ごまめ~の~いちょかみ・Ⅱ

趣味(落語と本)の話を中心に、ごまめになってもいちょかみで幅広くお届け

51回常盤寄席

2009-08-21 23:13:17 | 常盤寄席
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・常盤寄席の玄関・・・・・・・・・・・・・・・・・



・・・・・・・・・・・・・・・・・天満橋からの黄昏の中之島・・・・・・・・・・・・・・・・・

一、笑福亭智之介・・・・・・・・・・・・・・・・「米揚げ笊」

この噺、良く聴いているので、色んな人がと思いきや、
私が聴いているのは、ざこば一門と笑福亭だけ。

上る、高いという言葉に、ドンドンエスカレートする
北浜の相場師のもっと舞上るさまを見たかった気はしましたが
智之介さん、安定感があって、この日一番楽しめましたで。

二、桂ひろば・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・「天災」

あじゃくれもんが、おとなしく見える。
「ボーンとどついて、鼻血がダーツと」、この何をすんねんと思わす
ここでのあじゃくれぶりが、この噺の勝負どころ。

師匠のざこばさんや、雀太さんの、ごんたくれさは無い。
新婚三ヶ月の甘い生活に浸っているひろばさんには無理でっか。
喧嘩でもした時、一発、ボーンと嫁さん殴ってみなはれ、
すべては「天災」といや、「芸の為」といえるのか、
「離婚」騒ぎになるかは、保証しかねますが。


三、林家竹丸・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・「立候補」(三枝作)

子供会であるが、選挙の話。まさにタイムリー。
主人公のたけし君の名字は、小沢。
他の立候補者は麻生と鳩山君。
特に、麻生君は、実際の公約も口のいがみも同じ。

竹丸さん、染太さんの半分の体重とか。
なぜか、重みのない、誰に、いれようか、
私も迷う選挙戦でしたな。


四、林家染太・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・「夢八」

大いに期待しましたが、まだ完璧ではないようで・・・。
また、この噺の難しさ、・・・ようみえましたで。

特に、床を叩いて、次の朝まで一気にかけ上るところで、
二度も、三度も、暑いですなと、汗を拭く染太さん。

熱き夢八の世界が、現実の会場の世界ヘ、クールダウン。
もったいない。

・・・ずっと八兵衛と一緒に、夢、見続けさせてくださいな。
また、次の機会での、「夢八」、期待してまっせ、染太さん。
常盤寄席は、勉強会、遠慮せず、一年以内にも
再度、常盤寄席でかけてくださいな、楽しみにしてまっせ。

でも、若手の勉強会、51回目、ご三人さん、立派でおますな。


2009年8月21日(金)午後7:00開演
51回・常盤寄席
常盤漢方薬局ビル5階


一、笑福亭智之介・・・・・・・・・・・・・・・・「米揚げ笊」
二、桂ひろば・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・「天災」
三、林家竹丸・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・「立候補」
四、林家染太・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・「夢八」

09-59-270






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

仁智師匠の智之介さん応援~常盤寄席

2008-09-19 11:00:51 | 常盤寄席
智之介・ひろば・染太・三周年記念扇子


満員の50名。智之介復活祭で大入。
若い女性客、多し。若手の会からか・・・さほどイケメン揃いではないが。


一、桂ひろば・・・・・・・・・・「みかん屋」

台風の中、巨人阪神戦天王山の中、
ようこそのお運び厚く御礼申し上げます。

先日、6日間、こごろう兄さんと、北海道ヘツーリングに行きました。
ブログにこごろう兄さんが、こけて、バイクに傷がついたと書けば、
こごろう兄さんの携帯に心配の連絡・・大反響。
からだはなんとも無いのに、多少擦り傷ぐらいつけんと
大阪ヘ帰られへんと、ヘンな、気遣い。

また、北海道に、地震があると、大阪からすぐさま
私の携帯に、佐ん吉、吉弥さん、そして吉の丞から
「大丈夫ですか」と電話。・・・・・吉朝一門は律儀。
我が、ざこば一門は冷たいなぁ・・・。

そして、ひとつもかかって来ないこごろう兄さんにチョット優越感。

噺は「みかん屋」・・頼りない男が教えられたとおりに
みかんを売り歩くが、人の良い長屋の連中に助けられる。

最初一円で買うたモノ、何ぼ可哀相というても
二円五十銭で買うたるとは・・・昔は良かったですな。
今や、せちがない世の中、商いでも相手を助けるという
余裕は無くなりましたなぁ。

ひろばさんの噺。・・・いつも、しっかり・・・優等生タイプ。
アホがあと一枚、拡がると、最高でおまん。


二、笑福亭仁智・・・・・・・・「ヘイ・タクシー」


智之介さんの復活祭。仁智師匠の応援、飛び入り参加。

まずは、小型飛行機による但馬空港への旅のはなし。

乗り物から、大阪駅で待っている「タクシー」の話ヘ。
「六人乗込んで、無料バスがあると、止めるおばはん」
「四条河原町東入る解りますか、・・・・・・・・
阪急で行くのと、JRで行くのと、どっちが便利ですか」

流すと、
「要領の良い、小学生に騙され」
「お願い4000円で行ってと頼まれ、
着くと、10000円札を出す客」
「酔っ払いで、駄洒落を連発する客」

仁智さん演じるタクシーの運ちゃん。
今日は、ついてないと言いながらの、苦笑いが、かわいい。

次から次へと、パワフルで楽しい客が登場。
お題は「ヘイ・タクシー」か。

仁智さんの、新作古典の名作の数々、
「ハードラック」「源太と兄貴」「スタディ・ベースボール」
聴いて見たいと思っていれば、なんと10月26日
笑いのタニマチで、なんと一挙、4編の一人舞台。
でも、予定が入っている・・・・調整しよう・・できるかな。


三、林家染太・・・・・・・・・・「軽業」

元気はつらつの「とったら、もぎとり」の軽業。

白い孔雀は無し、その替り、へびのおんながアリ。

相撲では、見たり、とったりで、
見たり、吸うたりで、大麻のおすもうさん。

全編、元気良く気持ち好い。
只、力を抜いて、軽ーく、軽ーく。
「軽業」の「軽業」、ノンビリ感が欲しい。
私は、先代の文我さんの「軽業」が好き。


四、笑福亭智之介・・・・・・「死神」

あまりの大入りに、
「今日は、仁智師匠が出られるのを御存知だったのですか」
との、問いに、すかさず「智之介目当てや」の声
「嬉しいやら、プレッシャーに感じますな」と。

病欠で、2回、常盤寄席お休みでした。
病院にも入院してまして、健康の有難み、つくづく感じます。

今日は、病みあがりにぴったりの「死神」を・・・。
健康過ぎて、逆に、死神の不気味さ無く。
「死」への怖さもいまひとつ。

点滴を打ちすぎた、「死神」か。
でも、何の病気とは、なかなか聞きにくいものですな。
でも、健康が一番。
元気、元気、の若さで今後とも、頑張ってください。

最後に扇子に三人揃ってのサイン、頂戴しました。






第40回・常盤寄席
2008年9月19日(金)午後7:00~
常盤漢方薬局ビル5F

一、桂ひろば・・・・・・・・・・「みかん屋」
二、笑福亭仁智・・・・・・・・「ヘイ・タクシー」
三、林家染太・・・・・・・・・・「軽業」
四、笑福亭智之介・・・・・・「死神」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三周年記念に遭遇~常盤寄席

2008-05-16 23:35:19 | 常盤寄席
初めて参加すれば、なんと三周年記念の会。
常盤寄席に、行って来ました。

会場は、常盤薬局のビルの5F、ビルのプレートには
常盤寄席と常設のご案内。

入場の際、3周年記念と、寿の扇子をいただく。
初参加なのに、ラッキー。

お客は、イスを追加、追加の、会はじまって以来の47名。
大入り満員。

下座での、鳴り物が三味線も含めてフルで入っての本格版。
会の、充実ぶりが、うかがえる。

最初に、染太さん、ひろばさん、智之介さん、のご挨拶。
2000年入門の同期の会。

10人未満の時もあったが、この様に多くの方がお越し戴き。
感謝・・・感激・・・と。

そのあと、小屋主である、常盤薬局の清水社長より挨拶。
社長は、染太さんの高校の先輩で、ふとした一言で
3年前にスタート。今年で、36回と。
ダブルねたもありながら、これからは更にねたの数をと・・・。


一、林家染太・・・・・・・・・・・・・・「いらち俥」

熱演、声の大きさ、表情の豊かさ、見ていて気持ちが良い。

ただし、元気者の車屋、山陰まで行くには、如何なものか。
やはり、箕面あたりが、妥当では。

いらちの車屋、同様。
この常盤寄席、元気良く、続くこと、まちがいなし。

二、桂ひろば・・・・・・・・・・・・・・「宿替え」

笑福亭のにおいが漂う、どっしりと構えた、芸。
風貌、顔つき。落語家らしさが良い。

おやっさんの、ヒトノ良さが出て好演。
おかみさんの、亭主をかわいいと思う気持ちが
更に出れば・・グウー・・。

どんどん、他の噺も、これから36席聴いてみたくなる。
ひろばさんの一席でした。

三、林家染太・・・・・・・・・・・・・・「紙切り」

落語家の余芸・・・・曲芸、マジック、踊り。
いろいろありますな。・・・染太さん「紙きり」にチャレンジ。

「大入」・・「宝舟」・・・「アンパンマン」
最後に、「犬」・・・。
アンパンマン以外は、すべて、漢字の切り抜き。
子供用のハサミと、A4のコピー用紙での
元手は、いたってかからず、・・。

出来は、・・・・・ですが。何事にも挑戦はすばらしい。

四、笑福亭智之介・・・・・・・・・・「宿屋仇」

45分の、オオネタをじっくりと、その世界へ引きずりこんで
旅の侍も、それなりに、見えてくる・・・立派。

三人連れの、源やん、清やん、喜いやんの性格の違いと。
番頭、伊八の、侍に呼ばれるごとの、
じゃまくささ、戸惑い、おどろき、安堵感、心配などが
表現出来ればと、贅沢な思い。

でも、大ネタに挑戦する、智之介さんに、拍手、喝采。


自分たちで、交替で、トリをとり。
大ネタをかけれる、この勉強会を3年やってこられたこと自体が、
本格派噺家への意気込みのあかし。

繁昌亭よりも早くスタートした、常盤寄席。
この様な、発表の場がある事は、あり難いことですな。
三人の、原点、道場として、更に隆盛しますように・・・。

これからは、平日ですが、できるだけ聴かしていただきます。

第36回・常盤寄席
2008年5月16日(金)、PM7:00開演
天満橋、エムエスビル

一、林家染太・・・・・・・・・・・・・・「いらち俥」
二、桂ひろば・・・・・・・・・・・・・・「宿替え」
三、林家染太・・・・・・・・・・・・・・「紙切り」
四、笑福亭智之介・・・・・・・・・・「宿屋仇」


明日は、田辺寄席、そして、松竹特選落語会ヘ。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加