M's Den with V-Strom DL650AL3

流れる雲を追いかけて…

三陸、女川、石巻ツーリングD2

2016-10-11 19:43:24 | Motorcycle/Touring

【20161010】

サン・ファン・ヴィレッジ~石巻河南IC~三陸自動車~仙台南部道路~東北道~福島飯坂IC~旅館玉子湯~R115~土湯峠~母成グリーンライン(K24)~矢吹~R118~R349~那珂IC~牛久阿見IC~自宅 489km 

サン・ファン・ヴィレッジは「宮城県慶長使節船ミュージアム」の一角にある。このミュージアム(愛称:サン・ファン館)は、今から約400年前ヨーロッパに渡った仙台藩士支倉常長ら慶長使節を乗せて太平洋を往復した木造帆船「サン・ファン・バウティスタ」の復元船を核に、慶長使節の歴史や大航海時代の帆船文化を紹介している。(HPより抜粋) 

サン・ファン・ヴィレジ自体はカマボコ宿舎とまでは言わないが、何となくコンテナを積み重ねた様な作りではあるが、必要な物は揃っているので不満は無い。しいて言えばユニットバスのみで温泉がないが受付で近くの日帰り温泉の割引券がもらえる。

買物は宿から近いところにセブンイレブンが2軒、ヨークベニマルもあるので不自由は無い。

朝食はビッフェスタイル、減量に伴い、肉食系から魚、草食系に移行?しつつあるから必要十分な内容だった。この宿は復興系土木作業員が多く泊まっていることもあり、朝食が0530から始まる(日に拠っては0630から)ので、早出のツーリングには有り難い。 

昨日は雨に備えて持参した新聞紙をブーツの中に入れて備え付けのドライヤーで温風を送って乾燥を加速しておいたので朝には殆ど乾いていた。ブーツカバーは足元が不安定なのでもう何十年も使っていない。 

今日は温泉手形を利用して高湯温泉吾妻屋に入浴する予定にしていたが、入浴時間が1300以降と遅く、その後の行程を考えると今ひとつ。昨夜夜中に目覚めた時に同じ高湯温泉の旅館玉子湯を調べたら1030から入浴可能なのでこちらに計画変更した。 

それでも宿から旅館玉子湯までは2時間半程なので0800に出発を予定、0730にチェックアウトして雨で汚れた車体を拭いていたら隣に止まっていた和歌山ナンバーのテレネ660のオーナーさんが来たので挨拶と雑談を少し。

因みに宿の経営者がかなりのバイクフリークな事もあり、DLの写真をHPに載せたいというので了承、ココにアップされていた(早っ!)

http://www.sunfun-village.com/ライダーズギャラリー/ 

これから青森方面に向かうというので「鶴の舞橋」などどうですかと薦めておいた。いずれにせよ東北はもう気温が低くて寒さ対策が必要といのが共通認識。 秋が早い。因みに今回の私の装備も準真冬仕様、ラフロのチタンシンサレートインナーに3シーズン用のアウター(正真冬仕様はこれにジャケットの防寒インナーとネックウォーマーを追加するだけ)だが丁度良い。 

結局話が延びて、0815の出発になったが問題無い。高速に入ると走りやすいのでついつい5000rpmから上をを多用、燃費は良くないがまあたまにはエンジンを回してやらないと、などと言い訳。福島飯坂ICを出たのは0930、一寸飛ばし過ぎたか・・・

K70、磐梯吾妻スカイラインに入った辺りから紅葉渋滞、時刻が早いので玉子湯を通り越して吾妻屋まで行って様子を見てから駐車場でUターンして玉子湯着は1000、30分の早着。 

暇なので旅館の人と雑談、今日の渋滞はかなり酷いとの事。多分浄土平まで断続的に詰まっていて道が空いてくるのは昼過ぎかもしれないと言う、それでは入浴時間内での渋滞緩和は期待出来ない。 

開店時刻になったので700円を払い、ロッカーが無いので貴重品はフロントに預けて入浴。日帰りで入れるのはシャワー付き大浴場と玉子湯、露天と無料の足湯。

先ずは名前の由来となっている玉子湯へ一番乗り、内風呂だが窓を開けると涼しい風が入ってきて気持ちが良い。ここは皮膚炎にも効能があるという。昨日雨で靴下がビショビショになり、足の指の間が少し痒いので殺菌作用を期待。後から入ってきた方が風呂好きであちこちの温泉の話題で盛り上がる。那須の自炊宿情報を貰ったので今度訪問してみようか・・・その後露天風呂に入り2湯で十分なので引き上げる。

まだ渋滞しているK70に見切りを付け、Uターンして、R115で土湯峠に出て、母成グリーンラインを経由して矢吹に抜けてR118~R349で那珂ICを目指す。こちらはほぼ渋滞無し。矢吹からも順調に走り1720には帰着した。

この2日間で体重が増えたか気になっていたが計測したら71.7kgと殆ど変わらず、安心した。

ポチッと宜しくです!!    

にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三陸、女川、石巻ツーリングD1 | トップ | 200万PVへ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
鶴の舞橋と玉子湯 (A熊)
2016-10-11 21:57:28
R349は適当に刺激があって、信号が少なくて最高ですよね〜
鶴の舞橋良かったですよ〜✌️ 玉子湯もお気に入りでですわ〜✌️
今度、この宿泊まってみます😅
お気に入り (MOMO)
2016-10-11 22:35:43
>A熊さん、こんばんは

R349は阿武隈山麓を捲いて走るから夏も割と涼しくて熱中症対策?にもお奨めです(笑)

鶴の舞橋は来年の課題にします、玉子湯は以前から行きたかったところですから今回満足。

玉子湯で那須の自炊宿の情報を得ました、宿の名前は「雲海閣」、そろそろ今年のキャンプも上がりが近づいていますし、宿泊して、温泉手形を利用してその付近の温泉も攻めてみようかと計画中です。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。