ぽれぽれ百綴り

犬好きおばさんのんびり雑記。

母の日前倒し

2017-05-15 11:20:17 | 神戸/日々の暮らし
土曜日、シロクマ相方と奈良の実家へ。


(お店でいちばん小さなカーネーションの鉢植え。
吝嗇の母は小さければ小さいほど喜びが大きいという)

お昼ごはんは母が準備してくれたものをいただき、
晩ごはんには、シロクマ相方がおろしたグレとアジのお刺身が並びました。

吝嗇の母は、私たちがプレゼントなど用意することを喜ばず。

一緒に過ごすことがいちばんいいのかなあ、と。

昼さがりにわが家の古い方の家を見に行ったり。

(生い茂った野いちごが食べ頃。私はコレが大好きで)


(ご近所さんの夏みかんの花が満開。
雨あがりにネロリに似た芳しい香りでむせ返るよう)


シロさんのお墓の草引きをしたり。

(ビフォー。雑草は強い。
お参りするたび、きれいにしててもこのありさま)


(アフター。シロさん、スッキリしたでー)


(シャクヤクをお供え)


鈴なりのスナップエンドウを収穫したり。

(明日は弟ファミリーがやって来るというので、収穫は半分だけ)

お茶のお供はお仏壇にお供えした後のお菓子。(「お」が多いな)

(S嬢からの虎屋さんのもなか3種。
「いただきものだから。買ったんちゃうし」のひと言でご機嫌の吝嗇の母)


のんびりした休日でした。

日曜日、
母の日当日は弟ファミリーが一緒に過ごしてくれたハズ。

「毎日、母の日だったらいいのにな」

母の言葉に、
もう少し頻繁に帰るようにしようと思いました。



ご覧いただきありがとうございました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« チーズケーキ2種 | トップ | ふかふかふとん »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (omi)
2017-05-15 13:48:13
吝嗇(りんしょく)が、読めずに
調べてみたら意味は、
ひどく物惜しみをすること。だと。
なんと、教養あるよい言葉をご存知なんだろ、、
私なら、けちんぼ で、片付けることを
こんな上品な言い方、学べて嬉しいです。

うちの亡き母も かなりの吝嗇でしたが、
年重ねると一緒に過ごしてあげることこそが
最大のプレゼントでした。




江戸っ子を絵に描いたような (ほー)
2017-05-15 18:45:52
亡母は、豪快になんでもあげちゃう人で、母の持ってるあれ、あれ今度帰ったらちょうだい、と言っておいても、帰省して「ほら例のアレちょーだい」と言うと、もう誰かにあげてしまってない。しかし身の回りにはケチで母のタンスは年期が入ったものばかり
でした。側にいるのが一番だと思います。甘えて差し上げてくださいね。羨ましいです。
omiさんへ (momo@ぽれもも)
2017-05-17 12:12:01
ドケチ!の母、と言いたいところなんですが、
連呼するのも気が引けまして。
私のケチは彼女のDNAだと思うのですよ。
亡き父はコメントくださったほーさんのご母堂さまのようなタイプでしたので。
父と母、ふたりで収支のバランスがとれてました。
いまは母だけだからもっと頻繁に帰らなきゃ、と思うのですがね…
「交通費、もったいないやん!!」
と、立ちはだかる母の高く分厚い吝嗇の壁。
その勢いで長生きしていただきたいところです。
ほーさんへ (momo@ぽれもも)
2017-05-17 12:25:00
ご母堂さま、宵越しの金は持たねえ、ってやつですね。
お側近くに仕えたかった。
ほーさんに追い払われますかね?
私は最近やっと母からアクセサリーをひとつ譲り受けました。
イミテーションの真珠のネックレス。
どこまでも吝嗇の母。
でもこれ、汗かきの粗忽者には大変重宝。
粒の小さなホンモノもお持ちのようですが、
「まだ使うねん」という気概でいらっしゃる。
その調子で元気にやってくれ。

母の日、ほーさんはお祝いしてもらう側ですね。
私にはそれがうらやましいですよ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。