みりんの徒然声

日々、感じたことを日記や詩でお届けします

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

みりんの徒然声 お客様は神様ですか?

2016-12-24 13:15:59 | 日記
クリスマスが来て、それが過ぎればお正月。師走とは良く行ったもので年末は慌ただしい。特にイベントもないあたしは慌ただしく過ぎる日常に疲れている。慌ただしいせいか、変な客ご多い。理不尽なクレームが何と多いことよ。愛想笑いが顔面に張り付く。お客様は神様です、なんて最初に言い出したのは誰だ?小売店の悲しさか。訳がわからない。客なら何を言ってもいいのか?理不尽なことを何時間も攻められた上司が、お客様にお叱りを受けました、なんて神妙な顔で言っている。そりゃあサービス業だもの客のクレーム受けも仕事の内だけど、時給820円では怒られるだけ消耗し、リターンがない。ハイリスク、ノーリターン。これがパートの悲しさか。でもさお客様は神様じゃないよ、人間だ。あたしも人間だ。人間同士、尊重しなくちゃ。なんで皆、そんなに偉そうなのか?ちょっと考えてみてよ、あなたの子供や大切な人がこんな風に怒鳴られていたらあなたはどう思うんだい?火の粉が自分だけかからなければ良いのかい?何のために言葉はあるのか?人を罵るだけなら言葉なんていらないね。と悲しいくりい消耗しているがあたしを気遣う大切な人はいない。マスクをかけた口元がへのじに曲がる。こんな気持ちになりたくてサービス業してるわけじゃない。現実は厳しい。来年は変われるだろうか?理不尽な神様ではなく、頑張るから平等な神様に会いたい。
『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« みりんの徒然声 千里の道も | トップ | みりんの徒然声 クールになれ... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL