ももママの心のblog

猫が大好き。有料老人ホームで生活相談員をしています。映画が好きだけど、なかなか見られません。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アビエイター

2005-03-30 | 映画 あ行
レオナルド・デカプリオが、伝説的な億万長者ハワード・ヒューズの波乱の半生を迫真の演技で演じた。キャサリン・ヘップバーンを演じたケイト・ブランシェットが似てないのに格好良い。そのほかにも見どころ満載

2004年 アメリカ ヒューマンドラマ
2005年3月30日 川崎チネチッタ
監督 マーティン・スコセッシ
製作総指揮 レオナルド・デカプリオ
出演 レオナルド・デカプリオ、ケイト・ブランシェット、ケイト・ベッキンセイル

18才で亡き両親が作った莫大な資産を受け継いだハワード(Lデカプリオ)は、21歳で早速ハリウッドに進出。莫大な大金をつぎ込んで航空アクション映画「地獄の天使」を製作し、大ヒットさせる。パイロットは3人も死亡し、途中でトーキーに切り替えるなど無謀ともいえる挑戦だったが、結果は目を見張るものがあった。主演女優をエスコートして、フラッシュライトを浴びながらじゅうたんを歩くハワードはたちまちハリウッド・セレブの仲間入りである。
やがて、自由闊達でアウトドア派の女優キャサリン・ヘップバーン(ブランシェット)と出会い、二人は恋仲に。しかし、気難しいハワードは仕事は順調に進むがヘップバーンとの仲は次第に不安定に。彼女はその後の人生と共に過ごす人気俳優スペンサー・トレイシーと恋に落ちて、彼の元を去っていく。その頃から、彼の潔癖症は度を越したものとなり、今で言う「強迫神経症」になっていくのである。

飛行機業界でも目覚しい活躍をするハワードだが、大手との争いで神経をすり減らす面もあった。長身でハンサムなうえに生まれながらの富豪の彼は、時代の先端を行く鋭い感覚と、明晰な頭脳の持ち主でもあった飛行機の設計をするだけでなく、自らテストパイロットとして記録を打ち立てた。しかし悲惨な事故にもあい、奇跡的に命は助かるが、心身ともにダメージを受ける。なんとかエバ・ガードナー(ケイト・ベッキンセイル)の努力で引きこもった部屋から出て諮問委員会には出席して、雄弁を振るい、ピンチは切り抜ける。しかし、彼の心はいよいよ病んでいくのであった。

強迫神経症という概念さえなかった当時、ハワードのあまりの奇行に周囲はひいてしまっただろう。今なら、清潔症候群の若者なんかどこにでもいるし、治療法もあってこれほどの苦しみを味合わなくても良かったと思う。何もかもが揃っているように思えるハワード。ヒューズにはこんな大変な試練があったのである。生まれながらのお金持ちで長身のハンサム。頭が良くて時代の先端産業(映画と飛行機)で大成功なら、女性はいくらでもいただろう。事実、ハリウッド女優とのスキャンダルは事欠かなかったようである。そのなかでも、キャサリン・ヘップバーンはトンでる女優。生き生きと自己主張する表情に惹かれるハワードの気持ちも分かる!
そのヘップバーンとの仲が微妙にすれ違っていくあたりも、なるほどと納得。その後、彼女と正反対のアイデンティティもないような、美しいだけの若い女性をそばにおいておくこともするのである。
事業を華々しく展開する反面、心を病んでいく様を、デカプリオがややオーバーアクション気味に演じている。これくらい濃い演技でちょうど説得力があるのかも。

同じ監督・主演の組み合わせの前作「ギャング・オブ・ニューヨーク」はがっかりだった。久しぶりに観にいって損した映画。でも、この作品はアカデミー作品賞は逃したとはいえ「観る価値あり」
華やかなハリウッド・セレブの世界や、スリリングな飛行場面など、ファッション・アクション満載
の映画でもある。楽しめる!
特に、ケイト・ブランシェットは魅力的である。レオさまは童顔のため、中年以降がちょっときつかった。ハワード・ヒューズに思いいれがあって製作総指揮までして取り組んだのだが・・・。でも、彼にはこれからもチャンスはたくさんあるだろう。気を落とさないでね!
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (16)   トラックバック (28)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アバウト・シュミット | トップ | ごちそうさま »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとう (juneberry)
2005-03-31 10:00:45
TBありがとうございました。

本当にデカプリオの演技は濃かったですね。

でも本当に見事でした。かなり「病気」の研究をして演技をしたんだそうですね。それだけでも一見の価値はありました。

今後ともどうぞよろしく
こちらこそ~m(__)m (ももママ)
2005-03-31 10:25:30
「病気」がうつりそうだった(?)くらいの演技で頑張ったレオ君。映画としても見どころ満載で長すぎるとは思いませんでした。

終わってみたら、長かったという感じ。

本物の中年になったレオ君が更に素晴らしい俳優になってアカデミー賞主演を受賞するのを楽しみにしています。それまで、頑張ってもっと良い映画にたくさん出て欲しいです。
トラックバックをありがとう (哲)
2005-04-02 09:57:27
はじめまして



あの当時のハリウッド映画史を見せてくれて、

それがファンにはたまりません。

ディカプリオは予想以上の好演・熱演でした。
ありがとうございます (Lunina)
2005-04-02 19:12:39
コメント&TBありがとうございました。

レオは童顔で損をしているんですねぇ。。。



私は「ギャング・オブ・ニューヨーク」も良く出来た映画と思いました。同時に、賛否両論両極端に評価されるだろうと思って、予想は当たりました。「アビエーター」はここまで意見が分かれるとは予想しなかったので、なおさら熱くなってしまってます。(^^;
マルチレスです・・・ (ももママ)
2005-04-02 22:09:03
哲さん

ディカプリオが予想以上の好演・熱演は私も感じました。アイドル扱いでは不満だろうなあと改めて思った次第です。



Luninaさん

アビエイターはおっしゃる通り、賛否両論ですね。「強迫神経症」は、人によってはかなり拒否反応があると思います。それがかなり影響しているのでは?

レオ君がそんなハワード・ヒューズを迫真の演技で演じているので、ついつい応援したくなってしまいます。ぐわんばれ、レオ君!
Unknown (メーベル)
2005-04-03 00:11:08
コメント、トラックバック、ありがとうございました!



「強迫神経症」、実生活(ハワード)でも映画的(レオ)にも理解されないのはつらいですね。

実際どんなものか調べてみたら、結構自分にも思い当たる節がなくもない…^^;。

(潔癖症じゃないんですが、あれ?ガスの元栓しめたかな?と、ベッドに入ってから気になって確認したり…)

何らかの精神的ショックが引き金になって、本格的に病気になることは、誰にでもあり得るのかな、と思いました。



私もTBさせてくださいね。
TB&コメントありがとうございました! (kaoritaly)
2005-04-03 13:30:16
ももママさん、TB&コメントどうもありがとうございました。お返事が遅くなってしまいスイマセン。



レオ様が頑張っていましたがやはり、ケイト・ブランシェットは凄い迫力がありましたね。



ベッキンセールもよく頑張っていたと思うし、脇を固める役者も良かった。だけど・・オスカーにはブランシェットしか手が届かなかったのは残念でした。



大作で3時間弱でしたが引き付けられて長さを感じない映画でした。

またマルチレス・・・ (ももママ)
2005-04-04 22:11:09
メーベルさん

強迫神経症(今は強迫障害と言うらしい)は珍しい病気でもなくて、思春期なんかには誰でもその傾向があるくらいらしいです。ちょっと日本人はその手の病気に「引きすぎ」なのでは?・・・ですよね。

ハワードも生まれながらの大富豪で才能豊かなハンサムだけど、やっぱり普通の人間だったのだなあ~と共感するのですが・・・



kaoritalyさん

ハリウッドらしい抜かりない映画って本当ですね。ケイト・ブランシェットがスンバらしいので驚きました。映画ごとに違う人!どうなってる?
TBさせていただきました (nicoco)
2005-04-05 02:02:05
私はとっても楽しめた派です。(〃∇〃)

あのゴージャスさがとっても刺激的でした♪でも、ホントにレオ殿は童顔ですので、中年以降仰る通り!チョット厳しかったですねえ・・。又よらせてくださいませ♪
はじめまして♪ (「あ」嬢)
2005-04-05 12:42:28
拙宅へのTB&コメントどうもありがとうございました。

ディカプリオの今後が、とっても楽しみです。

スコセッシ監督にはオスカー取らせてあげたかった...。

次回作も気になっているところです。

こちらからもTBさせて頂きますね♪
再び、マルチレス (ももママ)
2005-04-05 21:51:57
nicocoさん

TBとコメントありがとうございます。ゴージャスな前半部分は、画面の隅々までお金がかかっているのが分かりましたね。キャスティングもあれだけのために、ジュード・ロウやウィレム・デフォーを使うなんて・・・



「あ」嬢さん

相互TBとコメントありがとうございます。スコセッシにオスカー・・・ホントですね。ディカプリオとのコンビでもっと良い映画に挑戦して、わたし達を楽しませてもらえればきっと・・・
ありがとうございます (まつさん)
2005-04-05 23:09:47
わざわざコメントまでありがとうございました。

オスカーを逃したことばかり話題となっているディカプリオですが、賞とりなど関係なく演技は評価していいと思います。

わたくしも強迫症について書いた記事がありますので、もし未読でしたら、一読いただければ幸いです。
強迫性障害って多分結構身近 (ももママ)
2005-04-06 09:54:46
あちこちのblogでこの映画の感想を読みましたが、強迫性障害(強迫性神経症)に対する拒絶反応から気持ちがひけてしまう人もかなりいて、残念です。

楽しい映画を観て日頃のストレスを発散させたいという意図だけだったなら、前半のゴージャスな画面から一転して後半の思わぬ「えぐい場面」は辛いのでしょうね。

でも、強迫性障害って案外身近だと思いますよ。何でも手に入ったハワードが、人間的な弱さを同時に持っていて、こんな心の病にかかったというところが、この映画の核心部分なんだと思うのです

そんなハワードをリアルに演じたディカプリオは、すごい俳優です。オスカーなんか目じゃない
TBありがとう♪ (hary)
2005-04-07 21:47:26
まあオスカーは取れなくても着実に実績は出してますし、意外に彼もそのうちどっかの州の市長かなんかになっちゃったりするかもしれませんよ♪
こんにちわ (ケイティ)
2005-11-21 14:09:14
TBさせていただきました

&TBありがとうございます!

素敵なレビューに感動しました!

レオ様の演技も鬼気迫る感じで

よかったっす!
TBありがとうございました (ももママ)
2005-11-24 21:38:23
レオ君の鬼気迫る演技、すごかったですね。しかし、あの髪型は童顔の彼がするとどうしても七五三に見えて・・・

そんなの、私だけかな?

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

28 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
「 アビエイター 」 (MoonDreamWorks)
監督 : マーティン・スコセッシ主演 : レオナルド・ディカプリオ /ケイト・ブランシェット /      /ケイト・ベッキンセール/ジュード・ロウ /公式HP:http://www.aviator-movie.jp/   Aviator とは 飛行家という意味です。一言で言うとこの映画は、億...
神経を削られる「アビエイター」 (試写会帰りに。)
レオナルド・ディカプリオがあまり好きではないので、写真は大好きなウィレム・デフォーに! Pause。読売ホール。 ハリウッドでも成功し、飛行機のパイオニアであるハワード・ヒューズの最盛期をレオナルド・ディカプリオ×マーティン・スコセッシが描く。 レオナルド・ディ
アビエーター(The Aviator) (夢の中のわすれもの)
アビエーター ★★★★(4.0)  ゴールデン・グローブ賞作品賞を受賞、マーティン・スコセッシ監督、レオナルド・ディカプリオ主演という注目の映画だが、この映画ほど評価の別れる作品も珍しい。見に行く前に、映画関連のサイトをチェックしたところ、高い評価をつけ
アビエイター (エンタメ!ブレイク?)
役者も話も舞台も衣装もセットも ひっくるめてぜーんぶゴウジャス! ハリウッドの王
『アビエイター』 (ラムの大通り)
-------今夜の映画は『アビエイター』。 ゴールデン・グローブ作品賞受賞作だね。 けっこう気に入ってたんじゃない? 「そうだね。この映画は映画監督でもあり、 飛行家でもあったハワード・ヒューズを描いたもの。 主演のディカプリオ念願の企画だったらしい」 -------ふう
アビエイター (Movie Lovers)
公式サイト☆☆☆☆世界一の飛行機を作り、世界一の映画をつくり・・そして真実の愛を得る。ええ??!だったの?映画全体として、実際のハワード・ヒューズを描いてある部分(精神を病んだ部分)よりは、見所としては、やはり実際の飛行映像と飛行機の機体の映像・・そし...
アビエイター (It\'s a Wonderful Life)
スケールの大きな映画で力作だと思います。 演出も演技も素晴らしいと思ったけど、 映画が好きかどうかと聞かれると個人的には「うーん。。。」 何が言いたいか!って大きな部分がイマイチ伝わってこなくて。 むしろ、ハワード・ヒューズの実際のドキュメンタリー...
見ごたえあった「アビエイター」 (映画好き集れ!!)
久々に見ごたえのあった「アビエイター」ストーリー18歳で亡き父の石油掘削機の事業を引き継ぎ大富豪となったハワード・ヒューズ。1927年、21歳の彼は、その莫大な財産を全て注ぎ込み、航空アクション映画「地獄の天使」の製作に着手。30年に同作を完成させると大ヒットを...
アビエイター ((T_T)☆ルーツを探せ☆(T_T))
ハワード・ヒューズの映画と航空ビジネスに賭けた若き日の姿を描いた映画、アビエイター。 正直言って、3時間という上映時間は長すぎて、前半の引き込まれるような展開から、中盤はかなり嫌気がさすような場面が続いたのが残念でした。 しかし、それを除くと、ディカプ
アビエーター (2004 USA) (☆Cine BLOG di Lunina☆)
すべての夢をつかんだ時、いったい何がみえるのだろう。 劇場を去る時に目にした「アビエーター」のキャッチフレーズが、胸に突き刺さってきました。これまでにも読んでいるのに、映画を観終わったらとても哀しいフレーズに変わってしまいました。映画で受けたショックが大
『アビエイター』を観た! (えいごとインテリアの国♪)
 『アビエイター』を観てきた。(↑このHP、かなり良くできてます)やはり飛行機ものにはわくわくする私。先日の『名探偵コナン「銀翼の奇術師」』に続き、飛行機のトラブルで爆発炎上!など、前半はディズニーランドのアトラクション巡りをしているような、どきどきわ...
「アビエイター」劇場にて (xina-shinのぷちシネマレビュー?)
ファボーレ東宝で『アビエイター』を観ました。 体調不良のため、劇場での2時間を見るだけの体力の自信が無く自重しておりました。およそ3週間ぶりでございます。復活第1弾が171分・・・無謀だな。 主演は『タイタニック』の「レオナルド・ディカプリオ」、共演に「
アビエイター★★★☆+レオ様は頑張ってました! (kaoritalyたる所以)
は~い、レオナルド・ディカプリオです。今回は日本にいけなくってゴメンナサイ。「アビエイター」は誇りのある仕事が出来た素晴らしい作品なのでみなさん、楽しんで観てください。チャオ!のような期間限定の映像舞台挨拶から映画が始まりました。まさか3時間の大作とは...
『アビエイター』THE AVIATOR (CinemaCoconut)
実在したアメリカの大富豪ハワード・ヒューズの波瀾の半生を描いた作品。 映画監督として、飛行家としても歴史にその名を残した。 ハリウッド女優たちとの華麗な恋愛も彼の夢とロマンの人生を語る。
「THE AVIATOR」 (「あ」嬢の別宅。ただいま準備中。)
THE AVIATOR を劇場で観てきたのである。 Leonardo DiCaprio(レオナルド・ディカプリオ)主演の伝記もの。 3時間と長かったけれど、前評判通り彼の演技が良かった。 脇を固める俳優陣もいい感じで、特にキャサリン・ヘップバーン役の Cate Blanchett(ケイト・ブラン
アビエイター (まつさんの映画伝道師)
第47回 ★★★☆(劇場) 「出る杭は打たれる」  若くして金持ち、体制に反抗し、新たな試みに挑戦する。それに嫉妬し、恐れる年上世代が政治的に妨害する。  この「アビエイター」の図式はいやが上にも一連のホリエモン騒動を想起させる。彼がこれまで日本
アビエイター 【ハワード・ヒューズとの対話】 (まつさんの映画伝道師)
第46回 【ハワード・ヒューズとの対話】 (核心に触れる文面あるのでご注意) 「青写真を全部出せ、青写真を全部出せ、青写真を全部出せ・・・。」  おやおおやジュニア、また症状が見られますね。 「ジュニアと言うな、ヒューズさんと呼べ。私は How
億万長者の飛行機野郎 アビエイター The Aviator (Audio-Visual Trivia for Movie & Music)
The Aviator アビエイター 億万長者の飛行機野郎ハワード・ヒューズの伝説をマーチン・スコセッシ監督が映画化
アビエイター (CINEMA正直れびゅ)
昨日の「カジノ」、今日の「エイジ・オブ・イノセンス」に続き、スコセッシ3連チャン。アカデミー賞は逃したものの、発表直前まで本命視されていた作品だ。前述の2作も面白かった。自然に高まる期待。3時間の長尺に耐えられるよう、睡眠も十分に取り、体調を整えて、い...
ともや、あの宣伝でドン引き中…の巻 (ともやの映画万歳!)
ツボヤキさんに観た方がいいよと薦められている「アビエイター」。 若き日のハワード・ヒューズの破天荒な生き様を描いた作品と認識しているのだが、 TVで流れる宣伝を観てると 【真実の愛の物語】 …。 これラブストーリーなんですか? たぶん違うと思うんだけ
アビエイター Aviator 完全解読 (シカゴ発 映画の精神医学)
アビエイター (シカゴ発 映画の精神医学)
 「Aviator (飛行士)」は、どう聞いても「エイビエイター」と発音されているが、日本タイトルは「アビエイター」になった。まあそれはいいとして、この映画には正直、かなり期待していた。というのは、マーティン・スコセッシ監督、レオナルド・ディカプリオ主演の「ギャン
映画『アビエイター』 (EVERSMILE(エバースマイル))
『アビエイター』公式サイト『アビエイター』を上映している映画館は?マーティン・スコセッシ監督インタビュー(eiga.com)飛行機と映画にひたすら情熱を注いだ富豪ハワード・ヒューズを描いた作品『アビエイター』。個人的には飛行機が好きなのでこの作品を楽しみにしてい
アビエイターは飛行家、airmanとも言う (soramove)
「アビエイター」★★★☆ レオナルド・ディカプリオ主演 ディカプリオは スターの輝きで 画面を支配し、 見終わって 印象に残ったのは、 壮大なムダ遣いのお話。 自分のやりたいことをして 生きていくのが一番の贅沢と 改めて実感。 食べるために働くと...
アビエイター (impression)
aviatorとは、古い英語で、飛行家、飛行士のことだそうな。言わずと知れたマーチン・スコセッシ監督とディカプリオが組んだハリウッド黄金期に、壮大な夢を追い続けた実在の男、ハワード・ヒューズの伝記映画。ヒューズに興味を覚えたディカプリオが企画製作し主演も兼ねてい
アビエイター (Aki\'s Diary)
富豪ハワード・ヒューズの半生を描いた伝記映画。 主演はレオナルド・ディカプリオ。監督がマーティン・スコセッシ。 アカデミー賞こそ逃したものの、ゴールデン・グローブ賞を受賞したらしいですね。 完全にネタバレになりますけど、一言でいうと「飛行士」の話です。
アビエイター (ケイティの映画的生活)
THE AVIATOR 松竹 アビエイター 通常版 [監督]マーティン・スコセッシ [出演]レオナルド・ディカプリオ ?   ケイト・ブランシェット    ケイト・ベッキンセイル    ジュード・ロウ    アレック・ボールドウィン    ジョン・C・
アビエイター (おすすめ本と最新映画情報【書評と映画レビュー】 本検索、本通販、映画館、読書感想文、評論、批評)
アビエイター プレミアム・エディション アビエイター 通常版 アビエイター アビエイター(スコア) アビエイター おすすめ度:★★★★  この映画は、マーティン・スコセッシ監督、レオナルド・ディカプリオ製作&主演で、銀幕と大空への夢を追い続けた実.