みりんの徒然声

日々、感じたことを日記や詩でお届けします

みりんの徒然声 一緒に居たい人

2016-10-13 21:23:13 | 日記
いっそ男に生まれていれば親友の子供を引き取って親友と一緒に暮らすのに、と思って親友はそんなこと思わないだろう、第一あたしが男なら親友になっていたか分からないと少し笑った。あたしの思いはいつも短絡的で衝動的だ。でも親友と暮らせたらいいのにと本当に思う。いつまでも学生気分が抜けないのね、親友はもっとリアリストだ。あたしは本当に寂しいんだな。誰かと暮らしたいんだ。結婚とかじゃなく、気の合う人と安心して暮らしたいのだ。ため息を吐ける場所欲しい。ここから逃げれるなら誰かの為に頑張れるなら年齢、性別問わない。一緒に居たい。毎日少しでも笑いたいんだ。言葉はいらない。意味ないから。側にいること、それが大事。ああ、誰か一緒に暮らしませんか?
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« みりんの徒然声 親友に捧ぐこと | トップ | みりんの徒然声 ご挨拶 »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
母親になると (まなみん)
2016-10-14 23:52:50
嫌でも現実を見ないといけないんだと思います。
一緒に暮らすのは立候補してもいいですか?

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL