ごまめ~の~いちょかみ・Ⅱ

趣味(落語と本)の話を中心に、ごまめになってもいちょかみで幅広くお届け

場違いな私~BLUE MONK ナオユキ

2008-12-12 11:12:37 | 落語
・・・・・・・・・・・・・・・・かっこいい・ナオユキさん・・・・・・・・・・・・・・・・

JAZZ・BAR、BLUE MONKで
いつもの落語の会場の雰囲気とはえらい違い。

ファショナブルな若いお客さんが20名強、その中で、
「えらい、場違いのオッサンが来てるで」と、私を見て
周りのお客さんも、ナオユキさんも思っているのではと、
シャイで寂しがりやの私は、お尻が落ち着かずムズムズ。

これなら、私の仲間を連れてこれば良かったと、
でも、それは、場違いの二乗になるだけ。とさらに反省。

でも、一番前で見たのは正解ですな。
見えるのはナオユキさんだけで、後ろのお客さんは見えず、
それほど気にする事がなっかった。・・・・・・とほほ。

オイオイ、笑いに行ってるのか、気を遣いに行ってるのか。
はっきり、せえよ。・・・・・
・・・・いやいやいつもの雰囲気とは違い過ぎまっせ。

一部、二部、それぞれ、30分の熱演。
いや、いつものボソボソの呟き。
内容は、段々、日常具体的に、変格活用。

観察力、洞察力は凄い。・・・思わず膝を打ち、
「そうそう」と、「そんな事あるかい」が
交互に、私の心の中で突っ込む。

二部が終って、コートを着て帰りかけると、
ナオユキさんが、再び舞台の方へ戻って来られ、
私と鉢合わせ。・・・まだあるの・・と思いながら。

ご挨拶。・・「中津でお目にかかったごまめです。」
「ますます、癖になって、溝にはまりそうです。」と
言って、もっと話したいのになぜか急いで会場を出てしまったが、

言葉足らずで、ナオユキさんの芸を溝(どぶ)と言ったように
聞こえたのでは無いか。・・・急いで出たのを
おもしろ無かった、つまら無かったと思われたのではないか。

と、くよくよと思いながら、帰路についた・・・、
ナオユキさん以上に、「悩める子羊」、ごまめでおました。

お話は、おもしろかったですよ。・・・・私は、二部より
つかみどころが無い一部の方がなぜかお気に入りですが。

今年の暮れになって、はまった、ナオユキさんでした。


2008年12月12日(金)午後8:00開演
本町・BLUE MONK

ナオユキ・・・・・・・・・呟き
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加