開園後はまだだった、ズーラシア裏の里山ガーデンに出かけてみた。
白山高校の上まで登ったら、この時期には珍しく、富士山が良く見える。


里山ガーデン、色とりどりの花が植えられている。随分と税金を掛けたものだ。



木陰の芝生広場でごろ寝。渡ってくる風が心地良いが、いつまでも寝っ転がっているわけにもいかない。



中山の方に帰ってくると、一列になって田植え中。


今日走ったのはこんなコース、20kmのみ。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




一晩ゆっくり寝て、昨日の半熱射病からも回復。早朝、大三島の大山祇神社にお参り。天照大神の兄を祭る大山祇神社の本庁だそうだ。



朝八時半に宿を出て、走り始める。気温も低く、快調に走っていたつもりが、、、、、、
バックポケットに入れていた、財布を地図の黄色地点で落としてしまった。全財産、クレジットカード、スイカ、免許証、健康保険証、マイナンバーカードのコピー、、、、、みんな入っているのに。

そんなことには気が付かず、昨日渡った多田羅大橋を眺めながら、走る。


大三島橋を目指して、橋まで登る。


で、道の駅、伯方(地図の黄色地点)でアイス休憩と思って、財布を見つけると、無い、無い、ナイ、、、、
宿へ電話しても、、、、、なかった。
大三島の駐在所に電話しても、誰も電話に出ない、、、、、で、伯方ー大島大橋の写真はなし。

諦めて、トボトボ、走り続けるしかない、、、、、、  1時間ほど走り、もしかして、と伯方警察署に電話を掛けると、財布を届けてくれた方があった!とのこと。あと戻りすると、電車の時間に間に合わない、幸い切符は連れ合いがまとめて持っていた。財布を着払いで送付してもらうことで、決着が付き、また走り続けられることに!!


来島大橋をホットして渡る。


いやぁ~、良かった、良かった


さあ、一路、今治駅を目指そう。



と言うことで、大きな失敗もあったのだが、事故はなく、無事にしまなみ海道を走り切ることができた。



帰宅後、2日後には財布も届き、拾得者にきちんとお礼もできたので、終わり良ければ総て良しとしておこう。

走ったのは、こんな所。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




さて、サイクリングの一日目、尾道のホテルの前から、フェリーで向島に渡る。反時計周り島を回り、最初の因島大橋へ登る。


二番目の因島も反時計周りで、海岸沿いを生口橋まで。雲一つ無く、風も無いので、絶好のサイクリング日和なのだが、気温がだいぶ上がってきた。


二人分の荷物をバッグに詰めているので、橋を登るのはつらいが、海を渡る風が、癒してくれる。


生口島と言えばレモン。暑くてたまらないので、レモンジェラートで一服。


海岸沿いのモデルコースを離れ、レモン畑の中の農道を整備したサイクリングロードを走る。等高線に沿って、レモン畑の中を縫うように続いているこのコースは誰も走っておらず、海や町が見え隠れして、楽しい道だ。


平山郁夫美術館は時間が無いので、昼御飯を食べただけで、見学はパス。


多々羅大橋へ向かう途中、ヤシの並木が綺麗だ。それにしても雲が無く暑い。


多々羅大橋、主柱の下で、拍子木をたたいて、鳴き龍を確かめ、


多々羅公園、サイクリストの聖地碑にようやく到着。


青空のもと、コントラストのはっきりした写真が撮れるのだが、少し熱中症気味で、バンバンとシャッターを切る元気もない。


暑いので、早く宿に着いて休もうと、大三島の北端を回るコースではなく、三村峠を越える道を選んだのだが、最後の上り坂が辛かった。


途中までしかルートの記録が出来ていないが、作成したグーグルマップ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




色々な状況から、今年予定していたスペインのサンチアゴコンポステーラ巡礼旅行は中止。その代わりと言っては何だが、梅雨前にしまなみ海道へ出かけることにした。
尾道についてさっそく自転車組み立て。



とは言っても、今日は坂の町、尾道の散歩なので、サイクリングはなし。
駅前の尾道水道に面したグリーンヒル尾道にチェックイン。時間が早かったが、部屋が空いていたので、自転車を部屋に入れてもらえた。宿はサイクリストフレンドリーでありがたい。


先ずは腹ごしらえ、尾道ラーメンの老舗?朱華園へ。


ロープウェイで山の上に登れば、目の前に尾道水道とそして、明日、明後日走るしまなみ海道の島々が眼前に広がっている。



文学のこみちを下り、林芙美子の「海が見えた。海が見える。五年振りに見る尾道の海はなつかしい」の碑の前で、


志賀直哉の住んでいた豪邸を眺めてから、林芙美子の育ったみすぼらしい町屋を眺める。


かっては、住友銀行の3番目の支店があった尾道。商工会御所の議場も立派だ。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




横浜港を一時間で一周するマリンシャトルに乗ってから、一般人は見ることができない埠頭の中やコンテナターミナルを見ることができる、しかもタダで。というおいしい話に乗って、一日横浜観光をしてきた。

この見学会、条件は10人以上の横浜市在住者のグループ、平日であるということ。石川町に集まったのは、怪しき老年グループ19人。


中華街の800円ランチで満腹になった後、山下公園へ。



ほどなく、マリンシャトルに乗船。


大桟橋には飛鳥が停泊中。



ベイブリッジの下をくぐってから、今度はつばさ橋から戻ってくると、橋の向こうに、25年間通った懐かしい工場が見える。



1時間のハーバークルーズの後は、バスで大黒埠頭へ。5階建ての巨大物流倉庫の上からは、コンテナばかりでなく、新車、中古車の輸出用車両の群れが見える。中古車がこんなに輸出されているんだ。

本牧埠頭に戻って、コンテナヤードを眺めて、今日の見学会はおわり。20年ほど前、輸出通関で港に来ていた時とはだいぶ風景が変わっていて、認識を新たにさせられた見学会だった。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




半年ぶりの前立腺がんの指標検査結果は4.91と以前と変わらず。
一年前に生体検査をしているので、血液検査のみで、先には進まず、経過観察となった。

執行猶予状態が続くが、まあ、気長につきあうしかないのかとも?



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ