ももママの心のblog

猫が大好き。有料老人ホームで生活相談員をしています。映画が好きだけど、なかなか見られません。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ファインディング・ニモ(字幕版)

2005-11-08 | 映画 は行
ピクサーが水のリアル感にこだわった映像が見事。もちろん、大人にも満足の心打つストーリー。

2003年 アメリカ アニメ ファミリー ファンタジー
2005年11月8日 VTR(WOWOW)
監督 アンドリュー・スタントン
声の出演 アルバート・ブルックス エレン・デジュネレス 

オーストラリアのグレートバリアリーフで暮らすカクレクマノミの夫婦・マリーン(声:アルバート・ブルックス)とコーラル。
しかし、マリーンはコーラルの命と引き換えに残された、たった一つの卵を大切に育てる事になる。それが片方の胸ヒレが小さいニモである。いよいよニモが学校へ行くことになるが、心配性のマリーンに反発したニモは忠告も聞かず、ボートに近づきダイバーにさらわれてしまう。マリーンは、忘れっぽいナンヨウハギのドリー(声:エレン・デジュネレス)を相棒に、ニモを探す長い旅に出る。

どんなに良いと言われてもなかなかアニメを観に行かない私である。この作品も大変な評判になっていたのに子供だましのような気がして観なかった。明らかに偏見で損をしている。
主人公が魚であって、擬人化していると言うのもなんとなく抵抗があった。しかし、これもただの杞憂だった。ストレートに訴えてくる単純なストーリーであるが、シンプルなだけにごまかしが利かない。決して子供だましではなく、大人の鑑賞に堪える豊かな表現がある。もちろん、ジェットコースターに乗っているかのように次々とピンチが襲ってきてハラハラ・ドキドキもお手の物である。サメのブルースたち、水槽仲間のギルやピーチなどのキャラが立っている。もちろん、物忘れが激しいドリーの存在は忘れてはならない。
実は友人に「ドリー」と呼ばれている私。3歩歩けば忘れる鶏以上。友人は「ドリーは良い人なんだけど、すぐ忘れちゃうんだよね」と言う。私も同じだそうだ。ドリーはかなりうっとうしいキャラでもあるが、私もあんなふうところもあるのか?やはり?
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 融通の利かない性格 | トップ | 健康不安・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

6 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ファインディングニモ (NEKOとにゃんこ)
オーストラリアのグレートバリアリーフに住むカクレクマノミのマーリンと息子のニモ。妻と400個の卵を凶暴な魚に襲われ亡くしてしまったマーリンは、たった一つ残った卵荷にもと名づけ、何があっても守り抜くと誓っていた。ニモが6歳になった初登校の日、人間のダイバー
ファインディング・ニモ (色即是空日記+α)
昨日の晩、WOWOWでやってました~。 DVD持ってるのに、観だしたら止まらなくなって 結局最後まで見てしまいました(笑     DVD持ってる、って時点でかなり好きです これ (´∀`*)ウフフ いつも同じところでうるるっ!とくるのはナイショ(笑
ファインディング・ニモ(字幕スーパー) (魔女っ子くろちゃんの映画鑑賞記録)
★★★★ 監督:アンドリュー・スタントン 主演(声):アルバート・ブルックス、エレン・デジェネレス、アレクサンダー・グールド 2003年 アメリカ  グレイト・バリアリーフに暮らすカクレミノのマーリンとコーラルの夫婦はやがて孵化する400個の卵を見守っていた。とこ
日本語ブームとファインディング・ニモ (わかりやすさとストーリー)
わたしたちにできることは、その時代と人においてより多くの人に物事をわかりやすく正確に伝える技術を訓練することなのだ。どうやって学ぶ?●「『ファインディング・ニモ』が教えてくれる、わかりやすくする7つの方法」●
ファインディングニモ…ヨメの実家で鑑賞 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
皆様、あらためまして、あけましておめでとうございます{/face_warai/}。 年末は紅白歌合戦に「ケロロ軍曹」&「仮面ライダー響鬼」(ここは見逃しました)、「キューティーハニー」の主題歌が登場し、ダースベイダー&ストームトルーパーご一行様も何故か登場。…と、オタ
ファインディング・ニモ (おしゃべり日記!)
親が子供を命がけで捜す。まさに愛と感動の映画です。笑わせるところも多かったし、素直に面白かったです。大人も子供も楽しめ、家族で観るにはもってこいの映画です。アメリカのアニメ映画で、今まで観た中で、一番面白いと思います。