ごまめ~の~いちょかみ・Ⅱ

趣味(落語と本)の話を中心に、ごまめになってもいちょかみで幅広くお届け

鮎解禁。

2017-06-14 22:48:31 | グルメ

鮎、三種。

この前の「和菓子」という本のブログで、
季節がらの「若鮎」「鮎」の菓子を食べるぞ、
それも、食べ比べしようと書いたので、実行しなければと、
もう六月、五月の食べ物と焦って探し歩いて・・・・

ついに、本日、三匹、まとめて食べました。



京菓子處 鼓月

本町の会社の近くにある、鼓月、で購入。
ここのは、ぎゅうひではなく、わらび餅が・・・・。


菓匠 千鳥屋宗家

本町の地下鉄に入る前にある路面店で・・・。
たった二匹なのに、包装を待っている間に、
みたらし団子と黒豆茶を出して頂く・・・
律儀なので、次のお使いものは、此処でと思ってしまう。


仙太郎

最後に、天王寺の近鉄百貨店の中で探すが、
案外、「若鮎」は庶民的な和菓子、置いてあるお店は少なく
辛うじて、このおはぎなど売っている、仙太郎さんで・・・・買う。

三社三様で、甲乙付けがたいし、わらび餅の鼓月さんだけは解るが
あとは、食べてしまえば、まるっきり一緒、美味しければ、すべて良しでおます。


ああ、買う時には、「バラでも良いですか」・・・・「それでは、二匹」と、
やはり、鮎だけに、「二つではなく」思わず「二」と言うてしまいましたな。

あとは、今月は6月30日に、“水無月”を食べんとあきまへんな・・・。


にほんブログ村に参加中。
クリックで応援、よろしくでおます。
↓↓↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へにほんブログ村

にほんブログ村 演劇ブログ 落語へにほんブログ村

読書ログ - 読んだ本を記録して共有する読書コミュニティ


ジャンル:
お菓子
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いつも同じお題なのに、なぜ落... | トップ | 夕陽丘寄席 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL