デマノイの由来

2017-04-05 16:28:56 | 民主党なんて知りません。民進党ですっ!
政治に詳しくないので、なんでもいちいち調べないとピンと来ないのだけど、 
たまにどうでもいいことが気になる。

で、デマノイと呼ばれてる人のその呼び名の由来を検索した。
 
時効になってたとはいえ、この人、お金にまつわるインチキもしてたのね。 

「デマノイ」は「風刺画」のとき以降呼ばれるようになったのかな。
彼以外も同じように間違ってた人が4名ほどいたみたいなんだけど??
・・玉木、大串、福島、柿沢。
https://matome.naver.jp/m/odai/2146463757600705501

民進党はデマがお得意。


以下、某ブログから拾ったやつ。


山井和則
●2016年1月22日、山井の資金管理団体「やまのい和則と日本の未来を創る会」に、個人による寄付の限度額を超える1080万円を寄付したと平成24年の政治資金収支報告書に記載していることが判明した。報告書によると、
山井は24年2月-12月にかけ、自身の資金管理団体に対し、計1080万円を13回に分けて寄付していた。ただし、
判明時にはすでに時効(3年)が成立している。また、山井の後援会が24-26年に開催した会合で、後援会の政治資金収支報告書に「会場使用料」として計約764万円の支出が計上される一方、会費収入計979万円の記載がなかったことも判明した。山井側は記載ミスを認め、報告書の訂正を届け出た。

●2016年5月10日、厚生労働委員会の障害者総合支援法改正案を巡る参考人質疑で、当事者として意見を求められていた難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)男性患者の出席を与党が拒否したとツイートし、翌日毎日新聞や東京新聞が報道を行った。しかし、参考人を差し替えたのは民進党側であったことが判明する。

●2016年5月30日、民進党の伊勢志摩サミット関連調査チームの会合において、英国新聞TIMESに掲載されたボリス・ジョンソンの風刺画を安倍晋三首相の風刺画であるとの間違った解釈で紹介し、
「ここにも描いてあるように、安倍さんの顔で日本の津波からG7の首脳の方々が
『あの大馬鹿野郎から逃げようぜ、逃げたほうがいいよ』という、これイギリスのTIMESという有力新聞ですよね。つまり安倍総理が国内で国民に言っていることは、捏造なんじゃないの?ということですよ。」
と安倍首相の批判を行った。
その後、外務省の指摘を受け、風刺画の人物を安倍晋三首相と決め付けて批判した件について、自身の認識の誤りを認めたが、首相を批判する意図の風刺画だと思った根拠については、「外務省の方が否定しなかった」と述べた。
英国の新聞がEU離脱派ボリス・ジョンソンを風刺したのに、安倍首相を風刺したと勘違いした民進党のデマノイこと山井和則さん。
無知を晒して国会でデマを飛ばして面目丸潰れ。民進党はバカばかり。


・・だそうで。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 市民の党、献金、思想、活動 | トップ | アベノセイダートランプノセ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。