ごまめ~の~いちょかみ・Ⅱ

趣味(落語と本)の話を中心に、ごまめになってもいちょかみで幅広くお届け

浪切亭落語~桂都んぼ改め桂米紫襲名おめでとう公演

2010-08-29 22:31:28 | 浪切亭落語
浪切亭落語ワールド番外編~桂都んぼ改め桂米紫襲名おめでとう公演




米紫襲名されてから、初めての聴く高座。
変わったのか、変わってないのか。
おめでとう公演ですな。


一列18席の小ぶりホールなので、一番端でもとても見やすい。

一、桂弥太郎・・・・・・・・・・・・・・「子ほめ」

きっちりとした、口跡。・・・・・・あまりのリズムの良さに・・・・
良く冷房が効いた中で、ウトウトしてしまったぐらい、心地よい喋り。
爆笑編の「子ほめ」になるよう、1年後、3年後、の弥太郎さんに期待でおます。

二、桂文鹿・・・・・・・・・・・・・・・・「青菜」

残暑厳しいので、まだまだ「青菜」の季節か。

この、噺のおもしろさは、何。
御大家と長屋の佇まいの差。奥様と嫁はんとの差。
広々としたお庭の涼しさと、長屋のむせかえるような暑さ。
この身近な、庶民の生活への共感が根底にある。

「植木屋はん」、「植木屋はおまえや・・。」
おから時は、文鹿さん、「大工屋はん」と・・・。
「植木屋はん」、「植木屋はおまえや・・。」の繰り返しを
客も楽しみにしているのに、もったいない。

「押入れに嫁はん、入ってるのに」と竹やんに云うてしまって、
押入れから飛んで出てくるインパクトが薄れる。

もったいないが、出てしまう文鹿さんの「青菜」でおました。」


三、桂かい枝・・・・・・・・・・・・・・「丑三タクシー」

マクラで、暑さで呆けてる奥さんのハナシ。
子供が誘拐されたと、大騒ぎしたり、新幹線の中での
やーサンとの出会いであったり、綴るだけで、ひとつの噺ができそう。

噺は、噂では聞いていた「丑三タクシー」、
深夜に乗ったタクシーの中でおきる、恐怖と笑い。
今日のは、フルバージョンなのか、短縮編なのか。
いろんな、怪談ネタをいれれるので、ドンドン膨らむ事ができる。
夏の限定の、ええネタですな・・・。来年まで、お預け・・・。


四、桂吉弥・・・・・・・・・・・・・・・・「短命」

美人薄命、いや美人を嫁にすると、旦那が薄命、早死にすると・・・。
「短命」は、お色気噺であるが、NHKご推薦の吉弥さん、
そこは、やはり、TVでも流せるぐらい、あっさりと演出。

客層の幅広い、夏休み中では、この程度がよろしいようで、
今日の吉弥さんの「短命」は、「賢明」

仲入り

口上

同期の会であり、丁度今日の五人が、
ラクゴレンジャーとしての最初のメンバー。
ここから、米紫という、由緒ある名前を継ぐものができたという事は
非常に喜ばしいことと。
今はあと、染弥さんが入ってくれますが、同期は9名いてるのですが、
あとの方は御縁が無くて、調べると、福矢、三若、春菜とくせのある面々。

終始、口上というより、米紫さん、いや都んぼさんの思い出ばなしを
次々に、ご披露というより暴露。

文鹿さんは「、見かけより都んぼさんは、攻撃的であると、
御自分で解っているので、高座にあがるときは、できるだけ
笑顔をつくっていたが、米紫になってからは、自然体になったのか
つくり笑顔も少なめで、やはり襲名は芸風を変える」と、
かい枝さんが、電話で教えてくれたのをお伝えしますと、
おいしいとこをとってしまう。

吉弥さんの吉朝しかり、かい枝、三金さんの襲名の時がくるのでしょうな。

和気藹々、同期の気持良い、襲名口上でした。

五、桂三金・・・・・・・・・・・・・・・・「奥野君の幽霊」

三金さんの、奥野君シリーズ。
奥野君の幽霊、友人の墓参りの御礼とその夜あらわれる。
天神山のパターン。・・・あまりにも、巨漢すぎて、幽霊仲間にいれて貰えず
ダイエットする。・・・・・幽霊にならなくても、現実に126㎏の体重、
地方の机を積み上げた高座では、もたないだろう。

「奥野君の選挙」、「奥野君のコンパ」、「デブのお肉に恋してる」と
今日の「奥野君の幽霊」、奥野君シリーズ、他にもあるんでしょうか、
どなたか、教えてくださいな・・。

六、桂米紫・・・・・・・・・・・・・・・・「佐々木裁き」

米紫さんの「佐々木裁き」、一段と、良かったですな。
今までの、はしゃっぎすぎてたところが抑えられ、
四郎吉の独壇場から、佐々木信濃守との共演の噺になり、
都んぼさん時代より、ずっと落ち着いた感じ。
どちらが良いとは、まだ判断つきませんが、
色々な事が試される、良い機会でしょうな。

変えるべきこと、変えてはいけないこと、
しばらく、米紫さんの落語から、目が離せませんな。



浪切亭落語ワールド番外編~桂都んぼ改め桂米紫襲名おめでとう公演
2010年8月28日(土)午後2:00開演
岸和田市立浪切ホール


一、桂弥太郎・・・・・・・・・・・・・・「子ほめ」
二、桂文鹿・・・・・・・・・・・・・・・・「青菜」
三、桂かい枝・・・・・・・・・・・・・・「丑三タクシー」
四、桂吉弥・・・・・・・・・・・・・・・・「短命」
仲入り
口上
五、桂三金・・・・・・・・・・・・・・・・「奥野君の幽霊」
六、桂米紫・・・・・・・・・・・・・・・・「佐々木裁き」


終演後の、ラクゴレンジャー・・
(桂三金の肉食系落語家日記より転載)

次回、浪切落語ワールドは、12月開催予定とか・・・。



にほんブログ村 演劇ブログ 落語へ
にほんブログ村
『芸能』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« この落語家を聴け | トップ | 料理は愛情~食堂かたつむり »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

浪切亭落語」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事