『SEALDs(シールズ)』 その正体

2015年07月18日 12時00分00秒 | 日本人なら知るべきこと

 

 

 

 

 

 

 

SEALDs」 の正体は、共産党系の 「民青」。

 

民青」とは、「日本民主青年同盟」 のことで、「日本共産青年同盟」 が前身。

 

ちなみに警察庁や公安調査庁での略称は、「民青同」。

 

つまり、「SEALDs」 への参加者は、警察庁・公安庁の監視対象。

 

 

 

この SEALDs は、その前身が SASPL(サスプル/特定秘密保護法に反対する学生有志の会)であり、その後継団体であると自身のHPで紹介している。

 

さらに ex-SASPL として、沖縄・辺野古基地問題に関するアクションも行ってきたとのこと。

( 「アクション」と言えば格好良く聞こえそうだが、共産主義の反体制運動のこと )

 

 

また SEALDs の中心メンバーの一人に東京学芸大教育学部4年加藤友志(22歳 ・ 浜松市中区出身)も入っているが、彼は民青系全学連委員長

全学連 = 全日本学生自治会総連合

 

 

 

 

↓ 使用機材に 「首都圏反原発連合」 のマーク。

 

 

 

SEALDs の車 『練馬 800 さ 51-47』 は、 全労連の車でした。(真っ赤っ赤

 

 

 

 

 

上のように、共通したデザインはデモで使用される 『パネル』 にも出てしまった。

 

 

↓ 共産党の 「怒りのブルドーザーデモ」 (参考画像 3枚)

 

 

 

↓ 上記の共産党 「怒りのブルドーザーデモ」 の時のパネル

 

↓ SEALDsによるデモで使われたパネル

 

 

 

 

 

 

↓ 「報道ステーション」 に、若者デモ団体SEALDsとして出演した伊勢桃李が共産党池内さおり議員と

 

 

↓ 伊勢桃李のチマチョゴリ姿

↑ チマチョゴリを着るのは小1の時以来、14年ぶりでとても楽しみだったそうです

 

伊勢桃李 『日本人って世界で言えば超マイノリティだからな。 なめんなよ。』

 

 

 

↓ 呆れることに、茂木健一郎は twitter で 「SEALDs にノーベル平和賞を!」 とツイート。

 

 

↓ SEALDs の首謀者・奥田愛基(中央)の父親(右側)と茂木(左側)は、共著を出す関係

 

 

 

 

 

↓ SEALDs と シバキ隊(CRAC) はズブズブの深い関係

 

 

 

 

↓ SEALDs と シバキ隊 はズブズブの深い関係、その2

 

 

 

↓ 中央がSEALDsの奥田愛基、昨年7月のしばき隊の中指デモの時?

 

 

 

↓ SEALDs奥田愛基(左端)、昨年11月東京大行進で共産党小池議員(右端)と元SASPLの島菜々子(左から2番目のチマチョゴリ姿)と

 

 

↓ 左から、李信恵、伊藤、木野、SEALDs奥田愛基

 

 

 

 

 

SEALDs が使った車 『練馬 800 さ 51-47』 が、全労連の車だったことに関して、

 

ツイッターでの指摘に対し、たまたま空いていたから借りた』 と、後日の説明。

 

全労連とは、そういうことが出来る関係である と、奥田が自ら告白してしまった。

 

 

 

 

 

1970年代の学生運動の頃は、学生にもタオルなどで顔を隠すくらいの知恵はあった。

 

 

 

何も考えない現代の日本人の学生や、その親に忠告

 

今の SEALDs の活動に参加する時は、自分の人生を掛けて、よくよく考えること。

 

共産主義者と認定されると、自分のみならず親戚の就職にまで影響を及ぼしかねない。

 

公安は、デモの参加者を記録・分析するため動画や写真を撮影している。

 

 

 

↓ 向かい側の道路から、デモ隊を監視する複数の公安担当者

 

 

↓ ネットですら 『顔検索』 が出来る時代になったんですね。 公安なら言わずもがな。

 

 

 

 

 

SEALDs も結局は民青・全労連・しばき隊・反原発連合・9条などと同じ共産党の下部組織、その暴力性も変わらない。

 

【国会前デモ】集団的自衛権に賛成の男性に対して「お前殺すぞ」

 

 

 

 

 

↑ SEALDs女子の西穂波(にしほなみ・浪人中18歳)が、自民党議員武藤貴也氏に

「てめーの体のすべての穴に五寸釘ぶち込むぞ」

と暴力的ツイートをしたためか、同アカウントは通報などにより凍結されたもよう。

 

 

 

↓ そのSEALDs女子・西穂波、アカウント凍結前の爆弾発言

 

 

① 『北海道の民青で いくから知り合いとかと行動しないでねって言われてしまった

 

② 『お金負担してもらってる 以上は文句言えんし従うしかない

 

 

「どこの民青で行動するのか」 という計画まで決まっていたんですねえ~~

 

加えて SEALDs メンバーには、金銭報酬も出ているようですね~~

 

 

 

↓ SEALDs 、朝日新聞に意見広告

 

↑ 朝日新聞の広告料金表から、このサイズの出稿料は1,000万円

 

ハンスト寄付を募っていたシールズは、この広告料の資金をどこから?

 

 

 革命思想家が多く用いる 『 拳のマーク 』 も使われていますね ↑

 

 

 

↓ SEALDs女子・西穂波(にしほなみ・浪人中18歳)と、そのお友達

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SEALDsなど反日の在日や日本共産党関係者や創価学会員には、軍事力でジワジワと近付いてくる中国共産党の人民軍より、日本を守ろうとする日本人の方が敵に見えている。

 

 

【 訂正 】 ある創価学会員の方から、「全ての学会員がデモに賛同しているわけではない」との指摘を頂きましたので、上記の 『創価学会員』 を 『デモに賛同する創価学会員』 に訂正させて頂きます。

 

 

↓ デモに賛同する創価学会員の方たちも三色の学会旗に集まっていますね

 

 

 

【 追記 】 その創価学会員の方は、「大切な学会旗を国会デモの場で晒して!(怒)」と仰っていたので、創価学会内部でもデモ参加に賛成派と反対派に分裂しているのかもしれない。

 

 

 

 追記追記 平成27年8月末~9月初めに、創価学会広報室が 「安保法案を支持している、集会やデモ参加等によって学会員が反対されているのであれば残念」 という旨のコメントを出したことを、報道各局が紹介している。

 

 

 

また 「(安保法案を支持する)今の学会に失望」 と発言する学会員のツイートも見掛けるなど、学会員同士でも意見は分裂。

 

 

 

 

 

個人的には、デモ参加への反対派は、日本人と親日の在日外国人であって欲しいな~~などと思っている。

 

まあ、そもそも在留外国人が日本国内で政治活動への参加を行うことは在留更新不許可と処分される最高裁判例があります (『マクリーン事件』 参照)

 

 

 

 

 

↑ この日本は、間違っても反日的在日外国人のものではない。

 

 

 

 

 

 

 

 

↓ SEALDs琉球の国際班と広告班担当の 金聖獻 (沖縄で韓国人としてフリーハグ活動)

 

 

 

 

ネット内の保守派は、『SEALDs』 の大部分が 在日朝鮮系帰化人 だと、初めから 知っていますがな~~

 

 

 

デモ隊の中から、聞き覚えのある のリズムの朝鮮太鼓や鉦(カネ)が鳴り響いていましたから、なおさらですね。

 

 

 

 

 

 

 

抗議活動に老人・女性・子ども、まして妊婦まで動員って、日本人には理解できません。

 

先の国会でも、一部の女性議員がピンクハチマキで、『触るなセクハラだバリケード活動』 をしましたね。

 

 

 

 

↓ 右側の人、もしや の 『ツイッター写真』 を、まさに撮っている場面?

 

 

  

ちなみに 日本人 の皆さんは、自分が在韓日本人だと 仮定 して、「朴大統領は辞めろ」 とか 「朴政権打倒」 などと、他人の国・韓国政治活動 をしますか?

 

 

 

【 おまけ 】

 

 

↑ 韓国内デモで使われたプラカードと全く同じものを、日本共産党も使用 ↓

 

【 おまけの おまけ 】  ガード下を通過するときは高さ制限などに注意しましょう。

 

 

 

 

海外から非難のコメント

ウォール・ストリート・ジャーナル誌は昨日、安全保障関連法案に対して、5月の結成以来抗議活動を続けている「SEALDs」を特集した記事を掲載。

海外では抗議デモが日本よりもはるかに一般的ですが、今回の日本のデモに関しては、見当違いと考える外国人が少なくないようで、コメント欄には厳しい声が相次いでいました。

 

 

■ マンガでも読んでろや。 中国の脅威から目を逸らしてるのか? 今の自衛隊のままじゃあっという間に一掃されるぞ? タイ

 

■ 色んな脅威や他国からの侵略から国を守れない。 そんな独立国家は存在しないんだぜ……? 国籍不明

 

■ あの単純な学生たちは、そう遠くない内に中国の被害者になるだろう。 お子ちゃまたち、目を覚ます時間だぞ。 アメリカ

 

■ そのままデモを続けてくれたまえ。 彼らには、他国の脅威を心配する必要はないようだ……。 国籍不明

■ 世間知らずなお子様たちねぇ。 あなた達、中国のことはどうするつもりなの? アメリカ

 

■ 日本人じゃない俺でも、日本の為に戦った男たちに敬意を抱いてる。 日本の学生はぶっちゃけダメダメだな。 フィリピン

 

■ あの「学生」たちは、自国の領海に滑走路を作られたとしても、ああやってデモを続けてるんだろうか。 インド

 

■ 彼らの背後では、当然かの国が糸を引いてるんだろうなぁ。 アメリカ

 

■ 無知な学生たち。そう言わざるをえない。 アメリカ

 

■ 中国が日本や他の国への侵攻を始めたとき、彼らはアベ首相が防衛力を高めたことを感謝するだろうね。 台湾

 

■ 共産党がデモ隊にお金を渡してるんでしょ。 アメリカ 

 

■ 日本の若者たちは戦争についてそろそろ学んでいかないと。こういうのもアメリカの保護にあまりにも頼りすぎた結果だな。 アベ首相は正しい方向に進もうとしているし、日本のためになると考えて行動してるんだよ。 イギリス 

 

■ あまりにも世間知らずだ。なぜ彼らは中国の領海侵犯には抗議をしないんだ? 彼らは見当違いをしているように思える。日本の学生がこんな愚かだとは今の今まで知らなかった。 アメリカ

 

■ 哀れだな……。日本の再軍備は時代の要求だろうに。 ドイツ

 

■ この学生たちは、自国を守ろうとしてる政府を非難する前に、まず拡張主義を採ってる中国のことを考えろって! 国籍不明

 

 米軍が一年中日本の権益を守ってくれてるんだから、こういうデモ活動も気楽に出来るでしょうねぇ。 アメリカ

 

■ それにしても、もし中国と戦争になったとき、日本の学生たちは誰が自国を守ってくれると考えてるんだろう? アメリカが守る義務を負っているとでも考えてるんだろうか? 国籍不明

 

 

9割5分近くはデモに対して、正確にはデモの内容に対して、少なくともポジティブとは言えない意見だった印象です。特に中国の脅威を挙げ、それを無視する事の愚かさを説く声が目立ちました。

 

 

 

 上記コメント投稿の皆さんは、SEALDsが日本人学生による自発的運動だと信じているようですね。

 

 

 

 

 

 

              

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『領土拡大』へ 中国の本気 | トップ | 「安保関連法案に反対するママの... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む