逆風に抗して Against the wind,♪ we are running against the wind.♪
ここではないどこかへ。モモンガーの旅
定年後の悪アガキ、自転車、
サイクリング、車、ロック、
エコ、昔話

 



母が20年ほど前に皮細工で作った時計が動かなくなった。最初は得意技のCRC-5-56の一滴をスピンドルに垂らしたら動いていたのだが、半年もするとついにうんともすんとも言わなくなった。

次なる手段、百均で100円の時計を買ってきて、ユニット毎交換してしまう作戦。

          母の作った革細工時計             百均の時計



良さげなやつを見つけて、買ってきたので、新品を早速分解。ガラスを外し、針を外し、時計ユニットを取り外す。
あちゃまぁ~、ユニットフランジ面と文字盤の距離が短く、時計の針が皮細工に当たってしまう。
こうなれば、乱暴だけど、裏板をジグソーでカットして、文字盤との距離を短くし、時計ユニットは皮に両面テープで固定。



上手いこと100円の時計のユニットで、おばーさんの時計が復活した。めでたしめでたし。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 杉原千畝の写... Nexus7(2012)... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。