徒然地獄編集日記OVER DRIVE

起こることはすべて起こる。/ただし、かならずしも発生順に起こるとは限らない。(ダグラス・アダムス『ほとんど無害』)

本気で信じている人間は誰なのか/湘南戦へ向けて

2015-08-10 19:02:03 | SHIMIZU S-Pulse/清水エスパルス2015
評価が拮抗しているのならばともかく、もはや保存会の皆さんを除けば結論は圧倒的であると言わざるを得ない。大榎克己にこれ以上期待するのは彼にとっても酷である。
と書こうと思っていたところで大榎克己辞任である。
この結果では、どう見たって今回の辞任に是非はない。多くのサポーターは遅過ぎたと感じているはすだろう。今シーズンの「結果」がどのような形で終わるにしても、シーズン終了後に徹底的な検証が行われるべきで、「一部サポーター」だけではなく、疑問を抱く全てのサポーターにフロントは答えるべきだ。これは大榎辞任に憤る方々も賛同してもらえると思う。

後任には大方の予想通り、ター坊こと田坂和昭が就任した。プレーヤーとして、そして健太体制時のコーチングスタッフの中心人物として、ずっと清水エスパルスと共に戦っていた人物だ。今春、4年務めていた大分トリニータの監督を解任されているとはいえ、4年にわたるトップチームでの指導経験、健太のイメージとは程遠かった守備構築を共に作り上げた人物として、僅かながら命脈を繋いでいる清水の残留に期待せずにはいられない。
何よりも現場のマネージャーとして必要なマインド、経験、そして表現力は備えているのではないか。それはこんな言葉からも伺える。

<今思えば、この目標を掲げたことで自らの首を絞めました。みんなが目標を実現しなければならないものだと思い込めなかった。思ってくれたのはサポーターでした。だからサポーターからの風当たりは強かったけれど、彼らは心から願ってくれていました。(中略)また高い目標設定は決してマイナスだけではなかった。目標が高ければ、本当の強さを発揮できる人と、尻込みしてしまう人がはっきりするのです。大分というクラブのためには、誰が本気だったのかわかったことで、きっと次に繋がると思います。>(「さらば、愛しの大分トリニータ 田坂和昭監督が語る大分での4年半」『フットボール批評 06』2015年)



大榎辞任に関してどんな話し合いが行われたのかは不明だが、事態は昨シーズンよりも深刻で、ター坊にかかるプレッシャーも大榎の比ではない。
スタート、リセット、リスタートのタイミングはサポーターがゲームに関与できる絶好のタイミングでもある。ピッチ内での戦術、戦略を超えた「雰囲気」作りができるのは、このタイミングしかない。
プレーヤーを走らせ、湘南を圧倒するのはサポーターである。まず勝利と、そしてここから始まる残留への道を「心から願う」のもサポーターである。

地元民のみならず、残留を信じる全世界の清水エスパルスサポーターは日本平に結集されたい。地上波で放送されるテレビで観戦するサポーターも日本平へ本気の魂を送って頂きたい。
勝つのはオレたちである。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 怒りの主体として | トップ | カウントダウンが始まる/新... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

SHIMIZU S-Pulse/清水エスパルス2015」カテゴリの最新記事