毎日が日曜日・・・のようなもの

仕事もリタイア 家での生活を中心に気楽な毎日
明るい引きこもり人生を送っております

命懸けの庭いじり

2017-07-12 11:08:15 | 日記


朝 庭に出て水撒きをするのも命懸けなほど「暑いっ」
命懸けと言えば最近のニュースの「ヒアリ」や「マダニ」
庭いじりをするのもホントにコワイです。
(ですから暑いけれど完全防備で庭に出ないとぉ)

あとはウチの庭に住み着いている(らしい)大きな蜂!
彼はスズメバチとは違うと言うけれど あの羽音で威嚇されながらの水撒きですよ

「ちょっとぉ 蜜が欲しいんじゃないのぉ 邪魔しないでよ 刺したりなんかしたら
 弁償してもらうからね。 く・来るなよ こっちこないでぇーーー!」

朝っぱらから 庭で騒ぎまくる変なオバサンです

麦わらにネットの着いているアレ 絶対買おうと思っております
今は砂漠の民のようなwスカーフでグルグル巻して目だけ出してる
その出で立ち 写真でお見せしたいけれど ドン引きされそうでコワイですw



そして私の愛する庭もまた(何度もお話しておりますが)お見せするほどの庭ではなくって
なにしろ 足に弱点を持つ私には広すぎて雑草を抜くだけで大仕事

MOMOちゃんの為にと庭の広いオウチを選んだものの・・・
そのMOMOちゃんが他界してしまった今となっては・・・
特に夏はへこたれてしまうのであります



頼みの彼も現在 内定のお仕事が本決まりになるかの瀬戸際らしく
今日はその会社の見学会(らしい)
明日は一日中先輩に同行して仕事を見せて貰う日なんだとか(よくワカリマセンが)

会社側としては
こんなつもりじゃなかったと思われるのを防ぐために
一日体験入社をさせて 「どう?やってみる?」的スタンスでゆくらしいの

私もいろいろネットで調べてみたけれどブラック企業ではないようで
お給料も良い ボーナスも年二回 残業代は間違いなく支払われる(らしいの)

彼の人となりを見たら どの企業だって取らない訳はないと私は太鼓判を押すんだけれど
その本人がただただひ弱なだけで 持病のいろんな病気(特に喘息)が封印出来れば
なにも問題はないのだけれど・・・

あと3年(彼の娘が6年も通う大学を卒業するまで)石にかじりついても頑張りさえしたら
そんな社会の作ったレールから外れて私みたいに好きなように生きればいいのよ
ただビンボーになるだけでお気楽なものです
社会の底辺ってヤツですねw

私たちのほとんどはひとつの生きる道しか教わってこなかったけれど
私も子どもにはいい大学 いい仕事 いい稼ぎ そして出世 それがヒトの幸福だと
不良息子wに散々説いて来た口ではありますが♫
そんな私がある時から大きくレールから外れちゃって今に至り・・・
ほとんどのヒトは知らないかもしれない小さなシアワセを見つけた

シアワセって心の平安かも知れない
もちろん心を台風のように荒げながらそれを原動力としシアワセなヒトたちもいっぱいいるはず
それぞれ いろいろ でいいと思う

まあ・・・私の彼には向いてないなw

あれっ なんだかグチグチと長くなってしまってるw 

長くなったついでにもうひとつ

先日アップしたあのデカフェ・・・グッドです
朝と昼だけカフェインたっぷりのコーヒーを楽しみ

夕方はデカフェだけに切り替えたら
なんとなんと 知らないうちに眠り付けたようで目覚めたのが朝の7時半!

濃いめに入れたデカフェでカフェオレも作ってみたのですがオイシイ!
インスタントも進化してますね


これから ここの窓に洗濯したベッドカバーを干すのですが
その前に・・・



昼間だとワカラナイのですが 少し太めの枝を両壁にグイグイ入れてワイヤーライトを
グルグル巻にしております
夜になるとキレイですよ 思った以上にキラキラが素敵です
寝る時の常夜灯代わり&お空のお星様代わりです

   
ハイ ベッドカバー干しました
良い日よけになります




ドラちゃんいますね
オーーーイ ドラちゃん 何してるの?



早く窓開けてにゃ さっきからお願いしてるにゃ

・・・・と言われても 開けられない訳がある
ドラとナツメの小競り合いでナツメのおケツが網戸を突き破りw 大きな破れが
網戸を張り替えて貰うまでこっちの窓は開けられない
お前たちのせいだってわかってない・・・よね



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« リビングに作った新コーナー... | トップ | 朝の起き抜け1時間・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。