みりんの徒然声

日々、感じたことを日記や詩でお届けします

みりんの徒然声 ご挨拶

2016-10-15 21:04:37 | 日記
月が白く、丸い。寒さで息も白い。指先がひりひり痛む。仕事の帰り道をとぼとぼ歩く。なにもうまく行かない。仕事に行くのが恐怖なのは久しぶりだ。接客業は向いていると、思っていたのに人と話したくない。苦痛の毎日。人と話したくないと言うより、気の会う人と話したい。仕事中も泣きたくて、髪をかきむしりながらそれでも挨拶だけはしようと思う。ありがとうございます。すみません。お疲れ様でした。誰とも繋がってないけど挨拶だけはする。今を越えれば、強く願えば、叶うこともあるかも知れない。最近、母親の具合が悪い。文句わや言えどあたしが一人になるのは思ったより早いかも知れない。だからあたしは願う。気の会う人と暮らしたい、と。それと挨拶、関係ない。でも言葉を無理にでも話さないと本当、話せなくなりそうで。今はリハビリなのか?あたしはどうなるのか?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« みりんの徒然声 一緒に居たい人 | トップ | みりんの徒然声 ナラタージュ »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL