岡田農園の今後に期待を!!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

畑の味覚

2017年07月16日 09時40分16秒 | 日記

わが岡田農園にゃあー、文字通りいろんなもんを植えて

その成長を楽しんどんじゃけえーど、特につるものは

ええなあー。いつもおんなじ話題でおえんかもしれんけえーど、

スイカ、トウガン、ゴーヤ、カボチャ、キュウリ、これらに

今年はウリも入って多士済々じゃあー、けえーらが大きゅう

なってきて食べられる今の時期がええなあー、せえーけえーど

作りょうるもんから、いうたら苗を植えてだんだん大きゅうなっ

てきて草をとったり、肥料をやったりして世話をするん

も、一つの楽しみじゃけんなあー、いっぺんに大きくゅうなったん

じゃあー、へんが、ねーわなあー、昔はウリでも・キンウリ・いうて

真っ黄色のもんもあったけえーど、いまはこのウリじゃなあー、

スイカは真っ黒の黒玉と普通の縞模様のを植えたんじゃけえーど

どうも黒玉は熟れとるんかそうでねえーんかが、いわゆる

ポーカーフエイスでようわからん、どがんかして、わからんと

いけんなあー、真っ白のゴーヤもできたんじゃけえーど、味は

一緒かなあーそがんことを考えようたら、面白えーんと、食べ

る楽しみが湧いてきてますます野菜を作るんが好きになるなあー。

ところで、昨日は姉の17回忌の法要に家内と息子夫婦

と一緒に出ました。少人数の法要で和尚さんの法話も

良かったし、ええ供養ができました。姉は昭和12年生まれで、

朝鮮は光州で大きゅうなったんじゃけえーど、日本が戦争に負けて

引き上げてきて、そりゃあー、苦労の連続じゃったなあー、

昭和16年生まれのこの私でもうっすら覚えとるもんなあー、

引き上げてきてまず、住むとこじゃけえーど親類の家におちつけ

たんじゃけえーど、ほんまにお世話になりました。

親父は戦地から幸い帰ってきたんじゃけえーど、当時38歳、おふくろは34歳じゃあー、

おじいさんは62歳、妹が2歳で家族6人が生活するんじゃけえーなあー、おやじやおふくろの苦労は

大変じゃったろうなあー、お姉ちゃんは働かにゃあーいけん親に代わって私らの面倒をようみてくれ

たでえー、せえーが、妹は幼稚園に入る前にあっさり病気で死んでしもうて、その時の親父や

おふくろ、お姉ちゃんの嘆きいうんはなかったなあー、いうにいえんかったなあー、お姉ーちゃんには

よう、新一、なにゅうしょうんでえー、こがんことじゃあー、いけまあーがなあー、しゃんとしねえー、

言われて怒られたでえー、ちゃんと勉強しねえー、そがんことでどうすんでえー、そうやって

怒ってくれたお姉ちゃんが中学を卒業するときに、高校へいけんでおふくろが何日か陰で泣きょんを

見てもらい泣きをした覚えがあるなあー、こりゃあーいけんこのままじゃあーわしもと思うて

親戚の近所の足袋屋さんのしたでまで、あてふ、言うん布切れをさしてもろうて、なにがしかの

お金をもろうて家の足しになったんかどうかはわからんけえーど、なんとかせにゃあーいけん

いう気持ちがあったんじゃろうなあー、お姉ちゃんはその後縁談がととのうて、嫁入りじゃあー、

へえーけえーどなんもありゃあーせん、思うようたら。親父とおふくろは流石じゃなあー、

ちゃんと、一丁前の嫁入り道具と嫁入り菓子もしたとみいーなあー、お姉ちゃんの嫁入り先は

前にもかいたけえーど、お兄さんも中学出でささやかなゴザの製造業で幸せになってほしい

思うようたんが64歳で死んでしもうたがあー、へえーけえーど、息子は上が京大出で

大手の電機会社の研究者、下は岡大出で数学の先生になっとる、頑張ったんじゃなあー、

こがんことは、思い出に残しときゃあー、ええんで、あんまりいうもんじゃねえーかもしれん

けえーど、ときにゃあー、思い出して自分の反省ができりゃあー、ええんと違うかなあー。

それではシルバー川柳を

   断捨離は とてもできない 昔の経験

サラリーマン川柳から

   木漏れ日を 母かと思う 7回忌

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 桃の収穫 | トップ | 畑の草取り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。