みりんの徒然声

日々、感じたことを日記や詩でお届けします

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

みりんの徒然声 口紅何本食べました?

2016-12-13 21:09:21 | 日記
くさくさした気分で働くあたしの前を真っ赤な口紅を塗った女の子が颯爽と通りすぎた。ああ、可愛いな、と思う。口紅、特に真っ赤な口紅の似合う女の人は魅力的だと思う。ポテッとした唇が赤く染まる。可愛い、本気で可愛い。残念なことにあたしは口紅が似合わない。学生時代はそれでも頑張って似合う色を探した。かろうじて合う?のが肌色に近いオレンジ。赤なんてもっての他だった。それにタバコを吸うからか、沢山水を飲むからかすぐに落ちてしまう。タバコの吸い口に真っ赤な口紅の跡っていう親父好みな?思考もあったがあたしには似合わなかった。今までそうやって色つきリップを混ぜて何本口紅を食べたかなあとぼんやり思う。色素沈着、とかがあるなら真っ赤な口紅の似合う人の胃袋はきれいな赤色かもなあ、なんてばかなことを考えながら今日は1日過ごした。真っ赤な口紅は美人しか似合わないのかも知れない。HYDEさんが女装してやたら口紅が似合う綺麗な女性になっていて、いや女なのか?あたし?と疑問を抱いたり。今は口紅以前の問題だけどここを出て上手く再スタート切れたら少しでも口紅の似合う女になりたいと思う。その結果胃袋の中が真っ赤に染まっても構わない。むしろ願ったり叶ったりだ。赤はあたしにとってあまりいい気持ちの物ではなかった。リストカットの赤、流す鼻血の赤、飲みすぎて吐き出すワインの赤。赤色が幸せになるように口紅が似合う女になりたい。
『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« みりんの徒然声 怯えることに... | トップ | みりんの徒然声 一面の銀世界 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL