マレーシア

2017-03-15 16:03:19 | なぜかしら(国際政治)
マレーシアは、中国系の住民が人口の四分の一を占めてるらしい。 
力を持ってるのも中国系。特に経済。
戦前散々華僑に収奪されてきたのに、戦後結局また牛耳られたか・・。
2015年に両国の外交関係に緊張が走った際、マレー系住民によるデモに先立って駐マレーシア中国大使が「中国系住民の権利に影響するような行動に対しては、中国政府は遠慮なく批判させてもらう」と警告したんだとか。
国自体も中国に貿易と投資で依存しているそうだ。
金正男事件でも北朝鮮へのマレーシアの対応は中国の意向だと言ってる人もいた(テレビの番組で)。

中国系が力を持ってる国は反日になる。
だから歴史教育もあてにならない。
(少し前までの国定教科書にはまともなことが書いてたはずだけど今はどうなのか・・)
この前、何人かのマレーシアの人が「日本が中国を刺激してる」「彼ら(日本人)の祖父が暴れたようにまた戻ってくる」「日本は酷いことをしたのに学んでない」などと言ってるのを(ネットで)見たし。
だけど、あれは中国系の人だったんだろうな。
中国(や韓国)の常套句だもん。
そういえばマレーシアは「日本と韓国を手本にしよう」って掛け声で発展してきたらしいけど、韓国とスワップ延長したっけ。(酔狂な・・)


あの国は長い間、植民地支配されてた。
マレーシアを苦しめたのは、植民地支配してた英国や英国に媚びて収奪してた華僑。
日本軍はマレーシア人は殺してないし、イギリス軍や、それに協力した中国系共産ゲリラと戦っただけ。
そればかりか訓練所までつくってマレーシア独立のために青少年の教育に力を注いだし、日本政府は食糧難の中でも留学生の食糧を集めながら南方特別留学生制度を創設してアジア諸国独立のため指導者養成を目指したそうです。
日本人教官たちも留学生たちを励ましながら厳しく優しく指導したらしい。
そうして日本で学んだ南方特別留学生たちが中心となり、そののち、現在のASEAN(東南アジア諸国連合)も設立された・・とか。

つまり日本は東南アジア人を相手に戦ったのではなく、欧米人を相手に戦っただけ。
ドサクサで戦勝国でもないのに戦勝国面出来るようになった極悪非道の中国(中国共産党)なんかとは違う。
その土地で現地の人たちの食べ物を収奪しないのも日本軍だったそうだ。そういう規律があったから。
飢え死にした兵士が多かったのもそういう理由もあるっぽい。
もちろん中には例外の人もいただろうけれども、少なくとも今よりずーっときちんとしてた先人たちが、あちこちで嘘や捏造によって汚名着せられたまま貶められてることがとにかく嫌だ。





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« モンスターをこしらえたい人達 | トップ | 「他にやることがあるだろう... »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。