「ん?ん?ん?」

そのとき頭に浮かんだこと

親和性

2017-03-20 15:32:52 | なぜかしら(政治)
読者数の多いあるブログのコメント欄に定住してる人のこと。

前から変だと思ってた。
そのブログは、一応安倍政権支持なのに、
その人はそれを装いつつ、いつも隙あらばさりげなく「安倍下げ」をしてた。
たまに「中国上げ、日本下げ」も。

「どうやらコメント欄を借りて、別の方向に読者(の思想)を誘導しようとしてるようだ」とは感じてたし、 
ブログ主も「そんな話は聞いたことないが、ソースあるなら書いてください」と怪訝な様を見せたこともあったくらいなんだけど、はっきり意図が読めなかった。


森友問題が熱を帯び始めた時期には、安倍さんのことを人間的に貶めてるような記事や介入疑惑を深めるような記事をわざわざ貼り付けたりもしていた。

だから「やり方が卑怯でせこいなー。こういうやり方をする人は信用出来ないんだよなぁ。どこに持っていこうとしてるんだろ?」とも思った。


で。数日前にようやく背景が分かった。
その人は「石破茂を総理にしたい人」だった。

あー。めんどくさい。
ならいっそ石破茂のどこがどう優れているのか書きゃいいのに。

いくら安倍下げに励んでも、それだけなら石破上げにはならないことも分からないのかな。
むしろ石破氏のイメージも悪くなる。

「いつも安倍さんの弱まったときに後ろから殴りつける石破茂、その支持者もやっぱり石破茂に似てて卑怯で狡いことするんだな」
という印象を与えてしまう。(他の石破支持者は違うかもでしょうけど)

最近はあからさまにはしないみたいだけど、過去発言から石破氏は歴史観も外交視野的にも中国寄りなのは感じていた。
「なるほど。だからこの人も中国寄りなんだなー」と腑に落ちた。

同じく、森友問題が熱を帯びてたとき、別の場所にも似たような石破支持者がいた。
その人は安倍支持者に執拗に絡んでた。
「安倍支持者はバカ」って風情で上からモノを言ってた。
教育勅語そのものも貶してたし、マスコミが幼稚園に押しかけてた時期に「うちの子供じゃないし、よその家の子供がどうなろうが知ったこっちゃない」とも言っていた・・。


石破氏は(前々からそうだったけど)総理になりたくてたまらないことを隠せない。
二年前も安倍さんは引き止めたのに安倍さんを助ける大臣職を断ったし、背後から襲うようなやり方する印象が染み付いてしまってる。


そういえば、安倍さんは財務省やメディアから嫌われてる。
財務省やメディアは石破氏を総理にしたがってるという話も聞いたことがある。(事実かは知らない)

今回、野党やサヨクだけでなく、安倍さんに三期させたくない人達もひっかき回してたのでしょう。
岸田さんもなのかな。
(「コメント欄の人」は、おまけ程度に岸田さんのことも推してはいたけど)


今回もドサクサに紛れて野党みたいな発言をしてた石破氏だけど、
私は総理になるなら知識ももちろん大事だけど、他国とのせめぎ合いの中で状況をよく読む力や何より統治者としてヒトとしての資質が大事だと思ってる。

なので石破氏には向いてないかな。
少なくとも日本の総理には・・。
あの目もちょっと・・。時々ほんの一瞬もの凄く怖い目をするし・・。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 目つき | トップ | 小賢しいひと。 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。