みりんの徒然声

日々、感じたことを日記や詩でお届けします

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

みりんの徒然声 偶像崇拝

2017-01-04 22:10:40 | 日記
もう随分長いこと悩んで迷って迷子になっているなあと思う。答えの出ないことを真剣に悩んで、意味もなく落ち込む。未来など誰も分からないし一瞬先は闇、とか青天の霹靂とかっていう言葉もある位だから人生みんな迷い道だ。見えないものは不安になるし信じられないから人は神様とかにすがるのかも知れない。神様だって実際は形が分からないんだけど何かを神様に見立てて崇拝する。魔除けとかお守りとかも似た者か?薄っぺらく人と付き合ってきたから全てが嘘で何を今まで、言っていたのか?とまた悩む。いっそ、あたしの人生全て嘘なら良かったのに、と思う。とんでもない虚言性で今まで話したこと、辛いこと悲しいこと全て嘘なら楽なのにな、とまたあり得ないことを考えてしまう。タバコ吸いすぎ、お酒も薬も偶像崇拝のたまものね、だから一人なんだと反省する。色々減らさなきゃな、偶像崇拝では生活できないし、むしろ何かに頼るのはお金がかかる。神頼みも金次第か、と罰当たりなことを思う。罰かー。あたしのしてきたことの罰が今ならいつあたしの懲役は終わるのだろうか?今年が時効だと信じたい。
『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« みりんの徒然声 さみしがる癖... | トップ | みりんの徒然声 雪の降る町 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL