逆風に抗して Against the wind,♪ we are running against the wind.♪
ここではないどこかへ。モモンガーの旅
定年後の悪アガキ、自転車、
サイクリング、車、ロック、
エコ、昔話

 



長年壁にかけて置いたお皿の紐が風化して、落下、縁が欠けてしまった。


破片を回収して、パズルのように組み合わせ、そこに紫外線硬化樹脂を流し込む。
この樹脂、蛍光灯位の紫外線では硬化しないので、樹脂が付いている時に破片の位置を楊枝で微調整する。


そして、位置決めできたら、紫外線照射。



これでバッチリ接着できたので、壁に戻してやった。良く見ると割れた所が判るが、ぼんやり眺めているだけなら、まず気が付かない。




今までアロンアルファで接着していた時は、時間に追われるのと、1ピースなら良いのだが、多数のピースを固定するのはほぼ不可能だった。この紫外線硬化樹脂/接着剤なら気の済むまで位置調整を行った後、力を加えることなく、紫外線で硬化させられるので、大変便利。ネットで買えば、ライト込みで千円程度とそんなに高価でないし、今後私のDIYに活躍しそうな予感だ。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 境川CR、江ノ... カチャカチャ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。