Thanx a million

きまぐれ更新

今年最初の小倉で8勝目

2018-01-16 01:15:44 | 菅田賀子選手

年末、松戸で最終日人気してたので、応援に行きましたが2着。

その後、腰痛のため伊東温泉欠場し、小倉が今年の初戦になりました。

いつも欠場の時は連絡をいただけるのですが、ウエイトで腰痛になったということで、練習のことは聞かないルールなのでどんなことやってるのかというのは聞いてないのですが、街道だけでなく強くなる要素のこともやってるんだなって思いました。

さて、今開催の注目選手として森選手とともに挙げられていました。

前回の小倉は落車で自分の中でも記憶にないぐらいだったのですが、それを打ち消すような内容になればと思っていました。

予選競走では後手踏んで、なかなか思い描く内容になれず不利ばっかりもらっての内容。

最終日一般戦で、齊藤選手とともに注目選手にあげられています。

人気は齊藤選手からで、2番人気。落ちついた様子で気負いもありません。

これは、前とってからの競走になります。

外枠からですが前とりに行きました。ここを失敗すると、後ろからで完全自力になります。

組み立てられる位置から。好位置につけました。

打鍾過ぎから、後ろ見て来たところを踏もうとしますが、斎藤選手がいかないので踏みとどまりました。

まず、ここが正解。

後ろから、宮安選手が森選手を連れて前に出ます。

実際は、菅田選手の競走スタイルからすれば宮安選手の動きと同じになるはずですが、控えてあとは齊藤選手の動きを見てました。

齊藤選手が出ます。宮安選手は垂れてきてるので同じ並走でも出れます。そうすると同時に森選手が外並走となり不利な形、後ろは前で壁になってるので、これは菅田選手にとって出来た状態。

こうなれば、後ろ気にしなくて前に出るタイミングだけ誤らなければ。

一番いい形での差し切り。まだ、戻してない状態なのでこういう競走できてれば点数を落とし切ることはないはず。

クリップバンドを外そうとするも、なかなか外れなくて(外せなくて)踏み上げてたのがわかります。

一般戦なれどいい形で終われました。

また次もがんばろう。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

写真で振り返る今年一年

2017-12-31 08:40:11 | にっき

 恒例、写真で今年一年を振り返ってみた

【1月】

和歌山記念で山本レナ選手と

弥彦の大ガマシの話を喜んでくれた。腰痛でなかなか前のように走れないみたいだけど、魅せる走りができる選手なので最後まで走りきってほしいですね。

 いわきにいきました。

菅田選手がイベントに出るとのことだったのですが、直前に落車でキャンセルとなりました。

そんなときに同期の明珍選手がいろいろと教えてくださりました。同斡旋時に同部屋になることが多いそうで、いろんな話をしていただきました。今の応援スタイルを作り上げられたのも、間に入ってくださったからなのかもしれませんね。

向日町開催の時に結構な雪が降ってそのなかで開催がありました。

【2月】

岐阜でバレンタインイベントがあったので、いってきました。

 

 

小坂選手は結婚前で以前からお話しお伺いしてましたが、最近ご結婚されましたね。

なんか落書きされましたけど(笑)

NHKの番組で小倉競輪の話題が出て、そのなかのワンシーン。

うちの投稿の分(93から-94の下段まで)がちらっと出てましたね。

【3月】

春になるといろんなところに撮りに行きました。

私が追うのはレース中は視線、レース前後は表情を追います。

会話は聞こえませんがレースが終わった後なんかはいい表情をみることができます。

でもそれは結果を伴ってのことで、応援する選手たちにはいつもいい笑顔を見せてもらいたいものです。

千葉にいきました。選手会事務所の前にいてると、イベント終了後の石井貴子選手に逢いました

優勝報告会がありそのときに私も車券とらせてもらったので、報告するとすごく喜んでいただけました。

やっぱり車券とったよって言われると、選手の皆さんも喜んでいただけますよね。

あと、千葉開催でのイベントで1着選手のハイタッチ会。

これはなかなかの思い出になりました。覚えてていただいて本当に感謝でした。

あと高松選手のラストランもこの開催でしたね。

【4月】

2車単の自身最高額がこのときでした。44,400円

選手決めての総流しだったので3単も取れそうでしたが、ちゃんと仕留められたので。

菅田選手が落車後、静岡から復帰を考えていたので、旅行会社で予約していたのですが、直前で出場を回避されたので、時間が空いてしまいSL乗りに行きました。温泉はいったりとゆっくりしました。

【5月】

奈良から復帰となりました。

指定練習でこちらに気づいてくれて深々とお辞儀を。

表情も明るく安心しました。

【6月】

レース自体は悪くなく、影響もあるなかでギアをあげました。

奈良岡選手と練習をしていたそうで、おそらくその時だったのかと。

踏んだ感じも悪くなく、なんか思い当たることが随分とありました。

そして立川での予選一着。

配当もびっくりしたけど、自分自身がターニングポイントになるんじゃないのかと思った開催。

前日3着でかなり踏めてました。

そして2日目、予選一着。これはかなりうれしかったです。

車券も取れて2重の喜び。

【7月】

小松島にて。山口選手がお出迎えでした。

あと、恒例の奈良のイベントもありました。

【8月】

オッズパークの旅行が当たり函館開催へ。

滞在時間が短く観光にまでは手を伸ばせなかったがいい思い出ができた

いわきのオールスターに

菅田選手の妹さんと

結局斡旋があったので菅田選手のイベントの可能性がなかったんだけど、またまた明珍選手。

そして関戸選手に無理なお願いをしちゃったのですが、何とかしようとしてくださり感謝。

オールスター結構たのしかった。

 

【9月】

松坂の一般戦。ためてためての1着。自身3回目の1着に立ち会えました。

【10月】

伊東温泉で特払いを経験

台風の影響で帰路が時間がかかりました。

ことしも弥彦へ

自分の中で一番の地。いまでも地元扱いをしていただけて、たくさんの応援を聞くことができました。

まだ、弥彦でいい戦績を残せてないので来年こそは

【11月】

松戸の6Rガールズ戦

3日間いい走りをしてくれました。小林莉子選手がこちらに気づいてくれていい思い出に

うちの地元岸和田戦

少し、疲れも見え隠れしてましたが追って追って

いつもスタンドの上にいても気づいてくれて。また、頑張ろう。

【12月】

一般戦周りで、人気するような気がしたので、ちょうど休みだったし急遽松戸へ。

行くと言ってなくていったもんだから、戸田選手にきてることを教えてもらったそうで。

一番人気となり先に動いて2着。とりこぼしてしまったけど、すごく来年につながるレースでした。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

レジェフィット半袖ジャージ

2017-11-15 23:36:08 | 菅田賀子選手

以前作ったジャージは冬用で、夏着れなかったので(それでも着てましたが(笑))

立川と松阪の1着のお祝いに作りました。

そのときに、時間のない中無理なお願いをして菅田選手のところのミカンちゃんを書いていただきました。

それをデータに起こして前のイメージで作っていただきました。

流れ星を追っかけているようにしたかったので、右脇配置にしました。

ところが、せっかくのミカンちゃんが埋まってしまって(周りが濃いチェック柄だったので)

アイデアをいただいて、もう一度デザインを起こしなおしてもらいました。

あと、後ろが寂しかったので、大きめの肉球をいてていただいて。

前イメージの肉球を足しただけのもの。

ミカンちゃんがかぶらないように白地にしたもの。

そして今日届きました。

前作のイメージと菅田選手のデザインをいただいてコラボジャージ。

背面はポケットのところをチェック柄に。

描いていただいたシマミケさん。ものすごく細かくていねいに描いていただいてます。

猫座りして、毛並みが細かく描いていただいてて。

しっぽが星とチェック柄でコラボしていただいてて。

ここにもこだわってた虹柄とチェック柄を入れていただいて、すごくうれしくて。

 ずっと星を追いかけよう。辛くったって上向いて。きっと虹がかかって笑顔になれるはず。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ガールズドリームトーナメント

2017-11-07 21:08:25 | 菅田賀子選手

飛行機をずいぶん前に予約して、月末の斡旋が更新されたときに入ってなかったので、正直どうしようとおもったのですが、イベントの話も残ってたし、とりあえず行くことは決めてました。

ところが直前に急きょ斡旋が決まり、横断幕をレース当日に到着するというギリギリの状態となってしまいました。

京王閣の6Rも、新人訓練もそうだったんですが、数多くの女子選手が集まると自然とお祭りになってしまいます。

選手もお客さんも相互に乗せられて気持ち高ぶってきます。

今回は3連休で、ナイターなので指定練習も込みで観戦できます。

初日トップで出てきたのは小林莉子選手、菅田選手もすぐに出てきました。

指定練習というのはレース2時間~3時間前に30分ほどバンクに出れます。

調整気味に走ったり、流して走ったり、ウォーキングしたり、出てこなかったり。昼開催だと見れないのですが、ナイターだとちょうど昼ごろに指定練習がはじまりますので見れるということです。

指定練習では誰と走っているか、流しているか、ダッシュ系の走りをしていたりなど実はチェックできるとことがあります。

いつもと違うことに気づいたり、体調面に反映していたり。セッティングを変えたときに結構ガシガシ走るなどわかりやすい選手がいてたりします。

指定練習ではそういう見方ができますので私的には意味があるものになっています。

菅田選手は基本出てきます。集中する方なので、クリップバンドを止めて周回するまでに声をかけちゃいます。

私はそれで終わり。いつもとどう違うかのチェックとあとは写真とってます。練習の邪魔はしたくないので。

たまに、こうやって視線感じるので、そのときはレンズ向けずにアイコンタクト。

管理中なので、会話とかできませんのでこれだけ。でも、この中でも感じ取れることはたくさんあります。

あとはいい成績と、安全を祈るだけ。見守ることしかできませんが、それに応えようとする選手たち。

1日目は7R人気する小林莉子選手の後ろにうまくつけました。

自分的には、去年の函館の一般戦を思い出してしまい、感極まるものが。絶対に離すな!

少し離れてしまいましたが、大谷選手にとられることなく位置を死守し、初日3着。結構うれしかったな。

2日目、自転車で一番先に出てきたのは明珍選手

いや、こっち見てにこにこされてますが(きっと気のせい)。

ジャージのことは選手の方にたまに言われることがあります。

その中で、明珍選手は私の作った気持ちと菅田選手の気持ちを知ってくださっていて恥ずかしいやら、なんやら。

2日目は11Rの最終レースです。2日目の大トリのレースでそれだけで緊張します。

終始、高木選手の車輪側に視線が落ちてるので、ついていくのでしょうね。

展開スローにならないだろうし、ついていければ上位は狙えるはず。

離れたものの、追い込んで3着。選抜戦にコマを進めます。

3日目今日も先に出てきたのは明珍選手。誰が一番最初にでてくるか予想するのが楽しみだったりします。

カメラを向けていると、ウォーキング中の小林選手がこっちに手を振ってくださって、びっくり。

基本、選手と交流しないものですから、あまり知られることがないのですが、ジャージで見つけてくれたようです。

小林選手:あれ、がっちゃんの幕のひとだよ

鈴木選手:幕の人?

小林選手、高橋選手:あれ!

鈴木選手:え?

小林選手、高橋選手:ほら、あれあれあれあれ

鈴木選手:あー

なんてやりとりが見れて楽しかったです。

選抜戦、私にしてみれば決勝みたいなもの。落ち着いてって言いたのに、自分が落ちつかない。

ホームから上がっていって、前のほうをとってから、みんなが仕掛け始めたので、奈良岡選手につけるような形に。

今から、思えばこのタイミングしかなかったように思いますが、後ろから中川選手が上がってきてレースが動き出します。

こうなると、前も横も詰まってしまい、コースがなくなってしまいました。開くのを待つしかないのですが、ここは悔しかった。

楽しかった3日間。いつもの開催と違い、お祭り騒ぎの3日間。

たくさんの声援を聞いて帰りに思い出して涙。またこの声援を聞きたいものです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年も弥彦へ

2017-10-31 21:54:01 | 菅田賀子選手

弥彦は自分の中の想いいれの地

のんびり流れる時間が自分にあってるのと、菅田選手を育ててくれた地なので

ことしも弥彦神社へ。ちょうど菊祭りの準備中でした

9時半ごろだったんですが、人が多くて。


去年、成績向上を願掛けしてかなえてくれたので、もう一つおねがいしてきました

『優勝祈願』

きっと願いは届くはず。


今年も4枚送らせていただき、ホームに新潟幕を掲出していただきました。

放送では入場の時には見切れてましたけど、ここって地元選手とかシリーズリーダーの分を掲出していただけるところ。

本当にうれしいですね。主な出場選手のところにも名前入れててくれてましたしね。

特に場所の指定しているわけではありませんが、場のほうでご配慮いただいてます。


1角に2枚。そういえば、並べての掲出って初めてだったかも。


ホーム側に1枚、ありがとうございました。


初日の指定練習、確か出てなかったですよって教えていただきました。

弥彦も番号表みれるんです。


なので、横断幕はバンクに出て初めて気づいた形だったかもしれません。

1日目、ちょっと気づいた様子でした。


脚見せの時、通り過ぎるときにちょっと横目でみててくれてました。

これが私の想いだし、弥彦のご配慮だし、何か感じ取ってくれればいいなあ。


前走のとき気づいたのですが、スポンサーついたんでしょうかね。

スポンサージャージですね。コツコツやってきたのが認められたみたいでうれしいですね。


後ろ側。スポンサーがつくということはいろんなもの背負ってるてこと。がんばって宮城背負っていこう。


ここから、1日目の様子と2日目の様子を混在です。

5番車が初日、1番車が2日目。2日目は雨が降ってまして。

結構寒かったです。


息入れの後、もう一度落ち着かせてました。

結構、緊張してたような感じに見えました。いつも思うのは私の勝手な想いからそういう状況作り出してないかなって。

なので、基本的にはホームで見ません。バンクサイドにいてるときはホーム以外です。

弥彦だけはホームにいさせてもらってます。


さあ、歯を食いしばってがんばっていこう。

1日目はバックで見てました。いつも応援していただける人たちがそれぞれ分かれていただいて応援してくれました。

いつも応援してくれてありがとうございます。

3日とも前を取りにはいきませんでしたね。基本、後ろからの組み立てになりました。


2日目は尾崎選手の後ろ、取り切れればってかんじだったんですが、大谷選手にとられてしまいます。

尾崎選手が外に持ち出すので外有利に自然となるってこともあるんですが。


ずっと前と差し込み気味で回ってたし、引かない気持ちで十分に走れていますが、、、


不利なところをもらってしまい、なかなか思い描くレースにならなかったですね。

それでも、気持ち切れずに3日目は後方からハナ切っていきましたしね。

なにか残せれば、何かつかみ取ってくれればいいのですが。


私的には声かけられないぐらい悔しかったです。

でも、いつも前見て頑張ってくれているので、今はそれで十分。

弥彦でいいところが見たい。直線があるので、後ろからでもいい。

来年、絶対にここで活躍できるようにがんばっていこうね。

 

ーちょっと番外編ー


いつも絡んでいただける伊藤克信さん

去年から、いろいろとお話しするようになりました。

私がいつも菅田選手を応援してるのを知ってくれてて、菅田選手のことをデビュー前から見ていただけてるので、放送でも話題にしてただけてることが多いです。

他場は走りのことに触れることはあまりなく、ブログの話題だったり家系の話だったりですけど、走りのことは弥彦のほうが出していただけてます。印ついてなくても短評はいれてくれますね。

毎年作っているカレンダーを贈ったのですが、スタジオの控えに飾ってくれているとのこと。

ありがとうございます。

そして、お客さんとの対話もあるのが弥彦ですが、私のことを話の中にいれてくださり、、、

ん?これって放送乗ってないかい?

帰って録画みると、普通に入ってました(笑)

いい思い出になりました。ありがとうございました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

松阪で7勝目

2017-09-03 01:14:43 | 菅田賀子選手

昨日は見せ場なく、最終日一般戦となりました。

最終日は行くことを伝えてあるので、自分のタイミングで出るとは思います。

精神統一してから、いい枠番なので、前がほしいところ。周回は2番手から。

最近は1号幕のときにいい成績が上がるので1号幕で。5号幕はいまのところ送付の問題が解決していません。

一度後ろ確認しました。動く選手を確認。

白井選手がイエローまでもっていってレースが動き出しました。

白井選手と元砂選手でやりあってその後ろが絶好のポジション。あとは出るタイミングが後ろが動いて出なきゃならないようになるのか、自分のタイミングで出れるのか。

2角出口で仕掛けました。後ろつけてるので捲くりきってくれればいいのですが。

白井選手、元砂選手が抵抗、楽々とはいかなかったけれど差し切って7勝目

差がなかったので半信半疑ですが一般戦でも取りこぼしなくていい感じ

自転車取りに来た田中選手が祝福してくれてます。

ひとつひとつ頑張っていこう。テーピングも擦過のあともまだ痛々しいけど、コツコツやっていけばおのずと成績はついてくるはず。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

すげえな

2017-07-31 23:09:50 | ぎゃんぶる

CRジェットアローⅡ号γ

先日、ジェットアローが発売されました。

実は、プロトタイプの台を見てるんですが、そこからかなり進化してて正直びっくりしています。

一発台ライクな台の開発、コンビゲージを使いたい、アナログ抽選にこだわりたい、ラウンド消化が終わっても、払い出しが続くようにしたい、ふらっと寄ってちょっと勝負みたいな台にしたい、、、等々

その時の話を思い返しながら、すこし書き記したいと思います(たしか2年前の今頃のはず)

 

プロトタイプの台は確かこの風車がなく、直にアタッカーでした。

3,000円ぐらいで1発だったと思いますが、ここが変更されていてセイヤ式になってます。

最初行った店は500円ぐらいで一発でしたが、2店目は800円一発、明らかに癖があります。

ここは差が出るところ。

 基本的な見方は角度のある命釘ですから大体内へたたいてきます。

縦メインがある台はコンスタントに入賞しますが、横がメインとなるとかなりばらつきます。

下の三連は極端に落とされてないこと、その上は上向きになっていること(落とすと極端に減ります)

命釘を含む平行四辺形の形で見切りますがどの釘もたたくので、キーになる釘(目安になる釘)がなく難しいです。

コンビゲージで命釘は触らず、周りをたたかれることが多かったですが、命釘下の左に2番目の釘(横コースの要になる)

谷出口の2本を変えてくることが多かったです。この台ではジャバラの下に1本あってこれが曲者

スランプを作るめちゃくちゃ大事な釘になってます(開発の時もあった)

あと、チューリップがあるんです。で、入賞で鳴くんです(笑)

これ大事(笑)

一回交換とかで営業してほしいとその時はおっしゃってられました。

その時の台は2回ワンセットで終了でしたが、4回転時短中にVゾーンに入ると権利に入り続けるというスペックが発売機種のメインで、めちゃくちゃそそります。

2年の間に進化を遂げて発売された状況を思い返して完成形を見てみると、すごく市場に出るまでに試行錯誤されているのがわかりますね。

私的にはV穴→Vゾーンに入るこの間が一番気に入ってます。

めっちゃ負けたけど(笑) なんか、イベントやるようないい店においてほしいなあ。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

まじか!

2017-07-31 21:41:27 | 家パチ

連絡があって、出てるよって
待ち焦がれてた
ドット欠けらしいけど、思い出の一台
これで青春時代分は完結
なんとかおねがい

そして、、、

で、無事入手できました。営業釘そのままですね。

ドット欠けもコネクターを抜き差ししただけで治ったので、接触不良ぽいですね。

なんでこいつにこだわってたかというと、初めてアルバイトして一人で打った台がこれだったんです。

俊徳道のパーラアヘッド(閉店)にありましてね。

パチンコ自体は親と行ってたので、手打ちのころからしってますがやっぱり自分自身で行き出したころの思い出も強くて。

1と2がありまして、1が保連機、2が特殊連機 連続回転云々は2のほうです。

アヘッドにあったのは1の保連機でたしか37→49のラッキーナンバー制。

40回以上は回ってましてね、なぜかメインストリートに置いてたんですよ。

Fフラッシュとかまだあったころで機種構成もう忘れてしまいましたが、、、後ろがFレジェンドだったかな。

Fマキシムの攻勢でドラムばっかりだったような気がします。

で、想いにふけって回してると、、、

「プシュー」

あ、やな予感。裏確認すると、煙噴き出してました(笑) 

 

コンデンサが割れてます、これですかね~

というわけで、お預けとなってしまいました。

でも逆に考えると出品者側で破裂してたら、出てないかもしれませんね。

これね、なぜか本当に出てこないんですよ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

待ってましたの6勝め

2017-07-24 23:32:49 | 菅田賀子選手

復帰戦からみなし点回避で連続出場し、点数は下がったもののきっかけとなったレースが6/23からの青森

ギアを3.71にして最終日は3.79としました。そのときの伸びがよくてめちゃくちゃ印象に残ってて

たちかわの追加入ってすぐに飛行機とりました

5勝目飾ったのもたちかわだし、この節がターニングポイントになるはずっておもったんですね。

初日(今回は望遠のカメラもってないので写真が鮮明ではありません)

たちかわでいろいろ見た中で2C~3角にかけてが一番応援しやすいところだったので、そこで見てました。


敢闘門は奥まってるので見えないですが、ほぼ真横からでバックストレッチを正面に見ることができます。


初日はいいタイミングから持ち出しての4着。最後差されちゃいましたが、悪い状態でもありません。


タメてタメてからの差し切り、自力があるからこそ差し切れるそんな片鱗のレースでした

2日目

曇り~雨がぱらついていてカメラ出せない状態。なので写真はありません。

いつも一緒に観戦していただいているお友達と一緒に見てました。風はホーム向かい風の状態で前を駆ける選手は少し不利な状態。

2017年7月23日第4回立川市営報知ゴールドカップ(FII)6R

なんと、いいタイミングから外に持ち出して差し切りました。予選1着は初(2着はあります)、2015年10月3日以来

 

ポイント1.早めに踏んで石井選手の飛びつき狙いが成功します。梅川選手から後ろを死守しました。

ポイント2.梅川選手が前に出ようとすると、切り替えました。

ポイント3.梅川選手も外をまわって脚をつかってますから、4角出口までに先に元砂選手より先に出てしまえば。

その展開は見逃していません、ここから「菅田、踏めー」って、ダイジェストにも叫び声残ってますね(笑)

角度的に半信半疑ですが、差し切ってることを確信。

勝ったこと伝えたけど、いつ差し切ったの分かったんだろうね

 

3単、3複で37万overでした。これまでの最高額を更新。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オッズパーク プレミアム パーティー 2017 in 福岡

2017-07-04 23:35:07 | ぎゃんぶる

前回の東京に引き続いて福岡にいってきました。

今回は結構落ち着いた感じ。やっぱり大阪東京のほうが集まりやすいのでしょうか。

今回は上位ステータスの辞退のおこぼれをもらった感じでちょっと遅めに通知が来ました。

司会は各公営競技のゆかりのある方が登場。

競馬からは竹之上さん、オートレースからはAKIさん、競輪からは橋本さん。

これだけでも豪華に思える(笑)


競馬からは名古屋競馬 加藤聡一 騎手
オートレースから浜松 鈴木圭一郎 選手
競輪から愛知 長澤彩 選手 岡山 三宅玲奈 選手

最初はみんな硬かったんですけど、やっぱり聞き出し上手なんでしょうか、各競技にゆかりのある人がいろいろ引き出しがあってその選手の良さを伝えてくれます。

竹之上さんは加藤騎手の戦歴をを持ち上げ、これだけすごい選手なんだというアピール。

かなり、謙遜されてました(笑)

AKIさんはオートレースが好きなんでしょうね、オートの魅力を語ります。

その中で鈴木選手の魅力を伝えます。他の選手との考え方や捉え方の違いは、レースを見ながらここが違うって語ってました。


橋本さんはガールズケイリンの華やかさ、女性が公営競技に出ることの特殊性を強調してました。

三宅選手は大家族の中で姉妹レーサーの話を、長澤選手はコレクション優勝で賞金ランキングが拮抗している中で、2位ではなく現在1位であることと、結婚報告の話をされました。本人から聞いたの初めてきいたかも。これはこれでレアだったかも。

このトークショーまではみんなこの写真見ても硬い表情がうかがえましたが、それぞれの競技の良さを語りだすとそれぞれに表情が柔らかくなり。

後半は出演者も楽しんでました。お客さんからの質問コーナーです。

加藤騎手
Q 場内アナウンスは聞こえるか?
A 聞こえないけど、声援はめちゃくちゃ聞こえる

鈴木選手
Q なぜそんなに速い?
A 速いといわれるよりも、うまいといわれないとまだまだ。


長澤選手
Q 一番のライバルは?
A 一人というと決められない。106期のなかで上位、仲がいいけど負けたくない。4人に勝ってないので勝ちたい

三宅選手
Q 師匠は大前選手ですがなぜ三宅選手を選ばなかったのか?
A 猪頭選手のラインで紹介。50になっても第一線で頑張っている

4人へ質問
Q オッズは見ますか?宿舎での過ごし方?

加藤騎手
A 名古屋競馬はオッズは見れない、新聞で知るぐらい
繰り返しレースを振り返る

鈴木選手
A オッズが見れるところと見れないところがある。
試走でタイムが出てもよくないことがあるので、よくないと思ったときに買われてると、買わないでって思う。タイムではなくエンジンの音で判断してほしい。本場で走ってて調子があがる音が聞き分けられるのでぜひ感じてほしい。

長澤選手
A 勝たないととおもうとプレッシャーになる。人気がない時のほうが燃える。コレクションは、あのメンバーのなかで買えないのでやってしまったと思った。

三宅選手
A 人気にならないので、お客さんにとったよと言われるとうれしい



他の競技の話を聞くと、やっぱり興味がわいてくるもので特にオートの鈴木選手の話は映像を交えてプレイバックで解説付きでした。競走のプレイバックは一番説得力があるし、やっぱり引き込まれます。

オートで突っ込んで引かない場面は芯のある選手でしかできんのだろうなと思いました。

最後は、各選手が用意したプレゼント




長澤選手が引いた番号は、、、



私がいただきました(笑)去年に引き続いての快挙。ありがとうございました。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加