ぽれぽれ百綴り

犬好きおばさんのんびり雑記。

正座が苦手

2016-10-29 09:06:53 | 神戸/習いゴト・趣味
お茶のお稽古、
私は勉強のために先生にお許しをいただいて、
写真を撮らせてもらっていました。
季節ごとに変わるお道具やその配置など、
とても覚えられないので。

けれど、それはタブーなようです。
他の生徒さん(といっても、ご自分の生徒を持つ先生)に教えてもらって知りました。
お軸やお道具など、写真で撮るものではありません、と。

知らないとは恐ろしいものです。

前回のお稽古写真は一部削除・差替えしました。)

今後はお花とお菓子だけでもご紹介できれば。
そこから季節を感じられるのがうれしいので。


(シュウメイギクとホトトギス)


(いとしの栗きんとん!)



20代の頃の怪我が元で、足首の可動域が狭くなりました。
きちんとした正座ができません。
お稽古でも変な座り方をしています。
正面から見たら正座だけれど、足の組み方がおかしい。

それがまた負担がかかるのか、
ひざまわりがおかしくなってきてる…とヨガで気づきました。

先日、ついにこれを購入。


(正座椅子。私の体重にも耐えられる小さくても力持ち)

こんなの使うなんて、おばあさんみたい?

だけど、足首やひざって年齢とともに劣化が特に進むパーツ。
旅行や遠出、登山やランニングなど、長く楽しみたいですやん。
足の耐用年数を延ばすことを優先しました。

お稽古で使うことについては先生もご快諾。
エラい先生なのに、
こういうお優しさというか、柔軟なところが大好きです。

これで、長い時間お客さま役をつとめても安心です。




(ケースはともかさんプレゼンツの巾着。
サイズ比較のため右に先日ご紹介したkindleを。)


ああ、でもこの正座椅子、
布地が派手すぎて、法事には使えないのかな。
しくじりましたか…。

ま、めったにないことだし、いいかな。


ご覧いただきありがとうございました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ジャムおばさん | トップ | 青いパパイヤ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。