モゲログ

汎発性脱毛症になりましたが元気です。自分のこと、家族のこと、子どものこと。家づくり育児ブログ??になってきました。

「ちくしょう!」とモゲログはおっしゃいました

2011-08-17 20:31:32 | はじまり
2011年8月17日(水)

 子どものころよく作文や絵日記を書いたのに、大人になってめっきり文章を書く機会がなくなったと思う。そりゃあ企画書や議案書、計画書や報告書は書くかもしれないけれど、もっと創造的な文章ってのを人はどんどん書かなくなる気がする。夏休みにあんなに日記やら感想文やらを書いたのに・・・。

 文章を書くってのは大変だと思う。ただ思いを羅列するだけではいけないし、かといって事実だけを並べたって面白いものじゃない。自分がブログで文章を書くってことの難しさを感じている中で、やっぱり朝日の天声人語や毎日の余禄はすごいなと思ってしまう。日々のちょっとした出来事を時勢と絡めて書いてみたり、故事や神話から引用しながらこの時代と類似点について構造的に論じてみたり。とうてい自分にはまねができないセンスがある。ただ文章を書くことを初めて、文章に触れる楽しさを今実感している。

 最近アガサ・クリスティーの本を2冊読んだ。オリエント急行とゴルフ場殺人事件。どの本も冒頭から読み手を引き付ける。


 私の記憶では、ある若い作家が、小説に食傷している編集者たちの注意を自分の作品にひきつけるようにと、強烈で独創的な書き出しで行こうと決心したあげく、次のような文句で小説の最初の行をかざったという、有名な逸話があったと思う。
『「ちくしょう!」と侯爵夫人はおっしゃいました』
おかしなことに、私の物語もこれと同じような調子ではじまるのだ・・・・・

                         『ゴルフ場殺人事件より』


 こういった物語の始まりだけ本屋で立ち読みすると面白いですよ。二つの本とも今から80年近く前の作品なのに、現代の推理物の原型のような読み手をいい意味で裏切る手法がとられていて面白い。特に真相が最後の最後で明らかになってくる。そしてアガサ・クリスティーの作品では、心理的な考察が非常に興味深い。ポアロ探偵はその人の身振りや、様子でこの人は黒か白か断定するほど人の機微を読み取る。そしてそれが理にかなった解釈である点がすごいんです。やや時代のせいか、イギリス人やアメリカ人、など人種によって差別的な表現をしているところは差し引いても、いろいろなつじつまがうまく合っていく。


 しっかり本を読んだのいつ振りだろう・・・

 皆さんも灰色の脳細胞を働かせてみましょう・・・


 今日の頭皮 20本
 明日の予想 お盆が終わったよ・・・仕事だね
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

そういえば禁煙できなかったなあ・・・

2011-08-10 17:05:33 | 今日のつぶやき
2011年8月10日(水)

 セミよりひぐらしの鳴く音が好き。焼酎よりワイン。アンパンマンよりバイキンマン。
別にひぐらしやワインがヒールだなんて言ってませんがね。

 最近モゲログがご無沙汰なのは理由が二つ。一つ目はパソコンが遅いこと。画像を入れて文章を打ち出すまで30分もかかれば誰でも嫌になってしまいます。もう一つは、単純に疲れているから。いい意味に換言すれば自分の何かをアウトプットするということが、それほど必要でないということかも。

 でも今回は大きな打痕(?)が頭にできましたよ。本気でいたい。

 毛の状態なんですが、眉毛とまつ毛が少し生えてきました。頭は黒い毛が3,4本てとこです。ここまで来ると、元の姿に戻っていく自分が怖くなるような気さえします。今出会って親しくなった人たちは、髪のない「自分」しか知らないわけですし、また急激に姿が変わったら本当の「じぶん」は外見とかけ離れた存在になりそうな気さえします。そもそも人のイメージと自分の内的な部分てのはかい離があって当然なのだけれども、もしまた髪が生えたら自分の内的なイメージがもうつかなくなってしまう気さえする。そんな恐ろしさ。

 といいつつ、全然どーでもいいんですけれどねWW


 Wってなに?


 禁煙駄目だったよ・・・



 今日の頭皮 腫れすぎ
 明日の予想 晴れ過ぎ
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加