「知事権限の乱用」

2017-06-19 07:41:12 | 安倍政権

既にサヨク系の人たちからもポイ捨て状態に近い翁長氏に対してこのタイミングでこういう記事が出たということは、サヨク的手法で豊洲移転問題を政争に利用している小池さんへの牽制の意味が大きいのかもしれないけれども、しかし辺野古はともかくとしてありもしない民族的対立構造を作り立てて国連に持ち込んだ罪は大きすぎるよ、翁長さん。
そして彼にエールを送りまくってたあのサヨク著名人...彼の放ってきた一言一言を思い出すとオエーッ(吐)となる。
どんな思想であれ、人の弱い心を利用して歪ませる手法はダメです。


以下、多分18日の産経新聞の記事。

【翁長知事が辺野古工事差し止め訴訟起こせば、翁長氏個人に損害賠償を行う~政府が検討「知事権限の乱用」~ 】

政府が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設で、同県の翁長雄志知事が辺野古の工事差し止め訴訟を提起すれば応訴費用について翁長氏個人に損害賠償請求を行う検討に入ったことが17日、分かった。政府は翁長氏が埋め立て承認を撤回した場合に賠償を求める方針だが、加えて差し止め訴訟も提起の根拠が乏しく知事権限の乱用にあたると判断した。 

翁長氏は20日開会の県議会定例会に差し止め訴訟提起に関する議案を提出し、可決後に提訴する。 

漁業権が設定された海域で海底の岩石などを壊す作業には知事の岩礁破砕許可が必要。翁長氏は無許可工事は県漁業調整規則違反だとして提訴する。一方、政府は地元漁協から漁業権放棄の同意を取りつけているため許可は不要とする水産庁見解を示している。 

通常、差し止め訴訟は権利・利益が侵害されている場合に提起し、工事差し止めでは騒音や振動で身体に悪影響が生じているケースが多いが、辺野古の埋め立て工事で県が侵害された権利・利益はなく、請求根拠は乏しい。許可など行政上の義務履行を求める訴訟は裁判の審判対象にならないとの最高裁判決もある。 

そのため政府は、訴訟提起は知事権限の乱用として応訴費用の賠償を求める。 

翁長氏は埋め立て承認も撤回する構えで、政府は効力の停止を裁判所に申し立てるが、認められるまでの10日前後は工事が中断する。損害額は数億円に上り、その賠償請求の際に今回の応訴費用を加算する。 

http://www.sankei.com/smp/affairs/news/170618/afr1706180006-s1.html
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第三回を読んで | トップ | 中核派と現役議員 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。