ももママの心のblog

猫が大好き。有料老人ホームで生活相談員をしています。映画が好きだけど、なかなか見られません。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

おくりびと

2008-09-10 | 映画 あ行
友人のおかげで試写会に行くことができました。前評判が良いし、テーマが変わっていて興味があったのでお誘いに喜んでいましたが、観て感激。お勧めできます。その後モントリール世界映画祭でグランプリを取ったと知ってますます作品の質の高さに納得です。

2008年 日本 ヒューマンドラマ
2008年9月5日 試写会(有楽町朝日ホール)
監督 滝田洋二郎(阿修羅城の瞳、陰陽師~おんみょうじ)
脚本 小山薫童
出演 本木雅弘(Shall weダンス?シコふんじゃった)、広末涼子(花とアリス、WASABI、鉄道員(ぽっぽや))、山崎努(マルサの女、お葬式ほか多数)、余貴美子(椿山課長の七日間ほか)、吉行和子(佐賀のがいばあちゃん他多数)、笹野高史(母べえ、武士の一分ほか多数)、杉本哲太(嫌われ松子の一生ほか)
(出演作品などは私が観たものに限る)

チェロ奏者小林大悟(本木雅弘)の楽団は突然解散してしまった。自分の才能では新しい楽団を探すのは無理だと思った彼は、チェロをあきらめて故郷の山形へ帰ることにする。妻の美香(広末涼子)も着いてきてくれるという。さっそく職探しをするが、求人広告の「旅のお手伝い」とのことで旅行代理店だと思って訪ねた会社は、「旅立ちのお手伝い」の誤植で、納棺師の募集だった。即効で採用され、社長(山崎努)のアシスタントとして働き始めた大悟だが、妻に本当のことを言えなかった。

モックンは良い意味で年を重ねたなあと、感じる一作でした。この映画の発案者は彼自身とのこと。死を忌み嫌う日本で、こんなテーマの映画を作るのは大変だったと思います。しかし、見事に成功していますね。
モックンはチェロ奏者としても、とても美しいたたずまいを見せてくれました。どの程度本当に弾いていたのでしょうか・・・。かなり様になっていました。チェロの音色は温かく優しく、人間の声にとても近いトーンです。これだけ様になるには、相当な努力があったと思いました。
しかし、チェロ奏者より納棺師としてのたたずまいは、それを超えていました。まるで茶道のお手前のような様式美を、流れるような無駄のない所作として厳粛で崇高なものにまで昇華させているかのようでした。
人の命は人間ではどうにも出来ないものです。神様の領域です。生まれることも、死ぬことも・・・。厳粛で崇高なこの命の営みを、大切に向き合う納棺の時は、亡くなった方を大切にするだけでなく、家族に取ってもかけがえのない時間なのですね。
山形の素朴な自然を背景に、小林大悟の人生も垣間見えてきます。そのあたりのストーリー展開もとても良かったです。反発していた友人や妻も少々ステレオタイプな描かれ方でしたが、役者の技量で補われ、理解を示していく過程も丁寧に描かれたと思います。
悲しい、泣かせる映画かと(苦手なんです、こういうの)少々心配でしたが、笑いも織り交ぜられ、深刻なテーマでありながら「いかにも泣かせよう」というものではないのも、うれしかったです。
キャスティングがとてもすばらしく、納棺師である社長、銭湯のおばちゃん、その息子が特に私のお気に入りでした。ただ上手い役者をそろえたというのではなく、その役にぴったりだったのです。なにより、モックンがここまで上手い役者だとは知らず、「失礼しました」という気持ち。抑えた演技ながら、いろんな微妙な表情を見せてくれました。山崎努がいかにも役を楽しみながら、自由奔放に演じているのをはっしと受け止め、見劣りしない演技をしたのは見事でしたね。特に二人で食事をする場面です。「旨いんだな、困ったことに」と言いながら、本当においしそうにシラコを食べるんです。確かに私たちはいろんな生き物から命をいただいて、それで生きているのです。
死を厳粛に受け止めることは、生きることを大事にすることでもあります。自分自身が生きていること、生かされていることに意義を見出して大事に生きることを見つめなおす映画でもあると思います。

夏のテンプレートを使っていましたが、さすがに秋めいてきたので変更しました。前にも使っていた仔猫です。きゃわいいですね~。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (37)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バインセオ・サイゴン | トップ | その時歴史が動いた(焦土に... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (えい)
2008-09-10 20:42:35
こんにちは。

たたずまい
お手前
所作

ももママさんのレビューを拝見して、
この映画には、
いまの日本から失われつつある
美しい言葉がピッタリあう映画だと気づきました。

ほんとうに美しい映画でしたね。
ウマイ演技 (メビウス)
2008-09-10 21:06:34
ももママさんこんばんわ♪ご無沙汰しております。TB有難うございました♪

山崎努のあのシラコの食べ方は卑怯ですよね。すっごい美味しそうに食べてるから、自分も自然と唾が溜まってしまいましたwその後本木雅弘も口に含みながら『うまいっすねぇ・・』とか言いながらとても美味しい演技をするもんですから、殆ど口にした事が無いシラコを食べてみたくなりました(^^;)

納棺師の洗練された様式美に始まり、山形の四季折々の風景、そしてチェロの音色。本作には『死』や『葬儀』と言う暗いイメージを持ち込まれていましたが、それ以上に自分も『美しさ』という要素がふんだんに盛り込まれていた点が好感持てました。
えいさん (ももママ)
2008-09-11 09:31:18
日本的な美しさ満載の映画が、外国で高く評価されたと考えると、これはとても喜ばしいことですよね。
私的には、モックンにこれから注目かな~と、思っています。
メビウスさん (ももママ)
2008-09-11 09:34:04
こちらこそ、ご無沙汰していました。
あのシラコの食べ方!好きではないのに、食べたくなっちゃいました。あの美味しそうな演技は、やはりプロの業ですよね。

死と言う扱いにくいテーマを美しく撮った映画ですよね。高感度が高くなります。
お久しぶりです (rose_chocolat)
2008-09-13 12:00:44
いつぞやコメントさせていただきました。お元気ですか?

困ったことに、いろんなものが美味しく見えた映画でした。「命をいただいている」という感覚は失ってはいけないと思います。だから生きていることの感謝も見えてくるような。そんな1本でした。
命をいただいている (ももママ)
2008-09-13 14:36:21
TBありがとうございます。

「命をいただいて」いる真摯なテーマが、まじめに扱われていても、笑いもあって肩のこらないものになっていたのが良かったですね。余貴美子さんのことを書き忘れましたが、雰囲気のある女優さんで素晴らしいです。
こんにちは♪ (ミチ)
2008-09-15 16:58:02
モックンは完璧主義者かな~なんて思いました。
チェロも、音色はプロの方のものでしょうが、かなり頑張って練習したようですし。
納棺師のお仕事はもう見とれるほどの美しさでしたよね。
エンドロールの一連の動きも見入ってしまいました。
モックンファンに (ももママ)
2008-09-17 08:03:55
なりそうでした。イケメンは変わりないですけど、演技や技術で見せていましたね。良い意味で中年になってきたのも感じがよかったです。
エンドロールも美しく、ず~っと見てしまいました。
いただきます (たいむ)
2008-09-19 21:56:15
こんにちは。
ご飯をたべる時の「いただきます」とは、「命を頂きます」という意味とのことです。
神様に祈りを捧げるほどの所作ではないけれど、無宗教でもちゃんと感謝意を現すモノは受け継がれて残るものだと思い、感心するところです。

良い映画でしたね。
感謝の意 (ももママ)
2008-09-19 23:35:23
>たいむさん
「いただきます」はそういう感謝の意だったんですね。命をいただいて生きている。・・・そんな死生観に、笑いをちりばめた良い映画でした。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

37 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
おくりびと (ふぴことママのたわ言)
久々の試写会で鑑賞です。 試写会が当たらなくても、観たかった作品。 期待した以上によくて、今年の邦画ベスト1かも{/atten/} キャストは、みんな安心してみていられる実力派。 そして、それぞれの役にぴったりでした。 上手くても浮いてる場合もあるのに、全員がぴたり...
『おくりびと』 (ラムの大通り)
----この映画って、9月の公開だよね。 いま、話すの少し早くニャい? 「いやいやどうして。 この映画に関しては 内覧試写の案内がなんと2月から電話やファックスで…。 それだけ松竹としては自信作なんだろうなと 密かに期待はしていたけど、 なるほどこれはよくできてい...
いってらっしゃい (MESCALINE DRIVE)
最盛期が嘘だったかのように一時期はその消息がつかめなかった広末涼子だが、最近はドラマに映画にCMにと、活動の場を広く求めているようだ。女性は離婚後に仕事に走ると島田紳助が云っていたなあ。「おくりびと」を試写会で観た。
【試写会】おくりびと(評価:☆) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】滝田洋二郎 【出演】本木雅弘/広末涼子/余貴美子/吉行和子/杉本哲太/笹野高史/山崎努 【公開日】2008/9.13 【製作】日本 ...
おくりびと (MIHOのたわごと)
8月25日(月) 有楽町ピカデリー 8時半開映 TBSの特別試写会で「おくりびと」を観て来ました。 監督 滝田洋二郎 キャスト 本木雅弘 広末涼子 山崎努 余貴美子 杉本哲太 吉行和子 笹野高史 音楽 久石譲 あらすじ チェリストの夢を断念し、妻の美香ととも...
『おくりびと』 (2008) / 日本 (NiceOne!!)
監督:滝田洋二郎脚本:小山薫堂音楽:久石譲出演:本木雅弘、広末涼子、余貴美子、吉行和子、笹野高史、山崎努試写会場 : よみうりホール公式サイトはこちら。<Story>求人広告を手にNKエージェントを訪れた小林大悟(本木雅弘)は、社長の佐々木(山崎努)から...
おくりびと@試写会 本木雅弘・広末涼子・山崎努‥ (ネット社会、その光と影を追うー)
「私の夫は、納棺師/おくりびとなんです」。納棺師と
おくりびと (利用価値のない日々の雑学)
この三連休忙しなく、映画鑑賞に使える時間は3日間共午前中だけであるが、近所のシネコンでなんと全ての上映会で「完売」状態なのがこの作品だけで、なぜだろうと思っていたらモントリオールでグランプリを受賞したのを忘れていた。さらに、中国でも三冠に輝いたらしい...
おくりびと (試写会にて) (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
納棺師__それは悲しいはずのお別れを、やさしい愛情で満たしてくれる人。 あなたは大切な人を、どう“おくり”ますか?_そしてどう“おくられ”たいですか?   物語:「あぁこの広告、誤植だな。”旅のお手伝い”ではなくて、安らかな”旅立ちのお手伝い”。...
『おくりびと』 (めでぃあみっくす)
第32回モントリオール国際映画祭グランプリ受賞に続き、本年度アカデミー賞日本代表にまで選ばれたこの作品。納棺師という日本独特のものを描いていながら、決して職業説明だけに留まらず、宗教や国境を越えて全世界共通の「身近な者の死」の受け止め方を丁寧に描いていた...
『おくりびと』 (・*・ etoile ・*・)
'08.09.08 『おくりびと』(試写会)@シビックホール これは見たかった! さんざん試写会応募してハズレまくった(涙) やっとYaplogで当選! 「チェロ奏者の大悟は楽団の解散で失業。妻の美香と共に故郷の山形に帰ってくる。求人広告で見つけた会社に就職が決まるが、....
映画 【おくりびと】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「おくりびと」 滝田洋二郎監督作品。第32回モントリオール世界映画祭グランプリ受賞作品。 おはなし:楽団の解散でチェロ奏者の夢をあきらめ、故郷の山形に帰ってきた大悟(本木雅弘)は好条件の求人広告を見つける。社長の佐々木(山崎努)に即採用されるが...
おくりびと(映画館) (ひるめし。)
キレイになって、逝ってらっしゃい。
偏見とは愚かな思い込みなのかも・・・。『おくりびと』 (水曜日のシネマ日記)
遺体を棺に納める仕事をする納棺師になったひとりの男性の物語です。
【おくりびと】 (+++ Candy Cinema +++)
【監督】 滝田洋二郎  【脚本】 小山薫堂   【音楽】 久世譲   【公開】 2008/09/13  【上映時間】 2時間10分  【配給】 松竹 ...
『おくりびと』 (Sweet*Days**)
監督:滝田洋二郎 CAST:本木雅弘、広末涼子、山崎努 他 モントリオール国際映画祭 グランプリ受賞 チェロ奏者だった大悟(本木雅...
「おくりびと」みた。 (たいむのひとりごと)
全てをナチュラルなものとして捉えたい、そんな作品だから言葉にするとひどく嘘っぽく聞こえてしまいそうで、蘊蓄はあまり語りたくないし、聞きたくない。きっと誰もが観るだけで心に沁み入るものがあると思う。素晴
「おくりびと」で感動(;θ;) (Thanksgiving Day)
映画「おくりびと」を観てきました。 人の死や職業観、家族を大切にする気持ちなどいろんなメッセージが詰まっていて、考えさせられつつも最後は涙があふれてきました(;θ;) こんな内容の映画です。 ↓↓↓ 『所属する東京のオーケストラが解散し職を失ったチェロ...
おくりびと@映画 (徒然なるサムディ)
死はやはり、忌み嫌うモノだろう。 まして死体にさわるなどということには嫌悪感がある。 しかし、身近な者の死に接する時はどうだろう。 人は否応なくその忌み嫌う死に正対しなくてはならない。 父が死んだ時も葬儀は万事葬祭業者任せであった。 担当者が現れ、て...
映画「おくりびと」 笑って泣いて食べて生きてます。 (末っ子長女にしえみのイラスト日記)
映画、みてきました。 おくりびと 前にこの映画の情報を知ったとき 題材が死ということで気にはなったけど ヒロ●エ(ムダな伏せ字)の演技が 個人的にはどうも好きになれないので 興味がなくなっていたのですが 評判がよさそうなので 観てきました。 感
「おくりびと」湯灌の儀 (再出発日記)
例によって、長い長い前ふりがあります。ほんの五ヶ月前に父親の葬式をしたときに、初めて納棺師なる職業があることを知った。前の身内の葬式は17年前で、そのときにはそういう方は来なかったと思う。そのときは私も知らないうちに何人かで着替えをして化粧を施していた。...
『おくりびと』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「おくりびと」□監督 滝田洋二郎 □脚本 小山薫堂 □キャスト 本木雅弘、広末涼子、山崎努、余貴美子、杉本哲太、吉行和子、笹野高史、峰岸徹、山田辰夫 ■鑑賞日 9月14日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★☆(5★...
【2008-212】おくりびと (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 人は誰でも、いつか おくりびと、おくられびと。 キレイになって、 逝ってらっしゃい。
「おくりびと」心と気持ちが、優しくなれる映画。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
 “モントリオール世界映画祭グランプリ受賞”「おくりびと」(松竹)。とても地味なテーマを描いた映画です。でも、素朴でとても優しい気持ちになれる映画です。  チェリストの大悟(本木雅弘)は、所属していたオーケストラが突然解散し、失業してしまう。己の能力の...
おくりびと (ケントのたそがれ劇場)
★★★★☆  本木雅弘扮するチェロの演奏家「小林大悟」は、楽団の解散に伴って、妻と一緒に古い実家のある山形に帰ってくる。そこで仕事を探していたところ、「旅のお手伝い」という広告につられて、仕事内容を良く知らないまま面接に向かう。 結局、その会社での仕事...
おくりびと (音次郎の夏炉冬扇)
私の弟は葬儀会社に勤務しておりまして、1級葬祭ディレクターという厚労省認定資格ホルダーでもあります。だからこの映画、「笑って泣ける」と大評判になる前から気になってはいたものの、なかなか観に行く時間がありませんでした。
『おくりびと』/2回目 (京の昼寝~♪)
   9/22の『おくりびと』の記事で、 僕の拙い言葉で全てを説明できないけれど、なかなか星を4つ半つけない僕がつけたということで、是非cyazに騙されたと思って劇場に足を運んでいただきたい。 人生の視点が少し変わるかもしれない、そんな映画です。 と結...
【映画】おくりびと (新!やさぐれ日記)
▼動機 連れてってと言われたので ▼感想 美しき日本の様式美 ▼満足度 ★★★★★☆☆ なかなか ▼あらすじ 楽団の解散でチェロ奏者の夢をあきらめ、故郷の山形に帰ってきた大悟(本木雅弘)は好条件の求人広告を見つける。面接に向かうと社長の佐々木(山崎努...
★「おくりびと」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは・・・ TOHOシネマズの1ケ月フリーパスの期限が迫ってるので、 まとめて3本見ちゃいました。 その1本目。 第32回モントリオール世界映画祭グランプリ受賞とか、 アカデミー賞の外国語作品賞出品の日本代表作に選ばれたとか・・・ いろいろ...
『おくりびと』をやっと観た。 (描きたいアレコレ・やや甘口)
うぉ~!混んでる~!めちゃ観客の平均年齢高い~!杖をついて腰の曲がったお婆さんまでいる!劇場内で観客同士の会話は『観て、用意しよう...
おくりびと (にき☆ろぐ)
こちらずっと気になっていた作品なかなか見ることが出来なかったんですがやっと映画館で見ることができました予備知識はアカデミーをとったことと納棺師のお話ということぐらいだったんですが思わず泣いてしまいました自分はあまり感動して泣く方ではないのですが、何でこ...
おくりびと (本木雅弘さん) (yanajunのイラスト・まんが道)
◆本木雅弘さん(のつもり) 本木雅弘さんは、映画『おくりびと』に小林大悟 役で出演しています。 第81回アカデミー賞外国語映画賞、および第32回日本アカデミー賞最優秀作品賞受賞作品ということで、先日、遅ればせながら劇場に観に行きました。 ●導入部のあらすじと感...
おくりびと (Akira's VOICE)
いのち芽吹く物語。  
mini review 09360「おくりびと」★★★★★★★☆☆☆ (サーカスな日々)
ひょんなことから遺体を棺に納める“納棺師”となった男が、仕事を通して触れた人間模様や上司の影響を受けながら成長していく姿を描いた感動作。監督には『壬生義士伝』の滝田洋二郎があたり、人気放送作家の小山薫堂が初の映画脚本に挑戦。一見近寄りがたい職業、納棺師...
映画『おくりびと』を観て~アカデミー賞受賞作品 (KINTYRE’SDIARY)
9-17.おくりびと■製作:松竹■製作年・国:2008年、日本■上映時間:130分■鑑賞日:2月18日、新宿ジョイシネマ(歌舞伎町)■公式HP:ここをクリックしてください□監督:滝田洋二郎□脚本:小山薫堂□製作:信国一朗□プロデューサー:中沢敏明、渡井敏久□....
『おくりびと』'08・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ所属する東京のオーケストラが解散し職を失ったチェロ奏者の大悟は演奏家を続けることを諦め妻の美香を連れて故郷の山形に戻ってくる。早速、求人広告で見つけたNKエージェントに面接に出かけ、その場で採用になるが、それは遺体を棺に納める納棺師という仕事だ...
おくりびと <ネタバレあり> (HAPPYMANIA)
納棺師 って仕事があるってことを初めて知った 葬儀屋さんが全部やってると思ってたけど 葬儀屋さんから依頼を受けて行くんやね人は誰でも死ぬ その時におくってくれる人 安らかな旅立ちのお手伝いかぁすごく身近なテーマと言えばそうやけど 今までに何度も身内の葬...