ももママの心のblog

猫が大好き。有料老人ホームで生活相談員をしています。映画が好きだけど、なかなか見られません。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

つぐない

2008-05-02 | 映画 た行な行
「プライドと偏見」のジョー・ライトがベストセラー「贖罪」を映像化。まるで目で見る小説のような美しい画像。微妙な少女の内面を演じたシアーシャ・ローナンがすばらしい。

2008年 アメリカ ラブロマンス、ヒューマンドラマ
2008年5月1日 有楽町スバル座
監督 ジョー・ライト(プライドと偏見)
原作 イアン・マキューアン
出演 キーラ・ナイトレイ(パイレーツ・オブ・カリビアン・シリーズ、プライドと偏見、キング・アーサー、ベッカムに恋して)、ジェイムズ・マカヴォイ(ナルニア国物語/第一章:ライオンと魔女)、シアーシャ・ローナン、ロモーラ・ガライ、ヴァネッサ・レッドグレーヴ
(出演作品などは私が観たものに限る)

1935年イングランド。夏。タリス家では次女のブライオニー(シアーシャ・ローナン)が劇の脚本を書いていた。彼女は小説家を夢見る多感な少女。休暇で帰って来る兄とその友人の歓迎のための劇を、家庭の事情で来ていた従姉妹のローラとその双子の弟たちと一緒に演じようとしていたのだった。一方、長女のセシーリア(キーラ・ナイトレイ)は大学卒業後の身の振り方が決まらずうつうつとしていた。使用人の息子のロビー(ジェイムズ・マカヴォイ)は、支援を受けて彼女の同級生になっていたが彼女は彼と口を利かなかった。ふとしたきっかけで二人はお互いへの愛に気づき、燃え上がるのだった。しかし、それを目撃したブライオニー。そんな中、双子たちの家出騒ぎの最中にローラが強姦されるという事件が起こった。ブライオニーは少女ゆえの誤解や気持ちの揺れから、犯人はロビーだと偽りの証言をしてしまう。ロビーは刑務所に入り、そこから兵役につくことになる。そして負傷してしまうのだ。セシーリアはブライオニーが許せず家を出て看護婦として働いていた。ブライオニーも自分のしたことの大きさに気がつき、贖罪の気持ちからか大学進学をあきらめて看護婦の勉強を始めたという。

美しいイギリスの自然と郊外の邸宅。古き良きファッションを身につけた両家の子女たちが良いですね。キーラはそんな衣装がとても似合います。奔放にタバコを吸うわがままお嬢様がぴったりです。少々時代劇的な役柄があっているのでは?ジェイムズの正装もりりしいです。身分制度がはっきりしているイギリスで、使用人の息子が援助を受けて進学することは時々あったのでしょうが、よほど優秀だったのでしょう。そんな好青年がぴったりの彼。なで肩に案外小柄な彼は、額に知性と気品を感じます。シアーシャ・ローナンは、新人と思えぬたたずまい。微妙に揺れる多感な少女の内面を演じきりました。ロビーに対する淡い恋や嫉妬、彼の姉への思いや行動を見てショックを受けるあたり、お見事です。美しい夏を背景に、悲しい嘘が生んだ悲劇が描かれていますが、当時はそれに気がつかないのです。
後半は悲惨な第二次世界大戦。灰色に曇った海岸線には見渡す限り帰還を待つイギリス兵たちがいる。遊園地の器具があったり、賛美歌を歌っている一団もいてそれを長回しで俯瞰するのが印象的。ロモーラ・ガライはブライオニーの18歳に成長した姿を演じていますが、シアーシャがあまりに見事だったので悪くはないのに、見劣りしてしまった感じがします。ヴァネッサ・レッドグレーヴは名優。その間で損をしてしまったかな?3人でつないでいくブライオニーのつぐないの人生が切なく胸に迫ります。小さなうそのつもりが姉とその恋人の人生を引き裂き、取り返しのつかないことになってしまった・・・。戦争の時代ということもあり、許してもらう機会は訪れなかったのです。
私好みの映画で感動しましたが、見終わったときに何となく物足りなさが・・・。色々考えたのですが、半分は大好きなキーラを観に行ったのに、それがさほど重要ではなかったことが原因でしょうか?シアーシャがあまりに印象深い演技をしたので、姉の役はキーラでなくても良かったような気がしてきてしまったのかもしれませんね。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (15)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 昨日で退職 | トップ | ラスト・フレンズ #4 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
キーラ (miyu)
2008-05-02 16:49:46
が一応主演だけど、主人公はあくまでブライオニーでしたものね〜。
シアーシャは3人の女優が同一人物を演じていて、
一番キャリアがないにも関わらず一番重要な年代を
一番の存在感で演じてましたね!
アカデミー賞にあの年でノミネートされてしまうのも
納得の演技でしたね〜。
ちょっと印象が強すぎますけど、今後の活躍に期待したいですね。
あの年で (ももママ)
2008-05-03 06:26:47
あそこまで内面的な演技が出来るなんて、末恐ろしいほどです。あの年頃ではなければできない役でしたから、難しかったはずなのに・・・。
本当に今後の活躍に期待ですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

15 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
つぐない (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『一生をかけて 償わなければならない罪があった。 命をかけて 信じ合う恋人たちがいた。』  コチラの「つぐない」は、ブッカー賞作家イアン・マキューアンの「贖罪」を映画化した4/12公開となったPG-12指定の大河ロマンスなのですが、観て来ちゃいましたぁ〜♪ ...
つぐない (Akira's VOICE)
思い込みの嘘は自分を苦しめる。  
「つぐない」 (或る日の出来事)
この映画を観た理由は、アカデミー賞をはじめとする賞レースの常連だったから。 賞をとる映画が、すべての人にとって必ず素晴らしいとは限ら...
★「つぐない」 (ひらりん的映画ブログ)
今週公開作は・・・ 「フィクサー」「王妃の紋章」「ブラックサイト」「ヒットマン」など・・・ 見たい作品が目白押しだけど・・・ やはり、キーラ・ナイトレイが出てる本作を初日のレイトショウで。
『つぐない』 (めでぃあみっくす)
タイプライターを叩く音を効果的に用いた音楽、13歳の少女の無垢なるゆえに犯した一つの過ちによって引き裂かれた恋人たち、そしてその過ちに生涯苦しみ続ける一人の女性の半生。上映中2時間椅子が軋む雑音さえこの映画に対して失礼だと思えるくらいに美しく、切なく、そ...
つぐない (サムソン・H・トマトマスバーガーの限りなく映画)
[[attached(1,center)]] 1930年代、戦火が忍び寄るイギリス。 政府官僚の長女セシーリア(キーラ・ナイトレイ)は、兄妹のように育てられた使用人の息子、ロビー(ジェームズ・マカヴォイ)と想いを通わせ合うようになる。 しかしながら、小説家を目指す多感な妹...
真・映画日記『つぐない』 (          )
JUGEMテーマ:映画 4月14日(月)◆775日目◆ 毎月14日は「TOHOの日」。 東宝系の映画館は1000円で映画が見られる。 となると、シネコンの「TOHOシネマズ」のみで適応だと思っている人が多いだろう。 この「TOHOの日」のサービスは日比谷の「シャンテシネ」でも...
映画「つぐない」(2007年、英) (富久亭日乗)
   ★★★★☆  Ian McEwanの小説「Atonement」(2001年、『贖罪』)の映画化。 第二次世界大戦下のヨーロッパを舞台に 運命に翻弄される男女を描いた文芸作品。 原題は「Atonement」。  1930年代のイギリス、裕福なTallis家の長女Cecilia(Keira Knightley...
つぐない:幼き少女の証言によって、二人の人生は狂う!! (銅版画制作の日々)
 一生をかけて、償わなければならない罪があった。 命をかけて信じあう恋人たちがいた・・・・・。   5月9日、「ハンティング・パーティ」 鑑賞後、「つぐない」を鑑賞しました。こちらは、女性客が9割くらい占めていました。やはり女性に人気があるようです...
【2008-110】つぐない (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 一生をかけて 償わなければならない罪があった。 命をかけて 信じ合う恋人たちがいた。
「つぐない」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
1935年夏、英国。官僚ジャック・タリスの屋敷では、小説家を夢見る末娘のブライオニー(シアーシャ・ ローナン)が休暇で帰省する兄とその友人を自作の劇で歓待しようと準備。一方、大学卒業後の身の 振り方が定まらない姉セシーリア(キーラ・ナイトレイ)は、ある出来事...
【映画】つぐない…昼メロだなんて誤解していて申し訳ないm(__)m (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
{/kaeru_fine/} 最近「楽市楽座」のコマーシャルにスザンヌが出演しているのを発見{/ee_3/}したピロEKです。 実は今日の「つぐない」の記事、随分前に9割方書き終えていたのですが(「ハンコック」よりも前に)、鑑賞順でまず「ハンコック」の記事をアップ。で、その後...
「つぐない」 (シネマ・ワンダーランド)
第1作「プライドと偏見」(2005年)で世界の注目を集めた英国若手監督ジョー・ライト(1972年〜)が07年、2作目としてイアン・マキューアンの小説「贖罪(しょくざい)」を映画化した大河ロマンス「つぐない」(英、123分、ユニバーサル映画配給)。この映...
mini review 08355「つぐない」★★★★★★★★☆☆ (サーカスな日々)
ブッカー賞作家イアン・マキューアンのベストセラー小説を、『プライドと偏見』のジョー・ライト監督が映画化。幼く多感な少女のうそによって引き裂かれた男女が運命の波に翻弄(ほんろう)される姿と、うそをついた罪の重さを背負って生きる少女の姿が描かれる。運命に翻...
恋愛したいね! (恋愛したいね!)
恋愛したい