トンネルを掘るはずだったのをやめた??築地市場

2017-06-20 13:42:53 | ネットで拾った記事の保存庫《築地豊洲》
原爆マグロ検索中に見つけた記事。
築地と関係ないことも載ってるのだけど
http://president.jp/articles/-/20756?display=b


服部幸應×飯島 勲「豊洲と築地、どっちが安全か」

内閣参与(特命担当) 飯島 勲 2016.11.30
PRESIDENT 2016年12月19日号



(略)
そう、いい加減にしてほしいといえば、築地市場だよ。
もうめちゃくちゃ老朽化した建物と、歴史的にヤバイものを埋め立ててきた地下から何がでてくるかわからない。アスベストも心配。

小池百合子知事には早く豊洲に移転してほしい。
確かに長い間愛されてきた築地市場への想いもよくわかるし、豊洲もなんだか得体の知れないような場所みたいに報道されて難しいのはよくわかるのだけれど。

その辺を、今回、料理評論家の服部幸應先生とじっくり話すことができた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■築地市場地下に何がある?■
――首相官邸に、服部幸應さんをお招きし、対談を行った。

【服部】小池百合子東京都知事が就任し、築地市場の豊洲移転について、様々な観点から調査をしたところ、豊洲には大きな問題があることがわかりました。私は、築地で働いているみなさんとも話をしていますが、食の市場として豊洲が本当に適切なのか、とても心配です。

【飯島】私は、豊洲よりも現在の築地のほうが心配です。築地は幕末から明治にかけて海軍の施設が集中していた場所です。その後、1923年の関東大震災で日本橋魚河岸が焼失して、移転先に選ばれたのが築地。海軍が表に出したくない有害物質を埋めたという噂があり、毒ガスが埋められた疑いまでささやかれています。それから建物の老朽化でアスベスト被害が広がる心配もある。

【服部】確かに、戦後にはいろいろありましたね。

【飯島】ビキニ環礁の水爆実験で被ばくした第五福竜丸が獲ったマグロとサメが搬入されています。基準値を超える放射線が検出されてマグロの価格が暴落したので、今のように除染の知識もないから、そのまま敷地内に埋めてしまった。「原爆マグロ塚」も建てられたが、実際にどこに埋められたか正確な記録が残っておらず、掘り返すこともできない。森喜朗五輪組織委員会会長は「築地市場の跡地は駐車場」と言ったそうですが、確かに駐車場くらいしか使い道はないでしょう。

【服部】トンネルを掘るはずだったのをやめたという話もありましたね。

【飯島】東京都の幹部は裏の裏を知っていて、いろいろ隠しているのではないかと疑っているぐらいです。市場の仲卸業者たちは「このまま築地で営業を続けたい」と話しているようですが、事実が公になれば、パニックが起きるかもしれません。

【服部】仲卸のみなさんは必死で頑張っていて、相当つらい思いをされています。築地の問題がわかったから移転を計画したのに、移転先の豊洲で問題が噴出して、どうしてよいかわからなくなっています。

【飯島】豊洲の建物は、盛土はなくても地下水を抑制する設備を整えて、汚染を防御することは可能です。私は一秒でも早く豊洲へ移転すべきだという立場ですが、後は、小池知事がどんな落としどころで決断するか。

【服部】飯島さんのお話を聞いていると、豊洲に移転したほうがいいようにも思います。いずれにしろ日本の食の信頼を守るためにも、消費者が納得できる結論を出していただきたいです。

(略)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 原爆マグロと原爆サメと築地市場 | トップ | 【築地市場の土壌汚染の状況... »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。