逆風に抗して Against the wind,♪ we are running against the wind.♪
ここではないどこかへ。モモンガーの旅
定年後の悪アガキ、自転車、
サイクリング、車、ロック、
エコ、昔話

 



700X35Cのタイヤに交換したので、その感触を確かめるために走りだした。
最初は鶴見川CRを遡る。この部分は舗装が荒れているのだが、空気圧を4kgf/㎠弱にしたので、乗り心地は良くなった。但し、自転車はかなり重くなったので、加速が大変。鶴見川CRは橋の下を通ることのできる部分が多いのだが、下りは良いが、登りが少しきつくなった。寺家ふるさと村に寄ってから、さて何処へ??

かってMTBでよく出かけた小野路へ行ってみよう。奈良ばいの上から見るとは、紅葉はまだ、緑の谷戸が広がっている。



車の通れる道はぬかるんでいて、スリップしやすいが、ある程度の傾斜なら、ブロックタイヤなのでグリップが効く。


見晴らし広場からはランドマークタワーも見える。



広場からシングルトラックを下り、六地蔵へ。



押し歩きで、再度尾根に登る。今度はこうせん塚へ。喉の痛いのが治るようにお願いし、



さらに、小野井戸、城跡を経由して、浅間神社へ。



数年前にMTBで走っていたころは、道が整備されておらず、週末でも人に会う事もすくなかったのだが、最近NPOが整備して、道がすごくよくなり、平日のこの日も数人と会い、降車してすれ違った。ただ、NPOはハイカーを対象に整備しているので、自転車は道を荒らすとして、歓迎されない方向のようだ。



もう一度ダウンヒルを楽しんで、小野路バス停から宿場通りを下り、小野路宿里山交流館へ。



この施設、3年ほど前にできたとのことで、初体験。時間が遅くなったので、残念ながらうどんは終わり。代わりに揚げたてのコロッケをいただく。



お腹の膨れた所で、萬松寺谷戸から再度、稜線に登り、里山交流館で貰った地図のハイキング推奨ルートと異なる道に突っ込んでみた。



ここは道が整備されておらず、チョット危険だが、MTBなら楽しい道。ただ、いくら35Cとは言え、グレートジャーニーには無理。根が露出した、急な坂道を自転車を抱えて降りることとなった。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« サンチャゴへ... 杉原千畝の写... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。