モゲログ

汎発性脱毛症になりましたが元気です。自分のこと、家族のこと、子どものこと。家づくり育児ブログ??になってきました。

あの日の空

2017-09-13 02:51:47 | 家を建てる

あの日の空は澄んで
僕らを見下ろしていたんだと思います


あの日のぼくたちはふわっとした期待と希望を抱いて
東の山々を眺めていたんだと思います


足りなければ欲し
満たされればその充実感や幸福感が失われることを恐れる

その繰り返しの中でひとは感情を積み重ねるのかな


『人の感覚は生まれた時からずっと退化していくんじゃないかって思っていました。まるで味覚や時間の感覚のように鈍感になっていくんじゃないかって。そうじゃなくて、もっと瞬間の鋭さを持って感覚は波形を描いていく。』


あの時感じた感覚が確信に変わって
でもそれを説明するには
労力と語彙力と創造性が自分にはありません


世界は不思議です

本当に不思議です




・・・・・夜更かしの夜に失礼しました
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

それでもそこそこ美しい

2017-09-13 00:01:17 | 今日のつぶやき
ある老婦人が
電柱に向かって呟いていました。

「・・・この甲斐性なしがきっと今に・・・」云々かんぬん

一通り言い終えるとすっきりされたのか
すたすたと歩いて行かれました。


なんだか自分もすっきりしました。
見ず知らずの人のことですが。


世の中きれいごとばかりでは済まされないことがたくさんあって
それを受け入れようとすると途端に息苦しくなってしまいます。

苦しくなったらそれで十分、むしろ頑張りすぎかもしれません
自分の関わりは最大限です。


穴を掘って声に出していってみようかな
「王様の耳は・・・ロバの耳!!」

「この世は醜く、儚く、悲しく、苦しく、それでもそこそこ美しい!!」


コメント
この記事をはてなブックマークに追加